■スポンサーリンク

柴犬生後5か月の男の子のしつけトレーニング前後の動画をご紹介しています。

この柴犬の男の子、まだ生後5か月で普通にしていればおとなしいのですが、何か気に入らないことをされると、突然豹変、大暴れします。

まだ生後5か月なので、普通のしつけトレーニングで、改善できる段階だったので、トレーニングを進めていくと、そういったこともなくなってきました。

しかし、柴犬の場合、これがすでに成犬に近い、またはなっていると、こういった攻撃的な行動を修正、改善するのがかなり難しくなります。

特に、噛み癖のついた成犬の柴犬は、それを完全に治すのは、このトレーニングでは不可能な場合もあります。

多くの柴犬は問題ないのですが、飼い主さん以外には懐きにくく、常に飼い主さんを守ろうとする本能の働きやすい性質を持つ柴犬は、咬むという事故の多い犬種でもあります。

しかも、一度咬み癖がついたら、前述の通り、治すのは非常に大変な犬種です。

子犬でも甘噛みをしたら、即座にかつ徹底的に止めさせることが特に重要な犬種なのです。

柴犬の飼い主さん一筋の性質の良いところをうまく引き出してあげれば、素晴らしいパートナー犬になってくれる犬種でもあるのですから。

トレーニング前の大暴れしたこの柴犬君も、トレーニングを始めて1週間後には、動画の通り、とても従順になってくれます。

これが1年後だったら、こううまくいくかどうかはわかりません。

では、動画をご覧になってみてください。

▼柴犬生後5か月の男の子 しつけトレーニング前

▼柴犬生後5か月の男の子 しつけトレーニング1週間後

家庭犬トレーニングでこう変わる!のページへ

▼柴犬メニュー

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼▼▼▼▼

☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」