犬をどこでどのように飼う?

犬を飼うのは室内?それとも屋外?

犬の飼う場所は、まず単純に、室内飼いか、外飼いか、ということになります。それぞれのご家庭の事情や考え方でお決めいただくことになるかと思いますが、ペット・トライアングルでは、小型、大型、または犬種にかかわらず室内飼いを推奨しています。

基本的に雨風を妨げてあげたり、外でも環境を整えてあげれば、犬は全く問題ないかもしれません。むしろ外飼いのほうが、犬自身の抵抗力は強くなり、たくましくなるかもしれません。

でも、それが現代のペットとして、家族の一員のとしての犬にとって、良いかどうかは別です。

>>> 続きを読む

犬を外で飼うとどうしても、まわりの音や気配を直接感じてしまうので、家に近づく人や犬に吠えやすくなったりして、いわゆる番犬になってしまいがちです。

番犬となった犬は、常に周りの気配を気にするようになり、安心して休む時間がとりにくくなり、常にストレスがかかった状態となります。

同時に、縄張りを守ろうという野性的な本能が強く出てきてしまうため、吠えやすくなったり、攻撃的になってきやすくなります。

結果的に、家庭犬としてのしつけも室内飼いに比べて、かなり入りにくくなってしまいます。

私たちは、犬のしつけは、しつけ方の問題だけでなく、犬の飼い方=飼育環境とペアでなければいけない、と考えています。
適切な飼育環境のもとで、適切にしつけトレーニングをすれば、犬との生活がより楽に、楽しくなると考えています。

しつけ方の基本となる「犬のリーダーになる」でのしつけ方法は、室内飼いとのペアで行うことにより効率的なしつけが行えることになります。

大型犬でも、また柴犬などの日本犬でも、室内で飼うべきだと考えています。

外飼いが絶対に悪いとは言いません。番犬目的で犬を飼う方もいらっしゃるでしょう。が、外飼いの犬でも、高齢になり、老化の兆候が見られてきたら、室内飼いに変えるなど、体力や抵抗力の低下に配慮してあげるべきだと思います。

それ以前の問題として、ペットとして家族の一員として犬を迎えるのであれば、その犬は室内で飼うべきだと私たちは考えています。

>>> 閉じる

ただし、ここで言っている室内飼いは、多くの方が考えるであろう室内飼いとは少し違うかもしれません。

私たちの考える室内飼いは、室内を犬が自由に動けるようにするということではないのです。

■スポンサーリンク

放し飼いは犬に強いストレスを与えます。
基本はケージ飼いです。

室内飼いというと、家の中を犬が自由に動き回っているというイメージをお持ちの方が多いのではないかと思います。

でも、私たちが推奨するのは、まずは室内でのケージ飼いです。

室内でも放し飼いにするか、ケージで飼うかは、しつけにも大きく影響する問題なのでよく検討された方が良いと思います。

>>> 続きを読む

ケージについては、犬の寝床として次のページでも書いているので、ここでは簡単に書きますが、推奨するケージの大きさは犬が体を回転させられるぐらいで、周囲がなるべく見えない、狭くて、暗いケージです。

と書くと、犬のためを考えたら、そんな狭いケージで飼うなんてかわいそう、室内を自由に動ける放し飼いにしてあげるのが犬のためなんじゃないか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、実は、放し飼いがもっとも犬にストレスを与える原因になるのです。そして、放し飼いすることにより、基本となる人間社会で生活するためのルールを覚えさせること、つまりしつけも難しくなるのです。

ただし、まずケージ飼いで、しっかりと服従性を身に付けて、基本的なしつけも身に付け、飼い主さんが犬の絶対的なリーダーとして信頼される関係が出来てからであれば、犬と飼い主さんとの主従関係と信頼関係がしっかりとできているので、飼い主さんがいるときは室内で放し飼いにしても良いと思います。

信頼する飼い主さんがいれば、ケージの外でも犬は安心していられます。不振な物音がしても、信頼できる頼もしい飼い主さんがいるので、自分が騒ぐ必要もありません。犬と飼い主さんの主従関係と信頼関係が築ければ、室内で放し飼いでもまったく問題ない犬になってくれるでしょう。

>>> 閉じる

ではなぜ最初から放し飼いにしないほうが良いのでしょうか?

■スポンサーリンク

犬にテリトリー(縄張り)を作らせない

犬は本能的に、自分の自由に動ける場所を自分の場所、いわゆるテリトリーと考えます。したがって、室内でも犬が自由に動ける場所は自分のテリトリーとなります。

そして、最初から犬が室内を自由にできるようなご家庭では、ほとんどの場合、犬はとてもかわいい存在として育てられます。そして、かわいい犬として、あまりしつけをされずに飼われていることが多いように感じます。もちろん、しっかりとしつけをされている方も少なからずいらっしゃるとは思いますが。

その場合、これもほとんどの場合、犬がリーダー意識を持つようになってしまいます。つまり、犬がその家庭の中で、自分が一番、と思ってしまうようになるのです。

>>> 続きを読む

そんなリーダー意識を持った犬が室内で自分が自由に動けるところを自分たちのテリトリーだと考えれば、リーダーたる犬はその自分たちのテリトリーを本能的に守ろうとする意識が生まれます。

リーダーである犬が、仲間の、そして自分より下の位置にある人間の家族を守ろうとすることにもなります。

したがって、家の外で何かの気配や音がしたり、また家に近づく、あるいは入ってくる人間がいれば、それに対して威嚇するために吠えたり、場合によっては攻撃するようになります。

そして、常に自分たちのテリトリーに近づこうとするものはいないか、耳を澄まして神経を尖らせている必要があります。

したがって、安心して休める時間はほとんどなくなることになります。

そして、その範囲が広ければ広いほど、犬はいろいろなところを警戒しなくてはいけないため、休める時間もより少なくなって、ストレスがどんどんたまることになってしまいます。

今書いているのは、室内での場合ですが、これが、室外、つまり庭に放し飼いにされたらどうでしょうか?

庭を自由に動き回れる犬は、一見、自由でストレス知らずのように見えます。

でも実際には、犬にとっては、「そこはお前に任せたぞ、しっかりと守れよ」 と言われたようなもので、家の敷地に近づく犬や人間、時には車や自転車にも吠えるようになってしまいます。

もともと番犬は、犬のその本能を利用しているのですが、番犬目的ではなくても、庭を自由に動き回れる犬は、番犬と同じような本能を強く出していくことになってしまいます。

結果的に、犬を庭で放し飼いにすることにより、犬には大きなストレスが常時かかることになり、いつも警戒しながらすぐに吠える犬になりやすくなってしまう、ということになります。

つまり、リーダー意識を持つ犬が、室内でさえも、自由にできるスペースがあればあるほど、ストレスは大きくなり、ましてや庭で放し飼いということになれば、かわいそうなくらいのストレスを犬に与えることになってしまいます。

>>> 閉じる

だから、室内でのまず最初はケージ飼いを推奨するのです。

もちろん、飼い主さんやそのご家族の犬に対する接し方や、犬のもともと持っている性格によっては、室内の放し飼いでも、庭での話し飼いでも、とてもおりこうさんに育つ犬もいるでしょう。

でも、多くの室内での放し飼いのケースでは、上のようなストレスをかかえて、よく吠える犬になってしまっているように思います。

ケージは閉じ込めるところではなく、安心して犬が休める場所

逆に、まずは狭くて暗いケージで過ごすと言うことが身につけば、それは犬にとって最も安心して休める場所ができたことを意味するのです。

ゆっくりと休むことができる場所があるだけでも、犬のストレスはかなり解消されて、吠えたりすることも少なくなります。

>>> 続きを読む

ペット・トライアングルでの家庭犬トレーニングに来る犬にも、吠えて困る、ということでお預かりする犬もたくさんいます。

その場合も、ほぼすべてのケースが放し飼いです。そして、こちらで体の大きさにあったケージで過ごさせてゆっくりと休ませると、、トレーニングを始める前にすでに、吠えるのが直る犬も中にはいます。

使用するケージは犬が中で体を回転させられる程度のプラスティックのケージ(犬を輸送用のバリケンまたはペットキャリー)です。

このように、犬にとっては、土に掘った穴のような、暗くて狭い、囲われたスペースが最も安心できる場所であり、そのような場所を与えてあげることがとても重要になるのです。

そしてそのケージを出たら、飼い主さんのコントロール下に置くようにすることによって、主従関係と信頼関係を構築しやすくするとともに、トイレを別に作ってあげれば、トイレのしつけもやりやすくなります。

このように、最初はケージ飼いをしながら、別のページで書いているような家庭犬トレーニングを行えば、少なくとも飼い主さんがいれば、ケージから出しても、いたずらすることなく落ち着いていられる犬に育てることができるのです。

そしてケージに出ているときも、リーダーとして信頼する飼い主さんがいるので、周りの気配や音に気を使う必要もなく、つまりストレスがかかることもなく、ゆったりと心穏やかに過ごすことができるようになります。

室内でのケージ飼いは、犬にしつけが入りやすくなるだけではなく、犬が安心して休めるスペースができる、そしてその後ケージから出して上げられるようになれば、犬にとってもとても穏やかな生活が過ごせるようにさせやすくなるのです。

>>> 閉じる

最初はケージ飼いをしながら、しっかりと犬との主従関係と信頼関係を築き、それができれば、犬をケージから出す時間も作り、犬との楽しい生活ができるようにしていくことを強く推奨いたします。

では、そのケージ=犬のハウス=犬の寝床 について次のページでもう少し詳しく書いていきます。

次のページは 犬のハウス(寝床)

前のページは 犬を飼う心構え

★☆★ ペット・トライアングルの一押ししつけDVD
ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!
▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セットはこちらからどうぞ

★森田式犬のしつけ方法とは?

■スポンサーリンク

犬の飼い方メニュー

  1. 犬を飼う心構え
  2. 犬をどこでどのように飼う?
  3. 犬のハウス(寝床)
  4. 犬のトイレ
  5. 犬の運動とコミュニケーション
  6. 犬の食事

犬の飼い方・しつけ方 メニューページへ


サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つようなサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info