キャバリアはとても友好的な性格です

■スポンサーリンク

キャバリアに関していえば、お店に来るキャバリアを含めて今まで接してきたキャバリアの性格は、他の犬種に比べるとバラツキが少ないように感じます。

一般的に言われるキャバリアの性格の特徴は、人に対してとても友好的である、ということですが、実際に接してきたキャバリアたちも、まさにその通りの性格です。

キャバリアから、攻撃的な部分を感じたことは一度もなく、と言って萎縮するようなシャイなところを感じさせることもなく、安定して明るく、人に対して何の抵抗感もなく、接してくれます。

と言って、べたべたとくっついて回ったり、遊んでくれとせがむのでもなく、温和な顔で、常に落ち着いて接してくれます。

まさにキャバリアの性格は、人に友好的な性格です。

このような性格のキャバリアが多いことは確かだと思います。でも、やはり絶対とは言えません。もしかしたら、どこかに攻撃的な面を感じさせる、あるいはそういう行動を取るキャバリアがいるかもしれませが、今のところそういったことを聞いたこともありません。

このキャバリアの性格、そして個体による性格のバラツキの少なさを考えると、キャバリアはもっとも飼いやすい犬種のひとつといってもよいのかもしれません。

私たちも、実際の経験からどの犬種にも、何らかの悪い部分を感じることもあり、犬種の良い面だけでなく、悪い面も伝えていこうと思っています。

しかし、このキャバリアに関しては、お店にも結構来ているし、また子犬も何頭か販売していますが、あまりというか、ほとんど性格的に悪いと感じる面がないのです。

お年寄りにも、また小さなお子さんがいらっしゃるご家庭でも、キャバリアであれば比較的安心して一緒に暮らせるかもしれません。もちろん、絶対ではないので、しっかりとその犬の個性を見ながら、適切な飼育環境でしつけトレーニングを行うことが不要ということではありません。

ただ、性格的なことではありませんが、キャバリアは心臓に関する病気が遺伝性も含めて多いと言われており、ペットとして飼われる犬種の中では、比較的寿命が短いと言われています。

短いと言っても10年ぐらいですから、一緒に暮らす時間は十分あります。こんな性格のキャバリアであれば、犬との生活を自然に無理なく、そして楽しく過ごすことができそうですね。

ただし、この性格のウィークポイントがひとつ。

誰にでも友好的なキャバリアの性格は、飼い主さん以外の人にもついて行ってしまうという性格でもあります。

この点だけは気を付けましょう。

▼キャバリアメニュー

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼▼▼▼▼

☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」