チワワの性格について

■スポンサーリンク

チワワのページでも書いた通り、チワワの性格として一般的に言われているのは、活発な性格で動きも機敏、でも、恐がりで用心深い繊細なデリケートな面も併せ持っている。そして見た目の通り、甘えん坊な面もありけど、マイペースで静かにしたいときは、触らないで、という態度もとる、というような性格です。

LOVEDOG店に来るチワワを見ていると、確かにその通りかもしれません。チワワという犬種は、他の犬種に比べて、比較的、この犬種の特徴が個々のチワワの個体からも、感じられやすい犬種と思います。

トイプーやダックスは、犬種としての特徴というより、個体による性格の差が大きく感じられますが、チワワの場合は、比較的、チワワの性格というのをそれぞれの個体から感じやすいように、思います。

しかし、ではチワワの性格はみんな同じような性格なのか、というと、もちろんそうではありません。いろいろな性格のチワワがいますが大きく分けると3つタイプでしょうか。

一つ目は、他の大きな犬にも吠えていく強気な性格のチワワ、このタイプはけっこう多いです。そして、このタイプのチワワには、言い方は悪いですが、いかにも「悪ガキ」という雰囲気を持ったチワワが多く感じます。「悪ガキ」というと、失礼になってしまいますが、ここでは、とても可愛いいたずら小僧的な、ちょい悪だけどとても可愛いという意味で使っているので、誤解しないでくださいね。

また逆に、とても怖がり屋でお店の中でも隅のほうで固まっているチワワもいます。このタイプの場合、さらに2つに分かれます。ひとつは、トリミング台に乗せるために抱っこしようとしても、固まったままの子、そしてもうひとつは抱っこしようとすると、噛もうとして触らせないようにする子です。後者は、シャイな犬に犬種を問わず、必ずいるタイプです。と言っても、必ずしも本気噛みするわけではありません。このタイプのチワワは、いかにもおとなしいという顔をしていることが多いようです。

そして、上の2つには属さない性格のチワワもいます。このタイプは、特に攻撃的ではなく、またシャイでもありませんが、ひょうひょうとした軽い動きで動きますが、他の犬にはあまり接触しようとせず、また喜んで人に近寄ってくるということもない、ある意味、クールな性格のチワワです。

お店に来るチワワの性格というと、だいたいこの3つに分けられるように思います。

ただ、これらのタイプの違うチワワの性格でも、共通して感じることがあります。それは、飼い主さんには、べったりだけど、飼い主以外に人には常に警戒心を持ってせいっしている、ということです。

もちろん、誰にでも人懐っこいチワワもいるでしょう。でも、どちらかというと、飼い主さんにはとても甘えん坊だけど、そのほかの人には少し要人深く接するという、まるで日本犬のような性格ともいえるのが、チワワの性格として特徴的だと言えるでしょう。

だから、飼い主さんにとっては、小さくて可愛い容姿とその性格がたまらなく可愛さを感じるのがチワワなのでしょう。

でも、チワワの場合、性格的に攻撃的な面を持っている場合も少なくないので、小さくても、しっかりとしつけを行う必要があると思います。小さな犬だからと言って、小さい子供と遊ばせるなどは、気を付ける必要がある場合もあると思います。

チワワの性格を良い方向に導けくのは飼い主さんの責任です。ぜひ、小さくてかわいいチワワを問題犬にしないよう、しっかりと育ててくださいね。

▼チワワについてメニュー