ビーグルとはどんな犬でしょうか?

■スポンサーリンク

と聞かれたら、あんな犬だな、と、すぐに想像できる方が多いかもしれません。それくらい、日本でも人気のある犬種です。

元々は、イギリスでウサギ狩りに使われていた猟犬です。ビーグルは嗅覚に優れた猟犬で匂いを追って、ウサギを追いかけていくことが得意な犬でした。

その狩猟方法は独特で、通常はたくさんのビーグルが集団で行動していたようです。ビーグル独特のあの鳴き声を発っすることによって、ビーグルは仲間と連携しながらうさぎを追い詰めていったそうです。

その時の鳴き声から、ビーグルには「森のトランぺッター」など、その声を由来とするたくさんの愛称がつけられていたそうです。

また、ビーグルという名前もその声から由来した古代フランス語からつけられたという説もあります。

ただし、ビーグルという名前の由来には、いくつか説があるようで、前期の独特の声に由来するという説、またビーグルは、猟犬としてはもっとも小さい犬であったことからフランス語の小さい、という意味の単語に由来する、といった説があり、はっきりとした由来はわかっていません。

でも、あの独特のビーグルの鳴き声は、ビーグルとしての、かなり昔からの特徴のようですね。

現在のビーグルは、というと、その独特の鳴き声は健在で、吠える声を聴いただけでビーグルがいるとわかります。

また、ウサギ狩りの武器となった優れた嗅覚も健在で、そのビーグルの優れた嗅覚を利用して、例えば羽田空港では、検疫探知犬として活躍しています。

空港で預けられたトランクなどから、検疫が必要となる肉や果物などを発見するために、その嗅覚が利用されているのです。

そして、ビーグルと言えば、あの有名な犬のキャラクター、スヌーピーとしても有名ですね。

でも、実際には、スヌーピーのような白と黒の柄のビーグルはいないようですが…。

また、ビーグルは実験用に使われる犬としても知られています。いわゆる動物実験に使われる犬種としてビーグルは良く使用されるのです。

ビーグルが実験等物として使われる理由としては、小型で、多産系であること。そして、ビーグルというのは遺伝亭な要素を含めて、個体差がとても少ない犬種なのだそうで、それも実験動物として使用される理由とされています。

私たち人間のために利用されているとは言え、実験動物として利用されるのはビーグルにとっては、不幸なことでしょう。

こういった形で、ビーグルは現在でもいろいろな意味で私たちにかかわりの多い犬種なのかもしれません。

▼ビーグルメニュー

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼▼▼▼▼

☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」