前回、この犬種だから・・・、という期待はしない方が良いというようなことを書きましたが、でも、同じ親犬から生まれた子犬であれば、親犬と同じような性格の子犬が期待出来るのではないか、と思う人もいるようです。

でも、同じ犬種でしかも同じ親であったとしても、生まれた子犬にはそれぞれ全く違った性格、」気質が現れます。

もちろん、中には親犬と同じような気質、性格の子もいる確率は高いかもしれません。

でも、生まれた子犬みんなが親犬と同じではありません。

例えば、お腹の大きくなった母犬が出産をして、5頭の子犬が産まれました。

この5頭の子犬たちは、みんな親犬と同じような性格をしているかといえば、そんなことはないのです。

もちろん、子犬の中には、親犬と似たような性格の子犬もいるでしょう。

でも、その5頭の子犬たちの性格もそれぞれ違うのが普通なのです。

めちゃくちゃ元気のいい活発な子犬もいれば、とてもシャイでおとなしい子犬もその5頭の中にはいるかもしれません。

親の気質や性格とは全く違う子犬の方が多いでしょう。

性格だけではありません。

もちろん、見た目はみんなその犬種と一目でわかる外観ですが、大きさについては、その5頭の中で、親犬よりも大きくなる子犬もいれば、親犬よりも小さくなる子犬もいるかもしれません。

たとえ、両親犬が小さくても、大きくなる子犬が産まれることもあります。

もちろん、両親犬が小さい犬であれば、小さい子犬が産まれる確率は高いかもしれません。

子犬は遺伝子によって心身の影響を受けるので、直近である親犬の遺伝子の影響は受けやすいかもしれません。

でも、遺伝子は親犬から受け継ぐ遺伝子には、単にその親犬だけでなく、はるか昔から受けついてくるたくさんの祖先犬の遺伝子も入っているのです。

従って、直接の親犬だけでなく、祖父犬、曾祖父犬、そしてもっと前の祖先犬の遺伝子の影響もあるでしょう。

だから、よくペットショップで、子の子犬の両親犬は、○kgと○kgで、両方ともとても小さいので、この子犬もそのくらいで収まるはずです、というようなことを言われることがあるようですが、結果的にその子犬は親犬よりもかなり大きくなり、トラブルになるというケースがけっこうよくあるのです。

もちろん、親犬に近くなる可能性は高いのかもしれませんが、絶対ではありません。

親犬だけでなく、代々の血統的にそうであれば、確率はより高くなると思いますが、それでも絶対では二でしょう。

これも人間で考えれば、当たり前のことです。

背の低い親から生まれた子供が、成長したら親よりはるかに高くなったということはよくあることですからね。

もちろん、両親犬が小さい犬であれば、小さい子犬が産まれる確率は高いかもしれません。

子犬は遺伝子によって心身の影響を受けるので、直近である親犬の遺伝子の影響は受けやすいかもしれません。

でも、遺伝子は親犬から受け継ぐ遺伝子には、単にその親犬だけでなく、はるか昔から受けついてくるたくさんの祖先犬の遺伝子も入っているのです。

従って、直接の親犬だけでなく、祖父犬、曾祖父犬、そしてもっと前の祖先犬の遺伝子の影響もあるでしょう。

だから、よくペットショップで、子の子犬の両親犬は、○kgと○kgで、両方ともとても小さいので、この子犬もそのくらいで収まるはずです、というようなことを言われることがあるようですが、結果的にその子犬は親犬よりもかなり大きくなり、トラブルになるというケースがけっこうよくあるのです。

もちろん、親犬に近くなる可能性は高いのかもしれませんが、絶対ではありません。

親犬だけでなく、代々の血統的にそうであれば、確率はより高くなると思いますが、それでも絶対では二でしょう。

これも人間で考えれば、当たり前のことです。

背の低い親から生まれた子供が、成長したら親よりはるかに高くなったということはよくあることですからね。

見た目がそっくり親子もけっこう多いと思いますが、意外に背の高さや性格は違うということもあります。

犬も同じなんです。

▼ドッグトレーナーの独り言

▼サイトコンテンツ