私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。そして、どうか覚えていてください。私がずっとあなたを愛していたことを

Go with me on difficult journeys. Everything is easier for me if you are there. Remember I love you….

最後の10番目の約束 「私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。そして、どうか覚えていてください。私がずっとあなたを愛していたことを。」

何度読んでも、この文章はとてもせつなく、思わず涙があふれてしまいます。

でも、小さなかわいい子犬を迎えたばかりの時は、この子犬が死ぬ時のことなんか考えたくないし、想像もできませんよね。

これから一緒に暮らしていこうという子犬と、その子犬が死ぬ時の約束と言われても、そんなこと自体、想像したくもないというのが、どんな飼い主さんでも思うことだと思います。

■スポンサーリンク

でも、9番目の約束「私は10年くらいしか生きられません。だから、できるだけ私と一緒にいてください。」と一緒に考えると、この約束こそ、迎えた時に約束すべきことなのかもしれません。

どんなに小さいうちに子犬を迎えても、その子犬が成長し、ほとんどの場合、どこかで犬の方が飼い主さんより年上になり、そして、犬が年老いて、飼い主さんよりも先に逝ってしまいます。

そして、犬の生涯は、10年から20年ぐらいです。10年といえば、生まれた子供が小学生の半ばぐらい、20年といえば、成人になるくらいの期間です。決して短い時間ではありません。

でも、それが一生ということであれば、全く違います。人間の平均寿命が80歳ぐらいまで伸びている現在、犬の寿命は、長くても人間の1/4、大型犬などは1/8ということになります。

この長くて、短い10年、20年という歳月を犬と一緒に暮らす間、犬も年老いていきますが、人間も大きく変わっていきます。もし、子供のうちに飼い始めれば、成人して、もしかしたら結婚して、子供もうまれているかもしれません。

飼い主さんの環境が変わっても、最後まで一緒に暮らし、生きている犬の最後の瞬間まで一緒にいてあげることが、飼い主さんの務めです。

でも、前頁でお話したように愛犬チロに対して、私たち家族はそれができませんでした。最後の瞬間の、その直前と直後は一緒にいてあげましたが、最後の瞬間そしてその前後数時間は、いてあげられませでした。

いろいろと偉そうに書いてきましたが、肝心なところで私たちはこの約束を守れませんでした。

チロに対しては、本当に申し訳ない気持ちですが、家族みんながチロのことを大好きだったことだけは、チロはわかってくれていたと思います。

■スポンサーリンク

犬にとっては、飼い主さんだけしかいません。そして、その飼い主さんを犬は、生涯愛し続けます。私たちが、犬を愛するように、犬も、私たちを愛してくれていたことを、私たちも命ある限り、覚えておいてあげなくてはいけないと思います。

「私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。そして、どうか覚えていてください。私がずっとあなたを愛していたことを。」

やはり、何度読んでも、この文章はとてもせつなく、思わず涙があふれてしまいます。

でも、あえてこのせつなく、そしてとても大事な約束を、犬と暮らし始める時の最後の約束として、しっかりとかわし、守ってあげられるようにしたいですね。

今飼っている愛犬たちとも、改めて、この10の約束をして、それを守っていきたいと思います。

10の約束について、いろいろと書いてきましたが、これはあくまでも、私がこの約束を読んで、感じたり、考えたことです。でも、この約束を読んだ人は、読んだ人それぞれに、感じたり、考えたりすることは違っているかと思います。犬を扱う仕事をしている人間として、私は、こういう風に感じ考えている、ということをお伝えするものですので、他の感じ方や、考え方を否定したりするものでは全くありません。

むしろ、いろいろな見方、考え方があってよいのではないかと思っています。でも、犬を愛する人が読めば、何かを感じる「10の約束」であることは、間違いないのではないでしょうか。

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セットはこちらからどうぞ

★森田式犬のしつけ方法とは?

■スポンサーリンク

▼犬との10の約束 メニュー

★「犬との10の約束」トップ

  1. 私と気長につきあってください。
  2. 私を信じてください。それだけで私は幸せです。
  3. 私にも心があることを忘れないでください。
  4. 言うことを聞かないときは、理由があります。
  5. 私にたくさん話しかけてください。人の言葉は話せないけど、わかっています。
  6. 私をたたかないで。本気になったら私のほうが強いことを忘れないでください。
  7. 私が年を取っても、仲良くしてください。
  8. あなたには学校もあるし友達もいます。でも、私にはあなたしかいません。
  9. 私は10年くらいしか生きられません。だから、できるだけ私と一緒にいてください。
  10. 私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。そして、どうか覚えていてください。私がずっとあなたを愛していたことを。

▼飼い主さんへのお役立ち情報 メニューページへ


▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info