ボルゾイとはどんな犬なのでしょうか?

■スポンサーリンク

ボルゾイ、大きな犬ですが、体の大きさの割には顔は小さく、またボディラインは流線型で、とてもスタイリッシュな、優雅なイメージを与えるような犬種です。

性格的にも、一般的には、人に対しては温厚でおとなしく、意外に扱いやすさも感じさせてくれる犬種です。

今でこそ、こんなイメージのボルゾイですが、ボルゾイと言う名前に改名されたのは、1936年のこと、それまでの名前は、ロシアン・ウルフハウンドです。

つまり、ロシアのオオカミ狩りの猟犬、という名前の視覚で獲物を捕らえるサイトハウンドといわれる犬種のひとつだったのです。

そして、名前の通り、実際に、ロシアにおいてオオカミ狩りをするために育てられていた犬種なのです。

猟犬と言っても、対象となる獲物を探し出す、追い立てる、打ち落とされた獲物を持って帰ってくるなど、いろいろな役目の猟犬がいます。従って、直接獲物を襲うようなことはしない猟犬もいますが、ボルゾイの場合は、違います。

どんな種類のオオカミよりも早く走れるという走力を持つボルゾイが人間よりも選考してオオカミ追いかけ、オオカミに攻撃して、後から追ってくる人間の猟師が到着するまで、獲物であるオオカミを生きたまま押さえつけておくのがボルゾイ=ロシアン・ウルフハウンドの役目でした。

1頭のオオカミに対して、基本3頭のボルゾイがチームとなってこういった役目を果たしていたようですが、相手はオオカミ、ウサギやキツネと違います。

そのオオカミを生きたまま、人間が到着するまで押さえつけておく、というのはすごい、としか言いようがないですね。

ボルゾイの歴史については、別のページでも書いていますので、ご覧になってください。

ボルゾイと言う犬種、今はスタイリッシュで優雅な鑑賞犬という存在ですが、実はその容姿からは想像できないような歴史を持った犬なんですね。

でも、現在のボルゾイはその大きさが許容できるのであれば、飼いやすい犬種といっても良いのではないかと思います。

▼ボルゾイ メニュー

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼▼▼▼▼

☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」