ラブラドールレトリバーと言えば、盲導犬

盲導犬になれるのはラブラドールレトリバーのごく一部、でもその資質があるのです

ラブラドールレトリバーラブラドールレトリバーと言えば、盲導犬をイメージされる方も多いのではないでしょうか。そのイメージから、ラブラドールの性格はおとなしく、従順で訓練生が良い、大型犬というイメージでしょうか。確かにそういうラブラドールレトリバーもいます。でも、多くのラブラドールレトリバーの性格は、より活動的で明るく、もしかたら、おとなしいとは逆の性格の犬が多いかもしれません。

ラブラドールレトリバーと言っても、当然のことながら、ラブラドールレトリバーならすべてが盲導犬になれるわけではありません。

盲導犬になれる資質の高い犬を交配して、生まれた子犬をパピーウォーカーに預けて、その中から盲導犬に慣れそうな資質を持つ子犬を選び、訓練して、訓練に残った犬が盲導犬として活躍できるのですが、その門はラブラドールレトリバーにとっても狭き門です。

■スポンサーリンク

ただし、ラブラドールレトリバーが盲導犬としての資質を持った犬種であることは間違いなく、だからラブラドールレトリバーが盲導犬として多いということです。

確かに、ほとんどのラブラドールレトリバーは、この盲導犬になれる可能性のある資質、性格を持っているのでしょう。しかし、ラブラドールレトリバーは人が大好き、そして明るい性格です。人が来れば、喜んで飛びついてくるでしょう。

つまり、決しておとなしい犬でもないのです。

特に子犬のうちは、いたずら大好きのやんちゃな性格なのがラブラドールレトリバーです。実際にラブラドールレトリバーを飼うと、盲導犬のイメージとはほど遠いイメージを受ける方も多いようです。

しかし、それは必ずしも悪いイメージではなく、家庭犬として、より生活を楽しくしてくれるものです。

と言ってもそれは、しっかりとラブラドールレトリバーを飼い主さんがコントロールできれば、という条件があります。

これができないと、単なる暴れん坊の犬になってしまい、場合によっては、それが攻撃的という方向にも向かいかねません。

■スポンサーリンク

人懐っこい性格とはいえ、ラブラドールレトリバーは大型犬です。その体の大きさだけで、ラブラドールレトリバーに悪気はなくても、人を傷つけかねません。

これが、性格的に攻撃的な面が出てきてしまったら、楽しい生活とは程遠くなってしまいます。

盲導犬としても活躍できる資質を持ち、人懐っこくて明るいラブラドールレトリバーの性格は飼い方・しつけ方次第で、とても素晴らしい家庭犬となってくれます。

ラブラドールレトリバーを買う方は、ぜひ、この良い性格を引き出すように育ててあげてくださいね。

ただし、このラブラドールレトリバー、毛色によって、性格の違いを感じます。

実際に接してみて感じる、ラブラドールレトリバーの毛色による性格の違いを次のページで書いていきたいと思います。

次のページは、ラブラドールレトリバーの毛色による性格の違い

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

▼ラブラドールレトリバー メニュー

■スポンサーリンク

▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info