ボルゾイの子犬販売情報をブリーダー直譲販売での実績豊富なHIAS提携店からご紹介しています。別名ロシアン・ウルフハウンドとも呼ばれるボルゾイですが、人間に対しては基本的にはとても友好的です。ボルゾイの性格や歴史、またしつけ方と実際にボルゾイ生後7ヶ月のしつけトレーニングを行なった前後の動画もご紹介しています(下にスクロールして頂くとリンクがあります)。ブリーダーと一体になってフォローするHIAS提携店なら飼い方・しつけ方の相談もしっかりと対応します。
▼▼▼ HIAS提携店からのボルゾイ子犬販売情報です。ご紹介中の子犬についての問い合わせ対応、販売は、各子犬の紹介店舗が対応いたします。
★ご希望の子犬が見つかりましたら、詳細画面からお問い合わせフォームにお進みいただき、各販売店へお問い合わせください。対応は各販売店がさせていただきます。



【PR】
ボルゾイ、またの名をロシアン・ウルフハウンド、の子犬販売情報です。オオカミ狩りの猟犬という強い犬ですが、人間にはとても従順で温厚です。もちろん現在は、人間のペットとして、よきパートナーとして繁殖、育てられています。 ボルゾイはよく、しつけの入りにくい犬とも言われているようですが、決してそんなことはありません。 特に子犬の時からしっかりとした飼育環境、しつけを行えば、とても扱いやすい犬になるでしょう。 ただし、大きな犬であり、ボルゾイの子犬を迎えるに当たっては、しっかりとした心構えと覚悟は必要です。 また、サイトハウンドとしてのDNAはいまだにあるので、動くものには思わぬ反応をすることもあります。 基本的な性格は、扱いやすく、人間に対しても攻撃性はないと思いますが、繁殖のされかた、また育て方の影響はもちろん、もともとの個体にはいろいろな性格を持ったボルゾイの子犬がいます。 ボルゾイの子犬にも、人間の子供と同じように、いろいろな性格の子犬がいるのです。 上にご紹介しているボルゾイの子犬販売情報で紹介されているボルゾイの子犬も、1頭1頭個性があり、性格も子犬の数だけあるでしょう。 販売されているボルゾイの子犬、あるいは、迎えたボルゾイの子犬が期待していた性格ではないかもしれません。 それでも、そんなことは問題なく、本当にボルゾイが好きな方に向けて頂きたいと思います。 そして、誰からも愛されるボルゾイにする、という強い心構えを必ず持って、ボルゾイの子犬を育てて欲しいと希望しています。 決して、単に連れているとかっこよさそうだから、などだけの理由で迎えないで欲しいと思います。 ボルゾイという犬種をもっと知っていただくために、歴史や性格、しつけ方や実際にトレーニングを行なった前後のボルゾイの動画も紹介しています。 ボルゾイの子犬に興味がある方は、ぜひ下のボルゾイのメニューリンクからご覧になってみてください。

▼ボルゾイ メニュー


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」