ボーダーコリーをお勧めできない人

ボーダーコリーは誰にでもお勧めの犬種、ではありません。

ボーダーコリーボーダーコリーはとても賢い犬種です。賢いということは、人間を見る目も鋭く、また、悪く言えば、ずる賢いという面も多分にあります。

それに加えて、神経質な面が強く出る場合があったり、必要以上に警戒心があったりなど、人間と同様、いろいろな性格が重なり、飼い方・しつけ方によっては、とても扱い難い犬にもなります。

なんて書くと、ボーダーコリーを飼うのはやめよう、と思う方もいるかもしれません。でも、もしボーダーコリーを飼ってみたいという方には、今一度、ボーダーコリーは迎えるにふさわしい犬種なのか、確認してほしいと思います。

ボーダーコリーは、ペット・トライアングルが過去に送り出した犬種の中で、数の上ではダントツでナンバー1の犬種です。そして、私たちもボーダーコリーを愛犬として持ち、ボーダーコリーが大好きな人間です。

だから、あえてそんなボーダーコリーが幸せに暮らせるように、そしてボーダーコリーを飼って不幸になる人が少しでも減るように、こんな人にはボーダーコリーはお勧めできない、ということを書いてみました。

■スポンサーリンク

ボーダーコリーは素晴らしい家庭犬にも、とんでもなく扱い難い犬にも成り得ます。

と言うのは、ボーダーコリーは基本的なしつけさえしっかりとすれば、他の犬種では味わえないような素晴らしい家庭犬、パートナー犬になってくれます。しかし、それが出来ない場合、とんでもなく扱い難い犬になってしまうこともあるからです。

そして、それはほとんどの場合、ボーダーコリーのせいではありません。ボーダーコリーを飼う人間が、どのような飼育環境で、どのようにしつけていくか、ということで決まってしまうのです。

ボーダーコリーのもともとの性格もいろいろです。ブリーダーによっては、気性の荒いボーダーコリーでもかまわず繁殖に使い、また生まれた子犬は犬まかせです。結果として、気性の荒い、また人間に対して警戒心を持つボーダーコリーも少なからず存在します。でもこれも、ブリーダーの問題です。ボーダーコリーは、どんなブリーダーで生まれ育ったかも重要なのです。

もちろん、誰にでも尻尾を振っていくボーダーコリーもたくさんいます。ペット・トライアングルの看板娘のひとりであるボーダーコリーのミルキーとその息子のマックスも、この誰にでも尻尾を振っていくタイプです。ここのブリーダーのボーダーコリーは、親も選別され、生まれた子犬も親犬と一緒に人の手もかなりかけて育てているので、ほとんどがこんな感じです。

でも、そんなミルキーでも、最初のころは私たちもまだ未熟なところがあり、しつけるのは簡単ではありませんでした。

一般的に、ボーダーコリーは適切な躾をしていけば、とても飼い易いワンちゃんになってくれます。この点では、ジャーマンシェパードよりも、躾の入り度は、高いと感じています。

しかし、実際にしつけを行うのは簡単ではない飼い主さんも多いかもしれません。

しつけをすることを難しくさせる最も大きな要因は、ボーダーコリーの”かわいさ”です。

特に小さい月齢で迎えると、その傾向が強くなるかもしれません。あまりにもかわいくて、そのかわいさに負けてしまいがちになってしまうのです。

実際、ボーダーコリーはとても訓練性の良い犬です。きちんと教えれば、すぐに教えたことを身に付けます。だから、リーダーウォークも簡単に入り、たとえノーリードでも離れずにぴったりと付いてくる犬種です。

ボーダーコリーの良さを引き出しながら、ワンちゃんと飼い主さん双方がそのボーダーコリーの生涯を通して快適に暮らしていくためには、最低でも最初の1年は、ボーダーコリーも飼い主さんも、我慢が必要なのです。

しつけ自体は、難しいことではありません。しかし、特に最初の1年は、ボーダーコリーと接する時間は全て、トレーニングと思って接することが重要だと思います。結果として、ボーダーコリーにとっては、飼い主さんとのとっても楽しいコミュニケーションの時間ともなってくれます。

そして、それが素晴らしい家庭犬になるか、とんでもなく扱い難い犬になるかを決めることにもなりかねないのです。

人間が主となる主従関係を作れば良き家庭犬に、ボーダーコリーが主となる主従関係ができてしまうととんでもなく扱い難い犬に。

ボーダーコリーに限らず、全ての犬種にいえることですが、犬のしつけトレーニングでは、飼い主さんの決意と忍耐力がその成否を決めます。噛み癖などの問題のない犬は、教えれば簡単に言うことを聞くようになるのです。いわゆる、犬との主従関係と信頼関係を作ることは、教える人間の強い気持ちと忍耐力さえあれば、簡単にできるのです。特にボーダーコリーの場合は。

しかし、この犬との主従関係と信頼関係をうまく作れないと、ボーダーコリーと飼い主さん双方が後々不幸になってしまう可能性があります。特に犬が主となる主従関係が出来てしまうと。

アメリカでは、飼い主によって保健所に連れて行かれる飼い犬の中で、もっとも多い犬種のひとつがボーダーコリーだと言われています。そして日本でも同様の傾向があるようです。その理由は、前述の通りでしょう。

訓練士の間でも、ボーダーコリーは噛み付く犬が多いといわれており、ボーダーコリーはお断り、というところもあるようで、ボーダーコリーは、扱いたくない犬種のひとつともいわれています。

ペット・トライアングルがお世話になっている警察犬訓練所の訓練士でさえ、今まで扱ったボーダーコリーで噛み付かなかった犬はいない、とのことをお聞きしました。

本当かな、と思っていましたが、実際にペット・トライアングル LOVEDOG店でトレーニングしたボーダーコリーでも、トレーニング中にいきなり唸って噛み付かれそうになり、本当なんだ、と実感しました。ボーダーコリーに関しては、このような現状があるのもまた事実なのです。

これは、ボーダーコリーそのものというよりも、最近の人気に乗じてボーダーコリーの繁殖を始めたブリーダーの問題、具体的には、交配に使う犬の選定、子犬が生まれてからの子犬の扱い方に問題があることに起因して、そこから出されるボーダーコリーに、ブリーダー要因で問題が起こることがひとつの原因だろうと推測されます。

この場合、新たな飼い主さんに迎えられる前にすでに、ボーダーコリー自身に性格的な問題が先天的にある、または後天的に発生しつつある、ということになります。

また、ボーダーコリー自身にもともと性格的な問題がなくても、新しい飼い主さんのところでの飼育環境、しつけ方によって咬んだり、攻撃的になる、ということも少なからずあるでしょう。これは、賢く運動能力に優れたボーダーコリーだからこそ、多いと思うのです。

つまり、ボーダーコリーは高い知力と運動能力ゆえに、甘やかされて育ったボーダーコリーは、自分が主従関係の主の立場に立とうとして、また立ったと認識してしまうことに大きな要因があるでしょう。もともと攻撃性がなくても、飼い主を見下して、わがままで飼い主の言うことを全く聞かず、ちょっと噛んだら飼い主さんが手を出さなくなったので、それを学習し、次第に攻撃的なボーダーコリーになってしまうこともありえ、実際にそのようなボーダーコリーはたくさんいます。

しっかりとした飼育環境としつけさえ行えば、最高に飼い易い家庭犬として素晴らしい犬種なのに、それが出来ないと、全く反対の犬になってしまう、それがボーダーコリーなのです。

前述の通り、しっかりとした飼育環境としつけと言っても、決して難しいことではありません。本来、すべての犬に行うべき、基本的なことで、とても簡単なことなのです。飼い方はハウス飼いが基本で、リーダーウォークトレーニングにより、主従関係と信頼関係を構築し、スワレと指示したら即座に座る、マテと指示したら待つ、ハウスと指示したら即座にハウスに入る、これだけのことが確実に出来ればよいのです。難しいしつけは全くなくても、この基本的なしつけさえ確実に教えれば、ボーダーコリーは、他の犬種では味わえないような素晴らしい家庭犬、良きパートナーとなってくれる犬種なのです。

これらを実際にどのように教えるかは本サイトの犬の飼い方・しつけ方をご覧になってください。

■スポンサーリンク

ボーダーコリーはこんな方にはお勧めできない犬種です。

ということで、まずは、こんな方にはボーダーコリーはお勧めできない、ということについて、書きたいと思います。

次にあげる項目に該当する方は、ご自身のためにも、ご家族のためにも、そして飼われるボーダーコリーのためにも、飼おうとする犬種を変える、出来れば犬を飼うこと自体をもう一度考えてほしいと思います。

  • 子犬を迎えたら、すぐに、そしていつも、子犬と遊んでいたい方。
  • 子犬を迎えたらすぐに、室内にしろ、室外にしろ、自由にさせて飼っていきたい方。
  • 散歩に行くときは、子犬の時からロングリードで犬を自由に歩かせたいと思っている方。
  • 子犬がウンチやオシッコで汚れてしまうのは、絶対に嫌だと思っている方。
  • 吠える犬は、嫌だと思う方。
  • 躾を入れるのは面倒だと思っている方。
  • 犬を叱ったり、躾をしたりするのはしたくない、と思っている方
  • 子犬の時から、何もしなくても、おとなしく、静かに、いつもそばに寄り添っている犬が飼いたい方

上記に該当する方が、ボーダーコリーを飼うと、楽しいはずの犬との生活が、苦痛の毎日になってしまう、ということにもなりかねません。

そして飼われるボーダーコリーが結果的に一番かわいそうなことになってしまう可能性があります。

これらの項目にひとつでも該当すると思われる方は、ボーダーコリーを飼うのは断念されることを強く推奨します。

ボーダーコリーに必要なのは、運動ではなく、コミュニケーションです。

よく、運動が大変そうだから、といってためらわれる方もいらっしゃいますが、家庭犬として飼うのであれば、それほど運動については、心配する必要はありません。

むしろ、子犬のうちは、逆に、運動をさせ過ぎないように注意することが必要です。運動能力の高いボーダーコリーだからこそ、させれば出来てしまうので、それが結果的にまだ成長過程のボーダーコリーの体を壊してしまう、というケースが少なくありません。

また、運動をたくさんさせないとボーダーコリーはストレスが溜まってしまうということもよく聞きますが、それは全くの間違いです。ボーダーコリーは、運動をさせれば、高いレベルを発揮できる能力を持っています。でも、運動をしなければいけない、と言うことではないのです。ボーダーコリーのもうひとつの特徴である訓練性の良さを生かして、家庭犬としての能力を伸ばすことを優先させるのであれば、他の犬種と同じように、普通に散歩するだけで全く問題ありません。ただし、日常的に、すでに、かなり運動させているボーダーコリーの場合は、急に運動をさせなくなれば、ストレスは溜まるでしょう。つまり、最初から家庭犬としてボーダーコリーを育てれば、普通の散歩だけで、十分なのです。

ボーダーコリーが最もストレスになるのは、運動不足ではなく、飼い主さんとのコミュニケーション不足です。

ボーダーコリーとのコミュニケーションとは、具体的には飼い主さんが愛犬のボーダーコリーにたくさんの指示をだしてあげることです。だから、普段の散歩でも、ただ淡々と歩くだけでなく、歩く速度を変えたり、急に向きを変えたり、スワレやフセ、マテをさせたりなど、ちょっとした指示を出しながら歩くことで、短時間、短い距離での散歩でも、ボーダーコリーは常に飼い主さんの言動を意識するようになり、飼い主さんが指示を出す、ボーダーコリーがそれに従う、という形でのコミュニケーションとなるのです。もちろん、ボーダーコリーをしっかりと撫でたり、ブラッシングすることも重要なコミュニケーションであり、こういった飼い主さんとのコミュニケーションによって、ボーダーコリーは充分ストレスを解消することが出来るのです。

競技をさせようとする場合は別ですが、純粋に家庭犬として迎えるのであれば、運動能力よりも、訓練性の良さを生かして、ボーダーコリーと良くコミュニケーションを取り、定説な飼育環境としつけトレーニングで、素晴らしい家庭犬に育ててほしいと思います。

こんな方には、ボーダーコリーはお勧めの犬種です。

では、次にこんな方にはボーダーコリーはお勧めです、ということについて、書いてみます。
次の項目に複数該当する方には、ボーダーコリーは良きパートナーとなってくれる可能性が高いかもしれません。

  • 子犬が成長していく過程で、しっかりと躾をしながら、愛犬の成長を楽しみたい方。
  • 生後1年までは、子犬と一緒に苦労していくことも厭わない方。
  • 子犬のうちは、ウンチやオシッコを粗相してしまうのは仕方のないことと、思える方。
  • ある程度しっかり成長させた後は、積極的に犬と一緒に遊びたい方。
  • しっかりと犬との信頼関係を作り、例えノーリードでも、常にぴったりと横についてくれる犬がほしい方。
  • 多少吠えたりすることはあっても、飼い主さんのコマンドには、常に迅速かつ正確に反応する犬がほしい方。
  • 犬の存在感を実感しながら、犬との生活を楽しみたい方
  • 生活の中で、犬と一緒に何かをすることが楽しいと感じる方

上の項目に複数該当する方、該当する項目が多ければ多いほど、ボーダーコリーを飼う満足度が高くなる可能性が高いでしょう。
ぜひ、ボーダーコリーを飼うことを検討してほしいと思います。

以上が、ボーダーコリーはちょっとお勧めできない方と、ぜひお勧めする方です。

ボーダーコリーは、飼い主さんの努力次第で、素晴らしい家庭犬になれる犬種なのです。

上記の内容は、ボーダーコリーのブリーダーさんのお話や、知り合いの訓練士の方々のお話、私たちが実際にボーダーコリーをトレーニングした経験、そして、ボーダーコリーをお引き渡してきたたくさんの方からのご相談やお便り、そして、愛犬であるペット・トライアングルの看板娘のひとり、ボーダーコリーのミルキーを育てた経験、出産の経験、ミルキーの子犬のひとりであったマックスを育てている経験などから、実感として感じていることです。

したがって、もしかしたら、一般の書籍の中とは、違った内容もあるかもしれません。また、上記が当てはまらない実例などもあるかもしれません。

でも、ペット・トライアングルとしては、この考え方をもとにボーダーコリーをお勧めしたり、しなかったりしてきました。

また、気持ちはあっても実際にしつけをうまく出来なかったということもあるかもしれません。でも、もともとの気質や性格が良いボーダーコリーは何歳になっても、しつけのやり直しが出来ます。

ペット・トライアングルでも、LOVEDOG店で、1歳、2歳以降のボーダーコリーのしつけトレーニングを行っていますが、みんなだいたい 2週間のお預かりトレーニング期間で私たちのいうことをきくようになってくれます。

そして、飼い主さんに言うことを聞く姿を見てもらって、次に飼い主さんにその方法をアドバイスしていくというトレーニングをしていきます。

かわいいボーダーコリーにしっかりと向き合うのは、それなりに忍耐力が必要です。でも、それを過ぎれば、期待以上のものを返してくれるのが、本来のボーダーコリーなのです。

だから、私たちはボーダーコリーが大好きです。そして、たくさんの人に、本当のボーダーコリーの素晴らしさを実感していただきたいと思っています。

だからこそ、、あえてそのボーダーコリーの良さを実感できるのが難しそうな人(むしろ、ボーダーコリーを飼う事によって苦労してしまい、ボーダーコリーの悪い面ばかりを実感してしまいそうな人)には、もう一度、よく考えていただきたいのです。


★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

ad_b

▼ボーダーコリーについて

  1. ボーダーコリーはこんな犬
  2. ボーダーコリーの歴史
  3. ボーダーコリーの性格
  4. 毛色と柄などについて
  5. 個性派片パンダ柄ー
  6. うちのボーダたちはこんな犬
  7. 過去にご紹介した子犬達

▼ボーダーコリーをご検討中の方へ

  1. ご購入時のご注意
  2. ボーダーコリーをお勧めできない人
  3. 先天性脳疾患 CLについて
  4. しつけ次第で大きく変わります
  5. 過度な運動は要注意
  6. 価格の違いについて
  7. ボーダーコリーのしつけトレーニング前後の動画

▼サイトメニュー


   
【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」