元々同じ犬種であるアメリカン・ピット・ブル・テリアとアメリカン・スタッフォードシャー・テリアの歴史について

両犬種とも、もとはスタッフォードシャー・ブル・テリア

アメリカン・ピット・ブル・テリアとアメリカン・スタッフォードシャー・テリアの元となる犬は、イギリスから持ち込まれたスタッフォードシャー・ブル・テリアです。

スタッフォードシャー・ブル・テリアは現在存在する犬種で、JKCでも公認犬種となっています。

このスタッフォードシャー・ブル・テリアは、元々はイギリスで牛に犬を攻撃させるブル・バイティングや闘犬が盛んであったころ、より優秀で小型の闘犬を作ることを目的に、当時のブルドッグ(現在のブルドッグとは違います)と数種のテリアを交雑することにより作られた、ブル・アンド・テリアが進化(?)した犬種です。

そして、そのスタッフォードシャー・ブル・テリアが1880年代にアメリカに持ち込まれ、アメリカの闘犬界で目覚しい活躍をしたそうです。

イギリスでは闘犬の小型化が目的のひとつとして作られたスタッフォードシャー・ブル・テリアですが、逆にアメリカでは闘犬としてより強くするために同一犬種の中から体の大きな個体を選択することにより、このスタッフォードシャー・ブル・テリアを大型化していきました。

結果、アメリカのスタッフォードシャー・ブル・テリアは体の大きな犬種となり、現在のJKCの標準で見ると、スタッフォードシャー・ブル・テリアが15kg前後であるのに対して、アメリカン・スタッフォードシャー・テリアは、45kg前後で体重では約3倍の大きさになっています。

アメリカン・ピット・ブル・テリアもほぼ同じです。

■スポンサーリンク

闘犬の血を取り除いたアメリカン・スタッフォードシャー・テリア

大型化され、より戦闘能力が上がったアメリカのスタッフォードシャー・ブル・テリアは、その後、1989年にはアメリカのUKCという犬種団体でアメリカン・ピット・ブル・テリアという犬種名で登録されます。

が、実はこのUKCという犬種団体自体、アメリカン・ピット・ブル・テリアを犬種として独立、公認させるために作られた団体と言われています。

しかし、時代の流れは闘犬というイベントを、動物虐待として公の場からなくしていく、と言う流れになっていきます。

この流れを受けて、アメリカに持ち込まれたスタッフォードシャー・ブル・テリアから闘犬の気質を取り除き、ショードッグ、家庭犬として残していこうというブリーダーが出てきました。

そういったブリーダーの努力により、アメリカのスタッフォードシャー・ブル・テリアは、闘犬ではない犬として、1936年にはアメリカの代表的な犬種団体であるAKCでもスタッフォードシャー・テリアという犬種名で公認されるようになったのです。

そして1972年になって、元となるイギリスのスタッフォードシャー・ブル・テリアとはっきりと区別させるために、犬種名をアメリカン・スタッフォードシャー・テリアという名前に変更されたのです。

つまり、アメリカン・スタッフォードシャー・テリアは、闘犬の気質を取り除く努力をしたことにより、AKCにも公認された犬種なのです。

■スポンサーリンク

闘犬として残ったアメリカン・ピット・ブル・テリア

一方、UKCを作ってまでアメリカン・ピット・ブル・テリアを独立した犬種として確立したブリーダーの中には、あえてAKCにスタッフォードシャー・テリアとして登録せず、闘犬として極めて優秀なこの犬種の血を残そうとするグループもいたのです。

もちろん、背景には公には禁止されても、裏あるいは闇の世界では相変わらず闘犬が一定の人気も保っていたこともあるかと思います。

したがって、その後もアメリカン・ピット・ブル・テリアは闘犬としての道を進むことになったのです。

またアメリカン・ピット・ブル・テリアは、その強さゆえに、強力な番犬、ガード犬としても飼われたようで、そういった犬はより攻撃性を強くされるようにもされたようです。

しかし、アメリカン・ピット・ブル・テリアのブリーダーもやはり時代の流れには逆らえず、その後ショードッグとして、また家庭でも飼える犬として、アメリカン・ピット・ブル・テリアの名前で、闘犬としての攻撃的な気質を取り除く努力がされた犬も出てきました。

そして現在では、闘犬タイプとは別に、ショータイプ、そして家庭犬タイプと言われるブリータイプ(ブリースタイルとも言われているようです)という一般の家庭でも飼うことができるアメリカン・ピット・ブル・テリアが多く存在するのです。

ただし、相変わらずアメリカン・ピット・ブル・テリアという名前ではJKCでもAKCでも公認はされていません。

アメリカでは、同じ犬をAKCにはアメリカン・スタッフォードシャー・テリアとして登録してUKCではアメリカン・ピット・ブル・テリアとして登録するブリーダーもいるとのことです。

日本では、KCジャパン(日本社会福祉愛犬協会)では、アメリカン・ピット・ブル・テリアとしての血統書が発行されます。

このようにアメリカン・ピット・ブル・テリアは、長く闘犬としての道を歩んできましたが、現在では家庭でも飼える気質になった、ショータイプ、ブリータイプが多く、当サイトで紹介しているアメリカン・ピット・ブル・テリアも、もちろんそういったタイプの子犬です。

ただし、やはり普通の犬を飼うような感覚で、この犬種を飼うのはお勧めできません。

もしアメリカン・ピット・ブル・テリア、またアメリカン・スタッフォードシャー・テリアを飼ってみたいという方も、別のページで書いてる注意もご覧ください。

★☆★ ペット・トライアングルの一押ししつけDVD
ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セットはこちらからどうぞ

★森田式犬のしつけ方法とは?

▼アメリカン・ピット・ブル・テリア&アメリカン・スタッフォードシャー・テリア メニュー

■スポンサーリンク

▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info