ブルテリアの歴史をご紹介しています

■スポンサーリンク

ブルテリアの元となるブル・アンド・テリアは、闘犬系のテリアとまだ現役の闘犬だったころの現在と体型も気質も異なるブルドッグなどの交配により、より優秀な闘犬を目的に作られていました。

このブル・アンド・テリアが作られたのが、1930年代と言われています。

ブルテリアは、このブル・アンド・テリアからさらに改良して作られたのですが、ブル・アンド・テリアからは、ほかにも闘犬禁止後にもギャンブル闘犬とされたスタッフォードシャー・テリア系の犬がいて、アメリカン・ピットブルも、この流れから生まれた犬種です。

1935年にイギリスで闘犬が禁止されると、これらの犬種も闘犬とは違う目的での改良の努力がなされるようになるのです。

そしてブルテリアは早くから闘犬とは違い、ショードッグ、番犬、そして家庭犬とすることを目的として外観、性格が作られてきました。

当然他の犬種の血も入れながら改良が行われ、ブルテリアの独特の頭部の形は顔、そして白い色ベースのブルテリアもこの改良の過程で作り出されてきたものです。

また、小型化も行われ、現在ミニチュア・ブルテリアが存在しますが、それよりも小さいトイ・ブルテリアも作られたとのことです。

ただ、もともと可愛らしさが売りの愛玩犬ではないブルテリアのトイタイプは、人気が出なかったようです。

そして、ほぼ現在の形と性格となって1936年にAKCに登録され、その後もその独特の愛嬌のある容姿や性格によって、テレビや映画などにも使われる人気犬種となっていきました。

▼ブルテリア メニュー

▼ミニチュア・ブルテリア メニュー

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼▼▼▼▼

☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」