ダルメシアンの性格は?

■スポンサーリンク

ダルメシアンは、数ある犬種の中でも、その斑点模様とそれにかかわることなど、かなり特徴的な犬種です。

では、その性格はどうなのでしょうか?

残念ながら、ペット・トライアングルのラブドッグ店で、ダルメシアンを迎えた実績はあまり多くなく、寝たきりの老犬とホテルを1泊ご利用いただいたぐらいなので、実際にふれあった感覚としての性格に対する印象はありません。

したがって、ダルメシアンの性格に関しては、一般的に言われていることに、以前子犬をお迎えいただいた方で、ダルメシアンも飼っていた方などから聞いたお話を加えて、書いていきたいと思いますので、ご了承ください

ダルメシアンは、馬車の伴走犬として活躍した犬で、驚異的な体力、持久力を持つ犬種です。したがって、ペットとして飼うにも、相当な運動量が必要とかかれていることもあるようです。

しかし、これについては、子犬の頃からの育て方次第で、いかに家族の中でできる範囲のことをダルメシアンにとっても、普通のことという認識をさせていくか、そして、違った形でダルメシアンとコミュニケーションを作る時間を設けていけば、というところを抑えていけば、解消できる問題だと思います。

ただ、実際にしつけやすさという点では、実際に飼っている人、また飼っていた人の話からは、簡単ではない場合もあるようです。

例えば、ドーベルマンの子犬を販売したお客様がすでにダルメシアンを飼っているケースがありましたが、そのお客様は、ドーベルマンのしつけのしやすさに感動していました。

また、猟犬としてダルメシアンを飼っていた方がいましたが、しつけが難しく、結局ダルメシアンは手放した、という話を聞いたこともありました。

また両方に共通していたのは、ダルメシアンは、走り出すと押さえが聞かない、ということでした。

個体差もあり、しつけ方にもよるので、一概にダルメシアンがしつけしにくい犬種とは言えませんが、そういうケースもあるということです。

でも、もともと馬車の伴走犬として使われていたということは、それなりの訓練性はあるということだと思います。

また、一般的に言われるダルメシアンの性格として、馬とはとても相性が良く、また他の犬に対して攻撃的になることもない、と言われています。

ただ、始めたあった人には、ダルメシアンは、警戒心を持って接するので攻撃的になることもあるとのことで、このあたりその犬の特性を見極めるまでは気を付ける必要があるでしょう。

ただ、例えば自転車で一緒にサイクリング、なんてことも、ダルメシアンならできるでしょう。また、ダルメシアンと穏やかに過ごされている方も多いと思います。

ダルメシアンの場合気を付けなければいけないのは、聴覚障害で、この障害を持つ犬の場合、単に音を聞こえないというだけでなく、性格的にも扱いが難しい場合が多いとのことで、迎えるときに、聴覚障害については、よく確認した方が良いでしょう。

ダルメシアンは、小型の愛玩犬のように気軽に飼える犬種ではありません。大きさ的にも、性格的にも、それなりの覚悟ができる方が飼うべき犬種だと思います。

でも、ダルメシアンは数ある犬種の中でも、外観を含めて、かなり特徴ある犬種だと思い、しっかりとしつけて、信頼関係と主従関係を作っていけば、素晴らしいパートナー犬になる大きな可能性を秘めた犬種と感じます。

実際にそれを実感されている方も多いでしょう。

とても魅力を感じる犬種であることには間違いありません。

▼ダルメシアン メニュー

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼▼▼▼▼

☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」