★2017年9月より、家庭犬専門トレーニングを再開致します!

LOVEDOGの家庭犬トレーニングではフードやおもちゃは一切使用しません。人と犬との主従関係と信頼関係によって犬をしつけるトレーニングです。ただし、飼い主さんの頑張りが必要です。


家庭犬専門トレーニングは私たちが担当いたします。

▼ 大澤 義比佐【日本警察犬協会公認三等訓練士】

▼ 大澤 淳子【家庭犬しつけアドバイザー】


家庭犬専門トレーニングでこう変わります

ボーダーコリー トレーニング前後

左(上)がトレーニング前、右(下)がトレーニング10日後
 


M.ダックス トレーニング前後

左(上)がトレーニング前、右(下)がトレーニング7日後
 

その他のトレーニング例は、したのリンクからご覧頂けます。

▼家庭犬トレーニングでこう変わる


家庭犬専門トレーニングの目的

■スポンサーリンク

人間社会の中で、家族はもちろん、まわりの方からも、誰からも愛される犬にすることです。
具体的には、散歩では必ず飼い主さんに従って歩き(犬が引っ張らないのはもちろん、犬が人間より前を歩かない)いつでもどこでも飼い主さんの指示(スワレ、マテ)に従えるような犬にすること、そして、飼い主さんにはいつでもどこでも犬をコントロールできるような飼い主さんになっていただくことです。

リーダーウォーク、スワレとマテがいつでもどこでも確実にしっかりと出来れば、日常生活でほぼ犬を完全にコントロールすることが出来るはずです。

そして、ポイントは犬をコントロールするときに、フードやおやつ、オモチャなどを一切使わずに、犬と飼い主さんとの主従関係と信頼関係で行うことです。

ペット・トライアングルの犬のしつけ、飼育方法に考え方、具体的な方法など詳細につきましては下のリンクから”犬の飼い方・しつけ方”のページを開いていただき、ご確認をお願い致します。

犬の飼い方・しつけ方のページはこちらから

*当店でのトレーニングは、基本的に2週間以上のお預かりが基本となります。ただし、おうちへ戻るときに犬が飼い主さんのいうことを聞くようになるということではありません。あくまでも、こちらにお預かりした状態で、私に対しての指示に従うようにさせるだけです。おうちへ戻り、元の飼育環境で、飼い主さんが同じような態度で犬を扱えば、犬の態度も元と同じです。
こちらで行うのは、犬にこういうトレーニングを行えば、犬はこういう風に言うことを聞くようになるということをお見せするだけです。
ただし、犬は人間に対して従うという実績を作り、おうちでも躾が入りやすい状態にするとともに、飼い主さんには、トレーニングをすれば犬が言うことを聞くようになるということをしっかりと認識してもらうことにより、犬のトレーニングを行うことへのモチベーションをあげてもらいます。
犬は接する人間をはっきりと認識して、その人間によって、態度を変えます。だから、訓練に出しても、訓練士の言うことは聞くけど、家に帰ったら飼い主さんの指示には従わない、ということは当たり前のことなのです。
最後は、飼い主さん自身がしっかりと犬との主従関係と、信頼関係を構築しなくては犬はいうことをきくようにはなってくれません。
この点をよくご理解頂ければ、と思います。

家庭犬専門トレーニングの対象となる犬

家族として迎えられ、家族の一員として普通に家族と一緒に室内で暮らす犬であること。ドッグショーや展覧会、またドッグスポーツなどなんらかの競技を目的とした犬は対象と致しません。また、番犬目的の犬も対象とは致しませんのでご了承下さい。

元気で健康上の問題がない犬であれば、基本的には年齢を問いません。ただし、高齢犬の場合はご相談とさせて頂きます。

*闘犬あるいはその血筋をひく犬、攻撃性の強い犬などはお断りさせていただきます。
*強い噛み癖の付いている犬、極端にシャイな犬には対応できない,、またはお受けできない場合もございますのであらかじめご了承下さい。

家庭犬専門トレーニングのトレーニングの基本的な流れ

  1. 飼い主さんから日ごろの犬の状態や態度、飼育環境などをお聞きするとともに、私たちの考え方をお話して、双方納得した上でトレーニングを開始いたします。
  2. 犬がこちらの環境になれること、またトレーニングの対象となる犬と、私たちトレーナーとの親和をはかるため、最低でも3日間はトイレをさせる以外は何もしません。したがって、実際のトレーニングを始めるのはお預かり後3日以降となります。
  3. 犬の服従心と人間に対する信頼感の向上をはかります。リーダーウォークを中心に、スワレ、マテを教えることを通して、犬の服従心と人間への信頼感を向上させます。
  4. トレーニングの様子を動画に撮影して、スマホ、パソコンからインターネットで、その様子をご覧頂きます。その動画をご覧いただき、トレーニングの方法、それに対する犬の反応を確認して頂くとともに、犬がおうちへ戻られてからのご自身でのトレーニングを行う際の参考としていただきます。
  5. 飼い主さんに、2で私たちが行ったことと同じことが出来るように、ご指導、アドバイスします。

*1はしつけ相談の段階で行っております。その中で、実際にこちらでのトレーニングを行うということになった場合は、日程を相談の上、犬をお預かりして、2以降に進みます。

*2と3は、ラブドッグ店でのお預かりでのトレーニングとなります。特に問題行動の対応がない場合は、期間は2週間を基本としています。吠える、噛むなどの問題行動の対処も行う場合は、上記に加えて+2~4週間ほどが必要となります。

★お預かり中のご愛犬の様子を撮影した動画を専用サイトでスマホ、パソコンからインターネットでご覧頂けるようにしています。

★お預かりを基本とする2つの理由

  1. 飼主さんから離れてもらい、私たちと一緒に生活することで、犬との親交を早く深く築くことが出来るため、トレーニングの進捗も効率よく進めることが出来、短期に犬をトレーニングすることができます。
  2. おうちでの飼育環境や、飼主さんの犬に対する接し方(飼い方)、考え方も変えていただく必要がある場合がほとんどなので、飼い主さんが犬と離れる期間を持つことにより、新たな飼育環境の準備、また気持ちの切り替えを行っていただく期間としていただくと同時に、トレーニングの動画をご覧いただき、トレーニング方法をあらかじめ勉強して頂く期間としていただいています。

問題行動がある場合

問題行動がある場合も、上記にも書いたように、基本的な主従関係と信頼関係を作る2週間のトレーニングを行った後、問題行動の対処を目的としたトレーニングを行っていきます。

期間は、犬の状態を見ながら飼い主さんとご相談の上、決めさせて頂きます。

問題行動の内容(例えば、チャイムで吠えるなど)によっては、お預かりでのトレーニング後、飼い主さん宅での出張トレーニングが必要な場合もあります。

*主従関係と信頼関係を作っていくためのトレーニングにおいては、飼育環境も重要な要素となります。したがって、おうちでの飼育環境の見直しを合わせて行わないと、問題行動が改善されない場合もあります。

*問題行動の内容によっては対応出来ない場合、問題を解決できない場合もございます。
*攻撃性が強い場合は、当方では対応できないためお断りさせていただいています。

家庭犬専門トレーニングのお申し込み方法

まずは、お電話にてご相談日時をご予約下さい。電話番号は、下記のとおりです。
*電話ではご相談日時のご予約のみ承っております。(電話でのご相談はしておりませんので、ご了承をお願い致します)

  電話番号:043-463-8836

 

家庭犬専門トレーニングの費用

  1. 初回ご相談:1回1時間 2,000円。(トレーニングを行う場合は、その費用に充当します) *9月~11月までは期間限定で無料となります
  2. お預かりでのトレーニング: 入会金+年会費+トレーニング料金となります。(会員の場合はトレーニング料金のみ)

トレーニング料金は犬の体重別の設定となっています。具体的な金額はLOVEDOG店の料金のページでご確認下さい。

LOVEDOG トレーニング・老犬・会員料金

*ペット・トライアングル LOVEDOGの考える犬の飼い方・しつけ方の詳細は、下のリンク先でご覧いただけます。ご確認ください。

犬の飼い方・しつけ方のページはこちらから


★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、まずは自分でトレーニングしたい、という方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット


       *管理者用ページ