ブルテリアとはどんな犬なのでしょうか?

■スポンサーリンク

ブルテリアというと、「平成イヌ物語バウ」というアニメのイメージと個性的な顔から、親しみやすいというか、コミカルというか、そんなイメージを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。

また反対に、ブルテリアという名前から闘犬というまったく逆の怖い犬のイメージを抱く方もいるかもしれません。

しかし、実は両方とも当たっていると言えば、当たっているのかもしれません。

もともとブルテリアという犬種が作られた目的は、闘犬として優秀な犬を作る、ということでした。そこで、現在のブルドッグの元となるオールド・イングリッシュ・ブルドッグと数種のテリアを交配することにより、元となるブル・アンド・テリアが作られ、そこからさらに、ブルテリアが作られてきました。

したがって、闘犬というイメージがあって当然と言えば当然です。

しかし実際には、ブルテリアが作られていく過程で、イギリスで闘犬が禁止となり、ブルテリアを犬種として作っていく目的も、闘う犬から、家庭用の番犬、そしてショードッグとして外観にもこだわる犬種として作られてきました。

同時に、気質自体も闘犬としての攻撃性のある資質を取り除くことにも努力が払われ、飼い主に対して従順性の高い、家庭犬としての資質を持つ犬種として作られたのがブルテリアです。

そして、現在の形に至るまで、テリア系以外にも、スパニッシュ・ポインター、ダルメシアンなどの血も入れながら毛色、体型なども改良され、そういったなかで現在の個性的な愛嬌のある顔も作られてきたということです。

したがって、現在のブルテリアは家庭犬として普通に飼える犬種です。しかし、そうは言ってもいわゆる愛玩犬とは違います。

また、闘犬としての血も完全に消え去ったわけではありません。人に対しては従順でも
他の犬や動物などにたいしては、攻撃的な行動を取るようなブルテリアもいるので、そこは注意が必要です。

ただし、基本的に飼い主に対しては忠実で服従性が高い犬種なので、飼い主さんがしっかりとした心構えと適切な飼い方・しつけ方をすれば、頼もしい相棒になってくれることでしょう。

▼ブルテリア メニュー

▼ミニチュア・ブルテリア メニュー

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼▼▼▼▼

☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」