ドーベルマンの毛色について

ドーベルマンの毛色についても少し触れておきます。

一般的にはドーベルマンといえば、ブラックタン主流です。そして、ドーベルマンの精悍さがもっとも強く出るのも、ブラックタンかもしれません。やはり黒というのは、引き締まって見えます。

そいうこともあってか、やはりドーベルマンの毛色は圧倒的にブラックタンが人気があります。

しかしながら、チョコタンと言われるドーベルマンも、一部で根強い人気があるようです。

チョコタン同士の親からもチョコタンの子犬が産まれる確立は少なく、貴重な毛色というのも一つの理由かもしれません。

ですが、一度、このチョコタンのドーベルマンを飼った方は、チョコタンの2匹目を飼うなど、けっこうこのチョコタンのドーベルマンにはまってしまうことも多いようです。

ドーベルマンの毛色は、基本的には、このブラックタンとチョコタンの2種類です。

ただ、ペット・トライアングルでは扱ったことはありませんが、ごく稀にブルーのドーベルマンもいるようです。

■スポンサーリンク

ブルーと言っても、犬の毛色でいうブルーは、一般で言う青ではありません。青い犬なんて、染めていない限りいないと思います

犬でいうブルーとは、一般の色で言えば、グレー、またはチャコールと言っていいのか、その中でブラウンっぽいのもあったりとか、そんな感じの色です。

■スポンサーリンク

話がそれてしまいますが、先日、近くのホームセンターで、ブルーの柴犬を売っていました。ブルーの犬が人気があるのでしょうか?

ただ、個人的な感覚としては、純血種の柴犬からは、ブルーの毛色は出ないと思うのですが…。

個人的には、ドーベルマンは、ブラックタン、またはチョコタンだけでいいと思うのです。

さて、ブラックタンとチョコタンでは、ドーベルマンとしての印象も少し違うかもしれません。

それぞれ良さがあるので、どちらが良いかは、人それぞれだと思います。

でも、どちらにしろ、ヨーロピアンタイプのドーベルマンであれば、元々の先天的な性格は温厚なので、しっかりとした飼い方・しつけ方さえしていただければ、成犬になってもとても家族に対して従順で人懐っこくなってくれるでしょう。

ドーベルマン、一般のイメージとはまったく違う、とても愛らしい犬種なのです。

ただし、毛色に関係なく、世の中には、恐い犬のイメージ通りにしつけられたドーベルマンもいるので、ご注意ください。

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■スポンサーリンク

ad_b

▼ドーベルマンメニュー

▼▼▼▼▼

☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」