私をたたかないで。本気になったら私のほうが強いことを忘れないでください。

Remember before you hit me, I have teeth that could hurt you,but that I choose not to bite you.

6番目の約束 「私をたたかないで。本気になったら私のほうが強いことを忘れないでください。」

犬がいうことを聞かなかったり、人間にとってはして欲しくないことをしてしまったりすると、つい、犬をたたきたくなることもあるかもしれません。

でも、なんでそういう行動をするのか、まず、そこを考える必要があります。つまり、4番目の約束「言うことを聞かないときは、理由があります。」ということですね。

だから、なんでそうしてしまったのだろう、ということを考えてあげることが必要です。

もちろん、小さな子犬のうちは、教えてもすぐには覚えられず、飼い主さんの苦労は絶えません。でも、そんな時は1番目の約束「私と気長につきあってください。」ですね。

■スポンサーリンク

実際に、犬には強力な歯があります。もし、本気で犬に襲われたら、それが例え小さな犬だとしても、人間に何らかの危害を加える事は、それほど難しいことではないでしょう。

「飼い犬に手を咬まれる」ということわざがあります。でもこれは、人間を犬に例えたもので、人間にはこういうことはあるかもしれませんが、犬には絶対にないと思います。犬と十分コミュニケーションを普段から取り、犬に信頼してもらっている飼い主さんであれば。

そうでない場合でも、ほとんどの場合、犬が飼い主さんに牙をむく事はないと思います。犬は、その力は持っていても、その力を決して飼い主さんには向けないのです。

だから、人間も、たたくことができる手を持ち、またたたくための棒などの道具を使うこともできるけど、基本的にはそれはしてはいけないのです。

ジャーマンシェパードが、飼育されているケージから出てしまい、人を咬んだという事件もありました。しかし、基本的にジャーマンシェパードは人を咬むような犬ではありません。

ただし、ジャーマンシェパードの場合、警察犬としての訓練のひとつとして、襲撃訓練を入れられる場合もあります。この訓練を入れられたジャーマンシェパードやドーベルマンの場合、何かのきっかけで、そのスイッチが入ってしまう犬もいることもあります。だから、ペットとして飼う場合には、決してこの襲撃訓練を入れてはいけないと思います。

犬によっては、前述の通り、何かの拍子にスイッチが入り、飼い主さんにでも襲撃行動をとりかねないからです。

こういった訓練を受けたことのない犬であれば、ジャーマンシェパードであれ、ドーベルマンであれ、飼い主さんはもちろん、他の人間を咬む事はほとんどないと思います。

ただし、現実問題として、ジャーマンシェパードなどの大型犬の場合、人を咬むようなことはなくても、じゃれて人に飛びついたり、本気で咬むのではない、いわゆるアマガミでも、子供や老人、また女性や体格の小さい人には、場合によっては大けがをさせてしまうことにもなりかねません。

だから特に大型犬の場合は、その大きさゆえに、家庭犬としてのトレーニングは必須です。

子犬でも、アマ噛みは即座にやめさせ、子供のときからしっかりと飼い主さんとの服従関係と信頼関係を築いていくことが飼うに際しての絶対条件だと考えます。

家庭犬としてのトレーニングは、飼い主さんのしっかりとした心構えと気持ちがあれば、決して難しいものではありません。ペット・トライアングルの犬の飼い方・しつけ方を参照にして下さい。

■スポンサーリンク

さて、日本犬は、飼い主に対して、とても忠誠心が強いことが知られています。

このような忠誠心の強い日本犬の場合は、飼い主さんやその家族を守るために他の人に牙をむける事はあるかもしれません。でも、これも飼い主さんに対する忠誠心が強いことによる行動です。理由なく牙をむく事はまずありません。

ただし、闘犬として造られた犬種は別です。咬むことを優先して造られた犬種ですから。

犬が言うことを聞かず、たたきたくなった時は、思いださなければいけません。どうしてそういう態度を取るのか。

そして、その行動をやめさせるために必要な犬との主従関係と信頼関係がしっかりと出来ているかを確認してください。

それが出来ていれば、犬が反撃する力と牙を持っていたとしても、けっして飼い主さんには咬みつかないことも。

次は7番目の約束へ

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■スポンサーリンク

▼犬との10の約束 メニュー

★「犬との10の約束」トップ

  1. 私と気長につきあってください。
  2. 私を信じてください。それだけで私は幸せです。
  3. 私にも心があることを忘れないでください。
  4. 言うことを聞かないときは、理由があります。
  5. 私にたくさん話しかけてください。人の言葉は話せないけど、わかっています。
  6. 私をたたかないで。本気になったら私のほうが強いことを忘れないでください。
  7. 私が年を取っても、仲良くしてください。
  8. あなたには学校もあるし友達もいます。でも、私にはあなたしかいません。
  9. 私は10年くらいしか生きられません。だから、できるだけ私と一緒にいてください。
  10. 私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。そして、どうか覚えていてください。私がずっとあなたを愛していたことを。

▼飼い主さんへのお役立ち情報 メニューページへ


▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info