犬大好きでもっと犬のことを知りたいユミカちゃんと、若いドッグトレーナーのマコト君がゴールデンレトリバーの性格について話しています。ユミカちゃんは、公園で会ったゴールデンレトリバーがとても元気で人懐っこかったようなんですが…。でもマコト君は、少し注意しなければならないゴールデンレトリバーの性格についての話もあるようで…。

■スポンサーリンク

ユミカユミカ

さっきの公園にいたゴールデンレトリバー、無茶苦茶元気だったね。それにとっても人懐っこくて、やっぱりゴールデンレトリバーはいい性格よね。


マコトマコト

そうだね。ゴールデンレトリバーは元気で明るい、まさに天真爛漫な性格だね。見た目のカッコよさ、可愛さにあの性格だから、人気なんだろうな。


ユミカユミカ

ゴールデンレトリバーと一緒だと毎日がとーっても楽しそうね。


マコトマコト

そうだね。でも、大きな犬だからしっかりとしつけてあげないと、けっこう危ない犬にもなってしまう、そんな一面も持っているのがゴールデンレトリバーなんだよ。


ユミカユミカ

えーっ、ゴールデンレトリバーが危ない犬だなんて、信じられない!


マコトマコト

もちろん、もともとのゴールデンレトリバーは人に対してもとってもいい性格だよ。でも、しっかりしつけをしないとだんだんゴールデンレトリバーは、自分が一番と勘違いしてくるんだ。


ユミカユミカ

つまり飼い主である人間よりも自分の方が偉い、と思っちゃうってこと?


マコトマコト

そうなんだ。そうなると、もともと元気で活発なゴールデンレトリバーだから、吠え方もすごいし、それに自分がいやだと思うことをされると攻撃的なことだってするようになってしまう。実際に、そんなゴールデンレトリバーもいるんだよ。


ユミカユミカ

あの人懐っこさからは、想像できないけど・・・。


マコトマコト

でも、僕のしている人の中にも、ゴールデンレトリバーに突然噛まれて大怪我をした人もいるんだ。普段は、そんなことをするような犬じゃなかったんだけどね。


ユミカユミカ

本当?でもあの大きな口で噛まれたら大変じゃないの?


マコトマコト

そうなんだ、かなりの大怪我だったんだ。


ユミカユミカ

やっぱり大きな犬は、特にしつけが大切なんだね。


マコトマコト

どんなに性格のいい犬でも、どうやって飼うか、どうしつけるかで、その性格も悪い方に変わってしまうからね。では、ゴールデンレトリバーの性格については、この下にもう少し詳しく書いてあるから見てみようか。

ゴールデンレトリバーの性格について

ゴールデンレトリバーゴールデンレトリバーは大型犬の中でも人気の犬種です。

見た目もかっこいいのですが、人気の秘密はその明るい性格にあるのかもしれません。

でも、そのイメージが全てのゴールデンレトリバーに当てはまるかと言えば、必ずしもそうではありません。

具体的には?というようなことも含めて、ゴールデンレトリバーの性格を事実に基づいた経験からもご紹介したいと思います。

具体的な内容は下のメニューになっていますので、順番に、あるいはご興味ある所からご覧ください。

ゴールデンレトリバーの性格 メニュー

■スポンサーリンク

ゴールデンレトリバー、言わずと知れた天真爛漫の大型犬

ゴールデンテトリーバーの性格は、みなさんご存知の通り、明るくて、活発、人懐っこく誰からも愛される、その性格が人気となる大きな要素となっている犬種です。

その性格から、大型犬とはいえ家庭犬として、不動の位置を築いています。

でもだからこそ、あえてゴールデンレトリバーの性格面で気を付けなければいけないことについて、お伝えしたいのです。

ゴールデンレトリバーの性格は、と聞かれれば、まさに天真爛漫、活発で明るい人懐っこい犬種と応えるでしょう。

これは良い意味でも、悪い意味でも。

まずは誰もが知っているゴールデンレトリバーの性格の良い面から書いていきたいと思います。

基本的にとても人懐っこい性格で、誰にでも尻尾を振って近づいていく、そんなとてもフレンドリーな性格がゴールデンレトリバーの代表的な性格です。

人が大好きで、人に対してとても甘えん坊で、とにかく人と遊んでいたい、こういう性格ですよね。

大型犬とはいえ、愛玩犬のような側面ももっているのが、ゴールデンレトリバーの性格です。

そのため、あまり大型犬という意識なく飼っている方も少なからずいらっしゃるようにも思えますが…。

いずれにせよ、明るく活発で人懐っこい、天真爛漫な性格がゴールデンレトリバーの一般的に言われる、良き性格です。

ゴールデンレトリバー 天真爛漫な性格には注意も必要です

では、次にゴールデンレトリバーの悪い面についても書いていきましょう。

明るく活発、人が大好き、そんな性格のゴールデンレトリバーは、特段のしつけがされていければ、人が近づいてきたら喜んで飛びついていくこともあるでしょう。

飛びつかれる人もうれしいかもしれませんえ。

大きなゴールデンレトリバーが飛びついてきても、しっかりと受け止められるだけの体力のある人であれば。

子供であれば、もっとうれしいかもしれませ。

でも、ゴールデンレトリバーが天真爛漫な活発さでそのままの勢いで飛びついてきたら、小さな子供であれば簡単に倒されてしまうのは容易に想像できますね。

そうなると倒された子供が怪我をしないとも限りません。

もちろん、子供だけでなく、お年寄りや、普通の大人でもゴールデンレトリバーの重さと力を考えたら、気を付けなければいけません。

ゴールデンレトリバーに何の悪気はなくても、結果的に、人を怪我させてしまうという大型犬ならではの危険性があるのです。

だから、このゴールデンレトリバーの天真爛漫な性格を、より誰からも愛される性格にするためには、しっかりとした家庭犬としてのトレーニングは必須なのです。

ゴールデンレトリバーは、ジャーマンシェパードやドーベルマンと違って、その犬を見たから、あるいはその犬の存在で警戒されたり、威嚇されたりすることは少ないかもしれません。

だからこそ、注意が必要でもあるのです。

基本的なしつけトレーニングがゴールデンレトリバーの良い性格を引き出す

しっかりとしたトレーニングと言っても、本来どんな犬にも行うべき、基本的なことで、決して特別な難しいトレーニングではありません。

勝手に飼い主から離れない=リーダーウォーク、スワレ、マテ、オイデが指示に従って即座に、しっかりとできる、この基本的なしつけトレーニングだけで十分なのです。

ゴールデンレトリバーの天真爛漫な明るい性格は、しっかりとした家庭犬トレーニングを行ってこそ、その良さが引き出せ、まさに誰からも愛される性格のゴールデンレトリバーになるのです。

その基本的なしつけが出来ていないと、ゴールデンレトリバーの明るく活発な性格が暴走しかねないのです。

そうなると、何の悪気のないゴールデンレトリーバーがいつの間にか悪者にされてしまうことにもなりかねないのです。

かわいいゴールデンレトリーバーをそんな目には合わせたくないですよね。

だからこそ、ゴールデンレトリーバーの飼い主となる人間は、基本的なしつけトレーニングを確実に行い、ゴールデンレトリーバーの天真爛漫な性格をうまくコントロールしてあげる必要があるのです。

それが出来れば、まわりのゴールデンレトリーバーに対する目は、大きくても明るく活発な安全な犬、という印象を持ってくれることでしょう。

愛玩犬のような感覚で接しがちなゴールデンレトリーバーですが、大型犬として適切にしつけをすることで、ゴールデンレトリバーの良い性格をそのまま引き出してあげることが出来るのです。

でも、もしそれが出来ていない場合は、ゴールデンレトリバーの活発な性格が悪い方向へと向かってしまうこともあるのです。

もっと言えば、かなり危険な性格になってしまったゴールデンレトリバーが事実として少なからずいるのです。

実は、ゴールデンレトリバーは、私たちの立場から見ると、要注意犬種のひとつでもあるのです。

ゴールデンレトリバーだから性格に問題がないとは限らない

ゴールデンレトリバー、ほとんどは良い犬だと思います。

でも、中には要注意、危険な性格のゴールデンレトリバーも少なからずいます。

ゴールデンレトリバーのすべてが、人が大好き、というわけではないので、注意が必要なゴールデンレトリバーも少なからずいるのが現実です。

攻撃的な性格のゴールデンレトリバーの、実際にあった例をご紹介していきます。

うちのお店ではありませんが、トリミングショップ、ペットホテルでゴールデンレトリバーに噛まれて、重傷を負った例です。

トリミング中にゴールデンレトリバーに顔をかまれて重傷をおったトリマー

トリミングショップで、女性のトリマーさんがゴールデンレトリバーのトリミングをしていました。

ところ、何かが嫌だったのか、気に障ったのか、突然そのゴールデンレトリバーがものすごい勢いで、トリマーに噛みついてきました。

トリマーさんは、顔をかなり深く噛まれて、重傷を負ってしまいました。

普段はおとなしいゴールデンレトリバーなのですが、突然の豹変でした。

ペットホテルで散歩から帰って足を拭こうとしたら突然噛みついてきたゴールデンレトリバー

ペットホテルでは、一般的に預かっている犬の散歩もします。

その日もいつものように、ホテルで預かっているゴールデンレトリバーをペットホテルの従業員が外に散歩に連れていきました。

普段は特に噛むような様子を見せることのないゴールデンレトリバーです。

散歩から戻り、部屋に入れる前にそのゴールデンレトリバーの前脚をタオルで拭いて、後ろ足の裏を拭こうとして後足に触った瞬間でした。

ゴールデンレトリバーがやはりものすごい勢いで噛みついてきたのです。

足を持とうとしていた女性従業員の手のひらをゴールデンレトリバーはほとんど手加減なく嚙みついたのでした。

その結果、その女性従業員は手のひらに全治2ヶ月の重傷を負ってしまいました。


この2つの例は、普段から攻撃的でどうしようもない、というゴールデンレトリバーではなく、普段は特にそういう態度を全く見せないゴールデンレトリバーです。

でも、何か自分にとって嫌なことをされたときに、突如として攻撃的な性格面が出てしまう、という例で、ある意味ではとても怖いかもしれません。

ゴールデンレトリバーは、大型犬です。

小型犬でも咬まれるとかなりの怪我を負いますが、大型犬の場合、同じように咬まれても、そのダメージはかなり大きなダメージとなってしまいます。

少なくとも、私が身近で聞いた、トリミングショップやペットショップでの噛まれての重症例は、この2つですが、たまたまなのか、それが両方ともがゴールデンレトリバーだったのです。

実はペットホテルの従業員の例は、うちの娘が東京のペットホテルで働いていたときのことなので、かなり身近な出来事です。

たまたまゴールデンレトリバーだったのかもしれませんが、少なくとも、このような性格的な要素を持つゴールデンレトリバーが存在するということは確かです。

そして、このようなゴールデンレトリバーは、まだまだいるということは確かだと思います。

私の家の近くにもゴールデンレトリバーを飼っている家が2件ありあすが、そのうちの1頭は、犬の散歩の途中で出会うと、うちの犬を見たとたんに物凄い勢いで吠えてきます。

飼い主さんがなだめても、姿が見えなくなるまで吠え続けています。

またもう1頭のゴールデンレトリバーも、これまた吠えまくるのです。

こちらのゴールデンレトリバーは飼い方にも問題があるのですが、外のログハウスのような立派な犬小屋のところに係留されている外飼いにされているゴールデンレトリバーです。

このゴールデンレトリバーは、歩いてのみならず、車で前を通っても、係留している鎖が切れるのではないかというくらい、大暴れをしながら吠えまくるのです。

こんなことを書いていると、私の近くにはそんなゴールデンレトリバーしかいないみたいですが、そうではありません。

散歩ではとても従順なゴールデンレトリバーにも会いますし、お店にも数頭のお得意様のゴールデンレトリバーがいますが、みんな活発で明るいですが、攻撃的な面を見せるゴールデンレトリバーは今のところいないようです。

だから、数としては問題ないゴールデンレトリバーのが確実に多いと思いますが、かなり危ない性格を持った、というかそういう性格になってしまっているゴールデンレトリバーも確実に、少なからず存在しているのです。

次の章では、ゴールデンレトリバーがどうしてそういう性格になってしまうのか、その要因について書いていきます。

■スポンサーリンク

ゴールデンレトリバーが攻撃的な性格になる要因

このような攻撃的な性格を持つゴールデンレトリバーは、その性格を持つようになった要因が2つ考えられます。

ひとつは先天的性格の要因です。

ゴールデンレトリバーは現在でも人気のある大型犬ですが、ひと昔前、一時的に異常な人気になった時期がありました。

人気になった犬種の常で、その時期にはゴールデンレトリバーのにわかブリーダーが急増したのです。

人気が出たからこの犬種の子犬を生ませてうとうとするにわかブリーダーに、まともなブリーダーはほとんどいませんん。

結果、そういったブリーダーによるゴールデンレトリバーの乱繁殖が問題になりました。

近親交配、気性の荒い犬をかまわず交配に使ったりすることにより、もって生まれた性格に問題のあるゴールデンレトリバーがかなり生まれてきたと容易に推測されます。

そして、そういった、性格、気性の血統のゴールデンレトリバーがまだまだいるかもしれないのです。

そういったゴールデンレトリバーでも、飼い主となる人間が適切な飼育環境でしつけトレーニングをすれば、全く問題のないゴールデンレトリバーになるでしょう。

しかし、そういった先天的性格に問題のあるゴールデンレトリバーを自由にさせてなんのしつけもしなければ、その中から攻撃的な性格が強調されてしまう犬もいるでしょう。

またもうひとつは、後天的な性格要因です。

この後天的な性格要因にはまた2つの要因があります。

そのひとつはブリーダーのところでの生まれた後の育てられ方です。

ブリーダーが生まれた子犬を犬任せにして、人間の手をかけずに成長した子犬、こういう犬は人間に対して抵抗感を持つまた場合によっては攻撃的になる可能性が高くなります。

ペットとなる犬は、親犬だけでなく人間の手も加えて、人間に対する抵抗感をなくし逆に人間に対する愛着を持たせるようにすることが重要なのです。

まともなブリーダーはみんなそうしています。

そしてもうひとつの後天的な性格要因、これはブリーダーの元を離れ、当た太しい飼い主さんの家庭に迎えられてからの、飼い方・しつけ方の要因です。

人懐っこくて活動的な性格が、飼い方・しつけ方によっては、我儘で攻撃的な性格に代わってしまう可能性もあるのです。

具体的に言えば、前述の吠えるゴールデンレトリバーのように外飼いにして番犬のように飼えば、自然に吠える犬になってしまいます。

また、室内で飼ったとしても何のしつけもせずに室内を自由にさせていれば、その家はゴールデンレトリバーのテリトリーとなり守るべき場所となります。

一緒に暮らす人間は自分より格下なゴールデンレトリバーがリーダーとして守るべき存在となってしまいます。

そうなると、ゴールデンレトリバーとはいえ、犬の本能に従って守る=近づく者には威嚇する、攻撃する、という行動を取るようになってしまうのです。

また、躾け方の問題がある場合もあります

フードやおやつ、あたおもちゃんなどをご褒美として使うしつけを行うと、先天的な性格によっては、犬の獲物を獲るという犬の本能を刺激してしまい、攻撃的な面が強調されてしまうこともあるのです。

だから、天真爛漫なゴールデンレトリバーだからこそ、適切な飼い方・しつけ方がとても重要なのです。

また、適切な飼い方・しつけ方をすれば、少しぐらい問題のある先天的な性格要因を持つ犬でも、後天的な性格を改善できる可能性があるのです。

ゴールデンレトリバーが本来持っている、天真爛漫で明るく、人大好きという、この犬の性格の良い面を、飼い主さんにはぜひ引き出してほしいと思います。

※犬の先天的性格と後天的性格についてはこちらをご覧ください。

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

▼ゴールデンレトリバーメニュー

▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info