ジャーマンシェパードに躾は、必需品です。小さな愛玩犬であれば、多少わがままでも、それもかわいいところとして、ほっといても何とかなる(本当はよくありませんが)かもしれませんが、ジャーマンシェパードが我儘になってしまうと、とんでもないことになります。

もともと、私がご紹介していたジャーマンシェパードの犬舎では、性格にも注意して交配を行っていました。つまり、気性が荒かったり、性格的に扱いにくい犬は交配には、絶対に使いません。

それもあってか、この犬舎のジャーマンシェパードはとても人懐っこい子ばかりでした。本来、ジャーマンシェパードは、扱い易い犬種だと思いますが、やはり人間と同じで、個々の性格はそれぞれ違います。そういった性格面のばらつきを抑えることも、ペットとしてはとても重要だと思います。

たまに、ジャーマンシェパードが悪者になるような事件、事故が起こっていますが、これらはすべて、ジャーマンシェパードの問題ではなく、飼育管理している人間にすべての責任があると思います。

■スポンサーリンク

しつけのポイントは主従関係と信頼関係

さて、そのジャーマンシェパードの躾ですが、一般的にジャーマンシェパードというと、必ず訓練所に預けなければいけない、と思っている方も多いかもしれません。

でも、ジャーマンシェパードはもともととても賢く、従順な犬種です。したがって、ペットとして人間と一緒に生活する家庭犬としてであれば、訓練所に預けなくても、充分に躾は出来ると思います。

犬の飼い方しつけ方のところで、子犬のしつけ方も書いてあるので、ご参考にして下さい。

重要なのは子犬と飼い主さんの主従関係と信頼関係を築くことです。具体的な方法はここでは書きませんが、犬は教えたとおりに反応してくれます。

>>> 続きを読む

ただし、一度教えて出来たらそれが続くとは限りません。出来たことを繰り返し、繰り返し、場所を変えたり、時間を変えて、いつでもどこでも出来るように教えていきます。

ここで頑張るのは、教える人間の方で、しつけは教える人間の「絶対にこの子を誰からも愛される犬に育てる」という強い心と、単純なことを繰り返し教え続けられる教える人間の”忍耐力”です。

これを飼主となるご家族それぞれがしっかりと行っていくことが必要だと思います。

そして、してはいけないこと、例えば、電気のコードをかじるとか、花や観葉植物を食べるなど、身体に危害の加わる可能性のあることはもちろんですが、家の中のものをかじったりとか、入ってほしくないところに入れないようにするとか、それぞれのご家庭固有の事柄もあるかと思います。

このしてはいけないことも、ひとつひとつ、わざとそれをやる状況を作りながら、それはやってはいけないということを忍耐強く教えて生きます。

最初に、リーダーウォークトレーニングでしっかりと犬との主従関係と信頼関係を築いていけば、普段よく使うコマンドである、”スワレ”、”マテ”、”フセ” ”オイデ”だけではなく、やってはいけないことを止めさせる、など全てのことが教えやすくなってきます。

競技会や展覧会の出したりすることはなく、普通にペットとして一緒に暮らしていくだけであれば、以上のことをしっかりとできるようにするだけでも、充分にくジャーマンシェパードとの生活をトラブルなく楽しむことができると思います。

問題は、これらのコマンドをしっかりと入れられる、してはいけないことを教えられるかどうか、です。

大型犬のジャーマンシェパードとはいえ、生後2~3か月ぐらいは、まだ子犬らしくとてもかわいく、そこからのスタートの場合、かわいい、かわいいが先に立ち、どうしても厳しくなれない、という方がけっこういらっしゃるようです。

でも、結果的にそれが、あとで犬と人間双方に”災い”を引き起こしこともあるのです。

厳しくしつけることが、子犬にかわいそうだ、と感じる方もいるかもしれませんが、やってはいけないことをしっかりと教えて、そのストレスをすぐにしっかりと取り除いてあげると言うことを出来るだけ大きくメリハリつけて接することにより、ジャーマンシェパードはその人間に安心して服従し、かつ信頼してくれます。

食事を与えるだけ、おやつをあげるだけ遊んであげるだけの人間は、犬にとっては自分よりも下の立場と認識してしまいます。

厳しくすると子犬にきらわれてしまうのではないか、と心配する方もいらっしゃるかもしません。でも、それは全く反対です。

もちろん、いつも怒るだけであれば嫌われてしまうかもしれません。でも、厳しくしたら、直後に必ず優しくフォローすることによって、子犬はより信頼を寄せ、従順になり、飼い主さんによりぴったりと付いてくるようになるのです。

これは、実際にやってみれば、実感としてよくわかるかと思います。

メリハリのある躾、これが、ジャーマンシェパードなど賢い犬には特に重要だと思います。

でも、自分でやるのは面倒だし、うまくできないなどといういことで、訓練所に預けてしまうということを選択肢として考える方もいるかもしれません。

しかし、訓練所へ預けても、ほとんどの場合、訓練士の言うことはものすごくよくきくけど、家に戻っても、飼主の言うことはほとんどきかない、ということになってしまいます。

頭のいいジャーマンシェパードは、相手にする人間、場所、時間など、いろいろな状況を判断して行動します。したがって、相手が変われば態度も変えます。

従って、最終的にはやはり飼主さん自身が、犬との主従関係と信頼関係を作らなければいけないのです。

>>> 閉じる

■スポンサーリンク

訓練所に預けるのもひとつの方法だけど・・・

もちろん、そんなことを必要としない犬もいるかもしれません。でも、ラブラドールレトリバーが必ず盲導犬になれるとは限らず、実際に盲導犬になれる資質を持つ犬はごくわずかです。

それでも、やはりそれを迎え入れる方は一緒に訓練を受けなければなりません。それと同じことです。

もし、どうしてもそれはできないと言うことであれば、犬を恐怖で洗脳してしまうような訓練所に預けるしかないでしょう。ただし、そうなった犬はとてもかわいそうですね。

したがって、本来、躾を行うつもりがない方は、ジャーマンシェパードを飼ってはいけなと考えます。

ただし、適切な方法で訓練を行う(フードなとは使わず、犬との主従関係と信頼関係と育む方法を行う)訓練所へ預けるのは、有効ではあると思います。

>>> 続きを読む

一度、犬自身に誰かに服従するという体験をさせることで、犬自身の人間に対する服従心があがり、戻ってきた直後は、飼主さんにとっても、とてもしつけやすい状態になっているので、一から躾を行うよりも、楽にしつけられると言うことはあると思います。

ただし、その場合も、飼主さん自身が、しっかりと忍耐強くトレーニングを行うと言うことが必要となるのは同じです。

また、訓練所に預ける場合は、事前によくその訓練所のことを調べて、この訓練所だったら安心して預けられる、ということを確信する必要もあるでしょう。

訓練所での訓練方法などによっては、戻ってきてから、逆にとても扱いにくい犬になってしまうと言うことも、少なくないようですから。また、場合によっては犬の身体に障害が出てしまう場合もありえます。

訓練所で適切にしつけられたとしても、訓練所から戻って飼い主さんが今まで通りしつけを何もしなければ、すぐに元に戻ってしまいます。

一度訓練所で適切にしつけされた犬は、飼い主さん自身でもしつけやすい状態になっています。訓練所から犬が戻ったらすぐに、飼い主さん自身がしつけトレーニングを行い、飼い主さん自身と犬との主従関係と信頼関係を作るのが最も重要なポイントです。

家庭犬としてのしつけであれば、難しいことは決してありません。犬に対する本当の強い愛情と、忍耐力があれば、必ず出来ます。

もしこれをやらないと、訓練士のいうことはきくけど、飼い主のいうことはきかない、というパターンになってしまうでしょう。

>>> 閉じる

でも、やはり家族の一員として迎えるのであれば、出来る限り、訓練所へ預けないでまず頑張ってみて欲しいと思います。決して難しいしつけではありません。

それによって、より犬との関係も深いものになっていくはずです。

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■スポンサーリンク

▼ジャーマンシェパードについて メニュー

  1. ジャーマンシェパードはこんな犬
  2. ジャーマンシェパードには2つのタイプ
  3. ジャーマンシェパードは賢く従順
  4. ジャーマンシェパードは股関節に注意
  5. ジャーマンシェパードと暮らす心構え
  6. ジャーマンシェパード成長期の体重管理
  7. ジャーマンシェパード成長期の運動管理
  8. ジャーマンシェパード しつけは重要
  9. ジャーマンシェパードは大きな癒し犬
  10. ジャーマンシェパードの歴史
  11. ジャーマンシェパード子犬販売情報 by HIAS

▼飼い主さんへのお役立ち情報 メニューページへ


▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info