アメリカン・コッカー・スパニエルとはどんな犬なのでしょうか?

アメリカン・コッカー・スパニエル、と言えば?

アメリカン・コッカー・スパニエル、と言えば何を思い出すでしょうか?

ディズニーの「わんわん物語」を思い出すと言ったら、年齢が知れてしまうかもしれませんね。

今も、ディズニーは思い出に残るたくさんの作品を作り続けていますが、ご存じミッキーマウスがそうであるように、昔から思い出に残る作品やキャラクターを作ってきました。

「わんわん物語」もそのひとつで、レディとトランプがひとつのお皿からスパゲッティを食べるシーンは、いまだに忘れられないシーンです。

そのレディがアメリカン・コッカー・スパニエルだったのです。

さて、このアメリカン・コッカー・スパニエルは、もともとはイギリスからアメリカへ連れられてきたイングリッシュ・コッカー・スパニエルから、アメリカで作られた犬種です。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルと言えば、優秀な鳥猟犬ですが、このイングリッシュ・コッカー・スパニエルが、1620年、かの「メイフラワー号」でイギリスからアメリカへ渡ってきた人たちと一緒にアメリカへ渡り、その後、狩猟犬としてというよりは、愛玩犬としてアメリカ固有のコッカー・スパニエルとして作られてきました。

狩猟犬とは言っても、もともと鳥を飛び立たせたり、撃ち取った鳥を持ち帰ったりというのが役目であったイングリッシュ・コッカー・スパニエルの訓練性や服従性の高さは、愛玩犬としても、また家庭犬としても、とても適した性格でした。

そして、まさに「わんわん物語」のレディのように、家庭犬として、アメリカで人気の犬種となったのです。

したがって、アメリカでは、コッカー・スパニエルと言えば、アメリカン・コッカー・スパニエルのことである、ということになります。

イギリスはもちろん、世界的には、コッカー・スパニエルと言えば、イングリッシュ・コッカー・スパニエルを指すことが多いようですが、日本でのJKCの登録数(2013年)を見ると、イングリッシュ・コッカー・スパニエルが、順位で言えば37位、登録数が394頭であるのに対して、アメリカン・コッカー・スパニエルは27位、登録数は1,619頭と、日本でコッカー・スパニエルと言えば、アメリカン・コッカー・スパニエルが優勢なようです。

アメリカンとイングリッシュの違い

アメリカンとイングリッシュの違いは、次の通りです。

・アメリカンの方が頭部が丸い。
・アメリカンの方がマズル(口の部分)が短い。
・アメリカンの方が被毛が豊かである。

★☆★ ペット・トライアングルの一押ししつけDVD
ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セットはこちらからどうぞ

★森田式犬のしつけ方法とは?

■スポンサーリンク

▼アメリカン・コッカー・スパニエル メニュー

▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info