コーギーには2つの犬種

コーギー、人気犬種ですね。でも、コーギーには2つの種類のコーギーがいるのをご存知でしょうか。

■スポンサーリンク

一般にコーギーと言えば、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークを指していると思います。

ウェルシュ・コーギー・ベンブロークは、2015年のJKCの登録数でも、年間5,336頭が登録され、登録数の順位では、12位です。

ちなみに13位はパピヨン、14位はパグですから、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークはの人気がわかるかと思います。

では、もうひとつのコーギーは?

もちろんご存知の方も多いかと思いますが、もうひとつのコーギーは、ウェルシュ・コーギー・カーディガンという犬種です。

犬種名も最後のペンブロークとカーディガンが違うだけで、その前は同じ、そして外観も、その違いがわかる人はあまりいないんじゃないかというぐらい、そっくりです。

外観上の大きな違いは、尻尾があるかないか、です。

一般的にウェルシュ・コーギー・ペンブロークには尻尾が根元からなく、ウェルシュ・コーギー・カーディガンには立派な尻尾があるのが大きな違いです。

ただしこれは、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの場合は、生まれてすぐに尻尾を切られてしまうため、ないだけであり、本来はウェルシュ・コーギー・ペンブロークにも立派な尻尾があるのです。

■スポンサーリンク

これについては、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの尻尾のページでより詳しく書いていますので、ご覧になってください。

ということで、コーギーには日本では一般的に尻尾のないウェルシュ・コーギー・ペンブロークと、尻尾のあるウェルシュ・コーギー・カーディガンの2種類の犬種があるのです。

ただし、人気のウェルシュ・コーギー・ペンブロークに対して、ウェルシュ・コーギー・カーディガンの2015年の登録数は、わすかに年会で37頭、順位は80位とペンブロークに大きな差がつけられています。

ほとんど容姿の変わらない2つの犬種で、しかも性格的にはより落ち着いていると言われるカーディガンが、人気ではペンブロークに大きな差をつけられているのは、単に尻尾があるかないか、ということなのでしょうか。

▼コーギーメニュー

▼犬種の特徴-紹介犬種一覧のページへ

★☆★ ペット・トライアングルの一押ししつけDVD
ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■スポンサーリンク

▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info