ボーダーコリーというと、一般的には両側真っ黒で、真ん中に真っ白なブレーズが入った、左右対称の柄をイメージするのではないでしょうか?

きれいに左右対称で、太くカラーが均一な幅で首回りに回っているボーダーコリーが最も美しいとされて、価格も高くなります。

逆に、片パンダと言われる、片側が黒くて、反対側が白いという柄のボーダーコリーは、一般的に、価格がとてもリーズナブルになります。

では、この片パンダのボーダーコリーは、かわいくないでしょうか?

■スポンサーリンク

個人の感覚によるので人それぞれとは思いますが、私は片パンダは、真ん中にブレーズの入ったボーダーコリーとは違った、個性的で魅力的な柄だと思います。

実は、その魅力に引かれて、@ペット・トライアングルでも片パンダのボーダーコリーも看板犬として迎えていたのです。

ということで、@ペット・トライアングルのボーダーコリーでは、ミルキーに次ぐ看板娘となるハイジをご紹介します。

下に、ハイジの生後2~3か月頃の写真と、生後10か月立った写真をご紹介します。片パンダのボーダーコリーの子犬は、こんな感じに成長するんだ・・・・・、というご参考にして下さい。

■スポンサーリンク

生後1ヶ月

生後2ヶ月

生後3ヶ月

生後10ヶ月

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■スポンサーリンク

ad_b

▼ボーダーコリーについて

  1. ボーダーコリーはこんな犬
  2. ボーダーコリーの歴史
  3. ボーダーコリーの性格
  4. 毛色と柄などについて
  5. 個性派片パンダ柄ー
  6. うちのボーダたちはこんな犬
  7. 過去にご紹介した子犬達

▼ボーダーコリーをご検討中の方へ

  1. ご購入時のご注意
  2. ボーダーコリーをお勧めできない人
  3. 先天性脳疾患 CLについて
  4. しつけ次第で大きく変わります
  5. 過度な運動は要注意
  6. 価格の違いについて
  7. ボーダーコリーのしつけトレーニング前後の動画

★☆★☆★☆★☆★☆★

ボーダーコリー 家庭犬トレーニングでこう変わります!

ぐいぐい引っ張る子も、家庭犬トレーニングでこう変わります。

トレーニング前

トレーニング10日後


4頭でお散歩

歯石取り

▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info