ボーダーコリーには、セロイドリポフスチン症(いわゆるCL、以下CLと呼びます)という先天性脳疾患が流行していると言われています。この疾患は、生後しばらくは、全くわからず、生後2年ぐらい以降に、発症すると言われています。

発症すると、歩けなくなったり、食べることもできなくなったり、普通の生活ができなくなります。

海外から入れたボーダーコリーにこの病気の因子を一つだけ持つキャリアがいて、日本国内では、そこから広がったと言われています。CLの因子がひとつだけあっても発症はしません。

そして、片親だけにCLの因子がある場合は、その子犬の中からCLを発症する子犬(アフェクト犬)は生まれません。子犬の中にまたCLの因子を一つだけ持つキャリアのボーダーコリーが生まれる可能性があるだけです。

しかし、キャリア犬を繁殖に使っていくと、どんどんキャリアが増えていくことになり、キャリア同士の犬が交配される確立が高くなる可能性があります。

そして、キャリア同士のボーダーコリーを交配すると、その中に、この病気を発症するボーダーコリーが生れてくるのです。(下の表をご参照下さい)

現在ご紹介している愛知県の犬舎では、海外から迎えたボーダーコリーでも繁殖を行っていますが、盲導犬関連の信頼できるルートで輸入され、CLのキャリアではないということが輸入前に現地検査で確認されています。

■スポンサーリンク

これらのすでに海外での検査を行っているを含めて、現在ご紹介している子犬の父犬、母犬はすべて、オーストラリアの専門機関”遺伝子テクノロジー株式会社 (GTG)” で検査を実施、問題ないことが確認、証明書もあります。

もちろん世の中に絶対はありませんが、現時点でのこの犬舎での安全性は極めて高いと考えております。

ボーダーコリーの場合、この先天性脳疾患に対する安全性の問題とペットに適した性格を持つ血統のボーダーコリーが繁殖に使われているかの判断が非常に難しいため、どこの犬舎からでも、簡単にボーダーコリーをご紹介することができないのです。

国内でCLを発症させたことのないボーダーコリー犬舎は、全国でも片手あるかないかと言われているくらいです。このような理由で、現在ペット・トライアングルでは、限定した犬舎からのみ、ボーダーコリーをご紹介することとしておりました。

ただし、CLのキャリア犬であっても、その犬自体には、健康上の問題は、一切ありません。遺伝要因を持っているというだけで、その犬自体がCLを発症させることは全くなく、また、CLの遺伝要因を持っていることに起因して、健康上の異常が現れることは一切ありません。

したがって、最近では、片方の親犬がCLの遺伝要因を持っていないクリア犬であれば、もう片方の親犬はキャリア犬であっても繁殖に使用することが認められるようになりました。

つまり、キャリア犬であるからといって何かその犬自体に問題があるわけではなく、キャリア犬同士で交配した場合は、CLを発症させる子犬が産まれてくる可能性があると言うことなのです。

ご参考までに、現在のCLに関する情報から、CL因子のクリア犬、キャリア犬、アフェクト犬(発症する可能性のある犬)を交配させた場合の、子犬の持つ因子の可能性について、ご紹介しておきます。(もし、私の理解に間違いがあるようであれば、ご指摘願います。)

クリア犬はCL因子を全く持たないので【○○】、キャリア犬はCL因子を一つ持っているので【○×】、アフェクト犬は全てがCL因子なので【××】というように以下では表現します。

それぞれの犬を交配させた場合に子犬が受け継ぐ因子は、父犬からふたつのうちひとつ、同じく母犬からふたつのうちひとつとなり、その組み合わせがその子犬のCL因子となります。


1.父犬クリア犬【○○】と母犬クリア犬【○○】の場合

父犬クリア犬【○○】
母犬クリア犬【○○】
父犬因子



【○○】 【○○】
【○○】 【○○】
子犬は100%クリア犬となります。キャリア犬、アフェクト犬は生まれないことになります。

2.父犬クリア犬【○○】と母犬キャリア犬【○×】の場合
(父犬キャリア犬、母犬クリア犬でも同じ)

父犬クリア犬【○○】
母犬キャリア犬【○×】
父犬因子



【○○】 【○○】
× 【○×】 【○×】
子犬はクリア犬が生まれる確立50%、
キャリア犬が生まれる確立50%となります。アフェクト犬は生まれないことになります。

3.父犬クリア犬【○○】と母犬アフェクト犬【××】の場合
(父犬アフェクト犬、母犬アフェクト犬でも同じです)

父犬クリア犬【○○】
母犬アフェクト犬【××】
父犬因子



× 【×○】 【×○】
× 【×○】 【×○】
子犬は100%キャリア犬となります。
クリア犬は生まれませんが、
アフェクト犬も生まれないことになります。

4.父犬キャリア犬【○×】と母犬キャリア犬【○×】の場合

父犬キャリア犬【○×】
母犬キャリア犬【○×】
父犬因子
×



【○○】 【○×】
× 【×○】 【××】
子犬はクリア犬が生まれる確立25%、
キャリア犬が生まれる確立50%、
アフェクト犬が生まれる確立25%となります。

5.父犬キャリア犬【○×】と母犬アフェクト犬【××】の場合

父犬キャリア犬【○×】
母犬アフェクト犬【××】
父犬因子
×



× 【×○】 【××】
× 【×○】 【××】
子犬はキャリア犬が生まれる確立50%
アフェクト犬が生まれる確立50%となります。クリア犬は生まれないことになります。

6.父犬キャリア犬【××】と母犬アフェクト犬【××】の場合

父犬アフェクト犬【××】
母犬アフェクト犬【××】
父犬因子
× ×



× 【××】 【××】
× 【××】 【××】
子犬は100%アフェクト犬となります。クリア犬、キャリア犬は生まれないことになります。

 

注)上記の中で表現しているそれぞれの因子を持つ子犬が生まれる確立は1頭1頭の子犬が生まれる際になりうる確率です。したがって、例えば、クリア犬とキャリア犬を交配させた場合、子犬にクリア犬が生まれる確立は50%、キャリア犬が生まれる確立は50%です。したがって、クリア犬とキャリア犬を交配させて4頭の子犬が生まれた場合、確率的には、クリア犬2頭とキャリア犬2頭が生まれる確立が高いのですが、可能性としては、4頭ともクリア犬、または4 頭ともキャリア犬、また1頭だけクリア犬またはキャリア犬という可能性もあります。

■スポンサーリンク

このように、片親がクリア犬であれば、もう片方の親がキャリア犬であっても、またアフェクト犬であっても、子犬にはアフェクト犬が生まれる可能性はありません。

したがって、片親がクリア犬だとの証明があれば、もう片方の親犬の証明は必要ないのが現状です。

交配する両方の親犬がクリア犬でない場合は、アフェクト犬が生まれる可能性が出てきます。

このように、片親がどんな因子の犬であっても、もう片方の親犬を確実にクリア犬で交配すれば、間違いなくアフェクト犬、つまりCLを発症させる子犬は生まれないことになるので、キャリア犬でも、片親がクリア犬であれば現在では繁殖も認められ、たくさんのブリーダーがキャリア犬を交配に使用するようになってきたようです。

このように、少なくとも片親をクリア犬で交配すればその子犬にアフェクト犬、CLを発症する子犬は生まれません。

しかし、全ての繁殖者が高いモラルを持ってこのことを守り繁殖を行えば、全く問題ありませんが、そうでない場合どうなるでしょう。現在、ペット・トライアングルがボーダーコリーをご紹介する犬舎を絞っているのもこの点にあるのです。

ということで、@ペット・トライアングルでは、ボーダーコリーに関しては、確実に安心してご紹介できるこちらの愛知県のボーダーコリー専門犬舎からしか、現在、ご紹介はしておりません。したがって、CL発症の心配は、まずないと思っております。前記の通り、専門機関での証明もありますので信頼性は高いと判断しております。

ボーダーコリーにも、ショータイプとスポーツドッグの大きく分けられますが、こちらの犬舎では、どちらかというとスポーツドッグ系のボーダーコリーをブリーディングしています。実際、フリスビーなどのディスク競技では、こちらの犬舎出身のボーダーコリーがたくさん活躍しています。

そのため、ボーダーコリーの中でもより運動能力の優れたイギリス系のスムースコートのボーダーコリーの血も入れながら運動能力も高く、かつ、オーストラリア、ニュージーランド系の扱い易いボーダーコリーの系統をベースに繁殖しています。したがって、運動能力と扱い易さのバランスが取れた、ボーダーコリーがこの犬舎の基本です。

したがって、スポーツドッグ系とはいえ、特にスポーツをやらなくても、ペットとしての家庭犬としてとても扱いやすく、優秀なボーダーコリーです。

今後、他の犬舎のボーダーコリーも確実に安全性が確認できるのであればご紹介することもあるかもしれませんが、当面は、ボーダーコリーに関しては、こちらのボーダーコリー専門犬舎からのみ、ご紹介していくことになると思います。ただし、子犬情報データベースにご紹介されるボーダーコリーに関しては、当店が直接コンタクトを取っているわけではなく、必ずしも両親犬ともクリア犬であるとは限りませんので、ご了承をお願い致します。

何事も100%の保障はできませんが、出来る限り、お客様には、CLを発症させるボーダーコリーをお渡ししないことを第一に今後もペット・トライアングルのボーダーコリーのページでご紹介するボーダーコリーに関しては、限りなくクリア犬の確率が高いボーダーコリーをご紹介していきたいと思います。。

@ペット・トライアングルの看板娘、ボーダーコリーのミルキーもこちらの犬舎から来ました。片パンダ柄のボーダーコリーの女の子、ハイジもこちらの犬舎からきました。そして、ミルキーの産んだ子犬のひとりである、レッド&ホワイトでバイアイの男の子、マックスもいます。みんなそれぞれ性格は違いますが、とてもかわいいボーダーコリーたちです。

私も毎日ボーダーコリーと楽しく生活しています。したがって、お引き渡し後のボーダーコリーに関する飼育、躾に関するご相談も、ブリーダーさんの目からだけでなく、同じ犬舎出身のボーダーコリーの飼い主としての立場からも、そして家庭犬専門ドッグトレーナーとしてご相談に対応しています。

元気で先天性疾患のない、そして攻撃性もないボーダーコリーだけを、これからもたくさんの方に、ご紹介していきたいと思います。

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■スポンサーリンク

ad_b

▼ボーダーコリーについて

  1. ボーダーコリーはこんな犬
  2. ボーダーコリーの歴史
  3. ボーダーコリーの性格
  4. 毛色と柄などについて
  5. 個性派片パンダ柄ー
  6. うちのボーダたちはこんな犬
  7. 過去にご紹介した子犬達

▼ボーダーコリーをご検討中の方へ

  1. ご購入時のご注意
  2. ボーダーコリーをお勧めできない人
  3. 先天性脳疾患 CLについて
  4. しつけ次第で大きく変わります
  5. 過度な運動は要注意
  6. 価格の違いについて
  7. ボーダーコリーのしつけトレーニング前後の動画

▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info