犬の食事、フードは何が良い?

■スポンサーリンク

犬の食事はペットフードが良いのか?
あるいは手作りフードが良いのか?

犬を飼うときに、特に子犬を迎える時に、子犬の食事=フードをどうしようか、と迷われる方も多いのではないでしょうか?

結論から言えば、犬の禁止食、と言われる食材を与えなければ、市販のペットフードでも、手作りフードでもどちらでも、問題ない、というのが、一般的な答えとなるでしょう。

犬の食事に関して気をつけなければいけないのが食物アレルギーを持った犬です。人間と同様、ある特定の食材に対してアレルギーを持つ犬もいますので、そういった場合は、当然のことながら、その食材、あるいは成分が入った食事、フードは避けなければいけません。

アレルギーなどの心配がなければ、「フードを手作りする時間は取りにくいので、市販のペットフードでいいや」、これも全く問題ないでしょう。

ただし、別のページでも紹介していますが、犬によっては、”その犬に合わないドッグフード”もあるので、気をつける必要もあります。

市販のペットフードもメーカー種類共、たくさんあります。

また、子犬用、成犬用、高齢犬用など犬のライフステージに合わせたフードや、肥満、皮膚ケア、各種疾患、また避妊・去勢した犬に対応したペットフードも販売されています。

また、先に書いた食物アレルギーに配所されたペットフードを販売しているメーカーもあります。

高いから良い、安いからダメ、ということではないと思いますが、ある程度は信頼できるブランドの製品であれば安心だと思います。

愛犬の状態を一番よくわかる飼い主さんが愛犬に合ったフードを選んであげてください。

便の状態などを見ながら、いくつかの種類のフードを与えて、良いと思われるものを選ぶのもよいかもしれませんね。

また病気、疾患などを持った犬の場合、必要に応じて獣医さんのアドバイスも受けてみてください。

ペット・トライアングル姉妹サイトのペットフード情報専門サイト「ドッグフード・インフォ」では、「ドッグフード販売のページ」で、いくつかのブランドのペットフードをご紹介しています。それぞれのフードのメーカーへのリンクも付けてありますので、フード選びの参考にして下さい。

また、「市販のペットフードに、少し野菜をトッピングしてあげよう」、これも良いでしょう。

そして、もちろん、「食事は全部手作りで」これはOKですよね。ただ、この場合は、得に犬の禁止食と言われる食材、あるいは調味料などに注意が必要です。

「犬のための食事を用意するのは面倒だから、人間の食事の残り物をあげよう」、ちょっと昔はこのパターンも多かったかもしれません。もちろん、絶対だめとはいえません。でも、基本的には、これはお勧めできません。人間の食事は調味料などが多く使われていたり、また、より禁止食が混入する危険性が増してしまいます。

こういった犬の食事、フードに関して、以降のページでもう少し詳しく書いていきたいと思いますので、ご興味ある方は、ご覧になってみてください。

また、食事にかかわることとして、下痢というのも犬にはよくあることで、この犬の下痢に付ついてのページも最後の方にありますので、併せてご覧ください。

犬の食事・フード

  1. 犬の食事、フードは何が良い?
  2. 犬の市販のペットフード
  3. その犬に合わないドッグフード例1
  4. その犬に合わないドッグフード例2
  5. ドッグフードを食べない時
  6. 犬の手づくりフード
  7. 犬の下痢の対処法

★amazonで販売されているドッグフードをペット・トライアングル姉妹サイトの「ドッグフード・インフォ」のサイトからご購入いただけます。
▼ドッグフード販売 【ドッグフード・インフォ】をご覧ください。

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼▼▼▼▼

☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」