犬の市販のペットフード

■スポンサーリンク

手軽で確実な市販のペットフード、
高い、安いより、合う、合わないで・・・

犬の食事、フードで手軽で、確実なのが市販のペットフードです。以前、また最近も中国製のペットフードやビーフジャーキーでの問題がアメリカで発生しましたが、基本的に通常日本のペットショップやホームセンターで販売されているペットフードは問題ないと思います。

もちろん、有名なブランドだからといって、100%安心とは言えないかもしれません。しかし、多くの、そして長い実績のあるブランドは信頼性は高いと考えます。

通常のペットフードにはきちんと規定された表示がされているので、その表示の有無、そして内容を確認してみてください。このサイトの犬に関するお役立ち情報「ドッグフードの表示」のページがありますので、ご参考にして下さい。

ペットフードを選ぶとき、基本は、犬には犬用のペットフードを与えてください。猫用のペットフードを犬に与えても短期的には問題ないかもしれませんが、長期的には栄養バランスの違いから問題が発生することもありえます。ちなみに、猫に犬用のペットフードを与えるのは厳禁です。理由は前述の「ドッグフードの表示」のページに書いてあります。

ということで、以下はペットフードの中でも犬用のドッグフードについて全て書いていきます。

さて、市販のドッグフードといっても、その種類は多岐にわたっています。まず、ドライからウェットなどで、犬によってはウェットの方が食べる場合もあるようですが、与えやすさ、保存などを考慮すると、やはり一番便利で安心なのは、ドライタイプでしょうか。

そして、犬のライフステージに併せたフードも、今はどこのメーカーでも出しています。

子犬には、子犬用、幼犬用、パピーあるいはグロースなどと言われるタイプ、成犬には成犬用、メンテナンスなど、また老犬用、高齢犬用、シニア犬用などは、犬の年齢で表示しているドッグフードも見られます。

基本的には、子犬用は成長を助けるためにカロリーが高めに、成犬用は犬の状態を維持(メンテナンス)、つまりメタボにならないようにするためにカロリーは適度に、そして高齢犬用には、カロリーを控えめになどの配慮がされています。こういった特性をそれぞれのフードで確認しておけば、必要に応じて、例え成犬であっても、子犬用や高齢犬用を与えることもできます。

ただし人間と同様、犬も年齢だけで区分できるものではありません。

犬の状態を見ながら、適切なフードを上げてください。

例えば、生後6ヶ月の子犬でも、少し太り気味になってしまった、と言う場合は、成犬用を与えるなどすることも必要な場合があります。

ドッグフードの値段もピンからキリまでありますよね。

特殊な用途を持つドッグフード、例えば療法食的なものなどは、高いようです。

でも、例えばメタボな肥満の犬のためのフード、皮膚疾患がある、糖尿病にかかってしまった、などの何らかの疾患がある場合、また避妊・去勢した犬に対応したフード、そして最近は食物アレルギーや、糖尿病に対応したドッグフードも販売されています。

そういった犬に対しては、目的別ドッグフード、療法食が役に立つ場合もあるかも知れません。

場合によっては、獣医さんのアドバイスを頂いて選んでください。ただし、動物病院で療法食を買うと、かなり高いので、このサイトでも扱っているamazonなどでは、同じ療法食をかなりリーズナブルに買える場合もあるので、必要な場合は、ペット・トライアングル姉妹サイトのドッグフード情報専門サイト「ドッグフード・インフォ」にある「ドッグフード販売 【ドッグフード・インフォ】」のページをご覧になってみてください。

普通の犬であれば、基本的には飼い主さんの好みで選んであげればよいでしょう。犬は自分では選べませんからね。

ただし、市販のドッグフードでも、犬よっては、合う、合わない、というのがたまにあります。これは、一般に高いメーカーのドッグフードだから大丈夫、というものではありません。有名メーカーのドッグフードを与えていたら、便の調子がよくなかったけど、ホームセンターの安いドッグフードに変えたら、調子よくなった、なんでこともあります。

選んだドッグフードがその犬に合っているかどうかは、犬の便の状態を見て判断してください。基準は人間とほとんど同じでよいと思います。気になる方は、獣医さんに聞いてみてください。

この市販のドッグフード、どれでもよいととは言いましたが、その犬に合っているドッグフードと、合わないドッグフードでは、便だけでなく、犬の状態が驚くほど変わります。実際の例を2つほど、簡単に紹介していますので、次のページをご覧ください。

▼ジャーマンシェパードがフードの銘柄を変えたら驚くほど良くなった例

★amazonで販売されているドッグフードをペット・トライアングル姉妹サイトの「ドッグフード・インフォ」のサイトからご購入いただけます。
▼ドッグフード販売 【ドッグフード・インフォ】をご覧ください。

犬の食事・フード

  1. 犬の食事、フードは何が良い?
  2. 犬の市販のペットフード
  3. その犬に合わないドッグフード例1
  4. その犬に合わないドッグフード例2
  5. ドッグフードを食べない時
  6. 犬の手づくりフード
  7. 犬の下痢の対処法

★amazonで販売されているドッグフードをペット・トライアングル姉妹サイトの「ドッグフード・インフォ」のサイトからご購入いただけます。
▼ドッグフード販売 【ドッグフード・インフォ】をご覧ください。

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼▼▼▼▼

☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」