子犬のトイレトレーニング トイレの設置

■スポンサーリンク

まずは、トイレ以外のところでは排泄ができないような飼育環境にしていくことが必要です。

子犬がトイレ以外のところで排泄してしまうようになる、つまりトイレで排泄してくれない、ということは、子犬がそれを出来てしまう環境にいるということになります。つまり、トイレトレーニングを行なう前に、子犬が室内をフリーに動ける環境にあることが問題である、ということになります。

したがって、まずは、子犬の飼育環境をしっかりと整える、ということが重要になります。

室内で自由にさせていても、ちゃんとトイレができるようになる子犬もいるでしょう。

しかし、トイレトレーニングを高い確率で成功させるためには、「子犬を室内で自由にさせない」ということが大きく貢献します。

そしてこれは、子犬のトイレトレーニングだけでなく、その他の基本的なしつけの全てが行ないやすくなるのです。

子犬の時に、トイレトレーニングを含めて基本的なしつけがしっかりと出来ていれば、その後、室内を自由にさせるように出来るようになり、その後の犬と生活が断然快適なものになるのです。

ハウス飼いなど、飼育環境に付いては具体的には犬の飼い方のページをご参照ください。

では、そういった飼育環境の中で、という前提で、次ページ以降ご紹介していきますのでよろしくお願い致します。

子犬のトイレトレーニング

  1. トイレトレーニングのための飼育環境
  2. ハウスと別にトイレを設置
  3. 子犬のトイレトレーニングの具体的な方法

犬のトイレトレーニング

  1. 子犬のトイレトレーニング
  2. 成犬の場合は、「散歩での排せつを止めさせる」を参照下さい。
  3. ペットシートをリーズナブルに

★☆★ ペット・トライアングルの一押ししつけDVD
★私たちが唯一参考にしたペット・トライアングル一押しのDVDがあります。犬はしつけられても、どうやってしつけるかを飼い主さんに教えるのが私たちはまだまだ未熟だと思っています。その点で、経験と実績豊かな森田誠さんのDVDはよりわかりやすいと思います。犬のしつけに真剣に取り組みたい方には、とても役立つDVDです。ペット・トライアングルのサイトと併せてご覧になると、とても効果的ですので、下記のリンクからご覧になってみてください。

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セットはこちらからどうぞ

★森田式犬のしつけ方法とは?

■スポンサーリンク

▼犬のしつけ方メニュー

  1. 犬をしつける心構え
  2. 犬のしつけの考え方
  3. 犬のリーダーになる方法
  4. これだけは犬に教えたいpart1
  5. これだけは犬に教えたいpart2
  6. 犬の褒め方、ご褒美
  7. 犬の叱り方
  8. 犬のトイレトレーニング
  9. 犬の飼い方・しつけ方 メニューページへ


    ▼サイトコンテンツ

    dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

    ▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info