1頭の犬を飼い始めると、もう1頭飼ってみようかな、と考える人も多いのではないでしょうか。

そして、特に最近は実際に2頭目を飼う方も多くなってきたように思います。

そんな2頭目の犬を飼う場合、1頭目の犬がとても良い子で、手のかからない子宝という理由から、2頭目の犬も1頭目と同じ犬種を選ぶ方もいらっしゃいます。

が、そんな期待から同じ犬種にしたのに、1頭目とは全く性格が違って、苦労している、という声もしばしば聞くように思います。

実際に、しつけ相談にいらっしゃる方でも、そんな方が何人かいらっしゃいました。

でも、それはごく当たり前のことなのです。

同じ犬種だからと言って、同じ性格だとは限らない、というよりも、同じ犬種でも、個々の犬にはそれぞれ個性があるので、10頭いれば、性格も10通りです。

これは、人間と全く同じなのです。

同じ日本人でも、いろいろな人がいますよね。

世界中にはいろいろな人種がいますが、外見的な大きな特徴はあるかもしれませんが、特に性格面では、やはりそれぞれの人種にいろいろな性格の人がいます。

犬も全く同じです。

というか、犬の場合は人間よりもはるかに多様性があります。

現在の血統書付きの犬種でも、もとをたどれば、いろいろな犬種を交配されながら作られてきた犬種です。

例えば、ジャーマンシェパード、日本では警察犬として有名ですが、この犬種も比較的最近作られた犬種で、もととなる犬にいくつかの犬種を交配させながら、現在の形が作られてきたのです。

従って、現在の犬には、はるか昔の犬から代々、数え切れないほどの犬の遺伝子が受け継がれているのです。

もちろん、近い先祖のものが出やすく、だからひとつの犬種として固定されるのかもしれませんが、それでもその近い祖先でもいろいろな犬がいます。

でも、特に性格、気質的な面では、たとえ外観がほとんど同じでも、個々の犬では全く違うのです。

従って、犬種というくくりが全く関係ないとは言いませんが、この犬種だからこういう犬だろうという期待は、ほとんど無意味というか、期待すること自体が無理だと思います。

それよりも、どんな性格でも受け入れて、飼い方・しつけ方で飼い主さんが扱いやすい、誰からも愛される犬に育ててあげることの方が大事だと思います。

▼ドッグトレーナーの独り言

▼サイトコンテンツ