人間社会に慣れさせる

子犬を人間社会の環境に慣らしていく

子犬よく、犬の社会化という言葉が言われ、問題にされることがあります。例えば、子犬を迎える場合、子犬の犬社会での社会化をさせるために生後3ヶ月以降に引き取った方が良いという意見もあるようです。当然それも一理あるかと思います。また、3ヶ月以降であれば、犬としての社会化、すなわち兄弟犬、あるいは他の子犬とのかかわりでその子犬自身が得るものは当然あると思います。

ただし、ペットとしての犬の場合、野生で生きるわけではありません。生きていくのは人間社会の中です。したがって、ただ犬同士だけでの社会化では意味がないのです。というより、犬同士の社会化だけでは、その後の人間社会での生活の障害となる場合もあるでしょう。

ペットとしての犬の場合、そこにブリーダーさんという人間の手が入っているからこそ、他の犬とのかかわりにも、意味があると思います。したがって、ブリーダーさんが子犬が産まれた直後から、3ヶ月またはそれ以上の期間に、いかに子犬とかかわりを持つかも、この場合、とても重要な問題になります。

■スポンサーリンク

では、生後2ヶ月で子犬を引き取ったら問題があるのか?

私たちは、全く問題ないと思っています。むしろ、ペットとして人間社会で暮らしていく犬にとっては生後2か月が子犬を迎えるベストなタイミングだと思っています。

生後1ヶ月で迎えるのは問題あると思います。でも生後2ヶ月であれば、離乳の際の母犬からの乳離れ行為も受け、その後は兄弟犬などと過ごすことにより、犬としての社会化もすでに必要最小限はされているはずです。

そして、生後2ヶ月で迎える場合は、それ以上の月齢で迎える子犬がブリーダーさんのところで受ける社会化の代わりに、ブリーダーさんのところにいてはなかなか受けにくい社会化をさせることができます。

つまり、人間の実社会とのかかわりです。

子犬に外の、町の空気を吸わせ、音を聞かせてください

具体的に言えば、家の外の環境です。道路を走る自動車やオートバイ、そして自転車、またたくさんの知らない人間たちが行き交う環境、また見知らぬ犬たちとの遭遇、そしてさらに人間社会のさまざまな騒音や風景などなどです。

これはブリーダーさんのところ、つまり犬舎の中にいると接することが出来ません。そして、ブリーダーさんも個々の子犬にこれらを経験させることは、時間的にもそうですが、特に病気の感染と言う点から、なかなかできません。

でも、2ヶ月で迎えた子犬は、新たな飼い主さんの手で、それをさせてあげることが出来ます。3ヶ月以上のブリーダーさんの元での社会化に代わって、必要最低限の犬としての社会化時期(生後2ヶ月まで)を経験した上で、早く人間社会とかかわることができるのです。

もちろん、生後3ヶ月以降に子犬を迎えても、その子犬に人間社会へのかかわりに支障ができるわけではありませんが、ブリーダーさんのところだけに長く生活していると、人間社会へ慣れる時間は犬によっては時間を要する場合があります。

その意味では、生後2ヶ月から3ヶ月という心身が急激に成長する時期に人間社会の環境に慣らすことは、3ヶ月以上ブリーダーさんの下で暮らすのと同等以上のメリットを子犬とその飼い主さんにもたらす場合もあると考えています。

と表現が大げさになってしまいましたが、実際に何をするかと言えば、生後2ヶ月から2回目のワクチン接種をする生後3ヶ月までの間、まだ子犬を直接待ちの地面を歩かせるのは感染などのリスクもあるので、子犬を飼い主さんが抱っこして外を散歩すればよいだけです。

■スポンサーリンク

■ペットの臭いが気になる方も、まずはお試し価格で!

子犬のワクチンプログラムが終わるまでは外では歩かせない

子犬は生まれてから生後2ヶ月近くまでは、母親からもらった抗体が感染症を防いでくれます。でも生後2ヶ月ぐらいでその効果がなくなるため、生後2ヶ月で最初のワクチン接種を行います。でも、ワクチンを接種したとはいえ、まだまだ子犬自身の抵抗力は低く、生後3ヶ月の2回目のワクチンを接種するまでは、特に感染症には注意しなくてはいけません。

だから、抱っこしての散歩なのです。普通の犬の散歩のように、直接地面や草むらを歩かせるのは、この時期の子犬には危険です。でも、外の環境に慣らすのには良い時期です。だから、外の環境にはなるべく直接地面に触れさせないように、抱っこして歩くのです。

抱っこされていても、子犬は道路を走る自動車やオートバイ、自転車、そしてたくさんの見知らぬ人々や犬猫を見て、町の騒音を聞きます。

しかも、子犬は飼い主さんに抱かれて安心した状態でそれらに接することにより、自然に人間社会のいろいろなものや音に恐怖感を持たずに、慣れていくことができるのです。

また短時間でも太陽に当たることは、子犬の成長や健康にも良い効果を与えてくれるものだと思います。

まだ普通に歩いて散歩できなくても、抱っこされての散歩を天気の良い日に行っていくことは、その後の子犬にプラスの影響をもたらしてくれるでしょう。

このように、生後3ヶ月前に子犬を迎えた場合は、家の中で人間の愛情を感じさせると同時に、服従性を育て、天気の良い日には、抱っこでの散歩で人間社会に慣れさせていくということが、子犬と飼い主さんとのコミュニケーションタイムのひとつとなるでしょう。

ただし、やはり子犬と接するのは1回当たり長くても20分~30分程度として、その後子犬をゆっくりと休ませてあげてください。

そして、子犬と接しているときは、必ず子犬に声をかけ続けることも忘れずに。

では次に、生後3ヶ月で2回目のワクチン接種も済み、いよいよお散歩に出られるところからのお話です。

次のページは 子犬が生後3ヶ月を過ぎたら

前のページは 子犬を迎えて1週間から

★☆★ ペット・トライアングルの一押ししつけDVD
★私たちが唯一参考にしたペット・トライアングル一押しのDVDがあります。犬はしつけられても、どうやってしつけるかを飼い主さんに教えるのが私たちはまだまだ未熟だと思っています。その点で、経験と実績豊かな森田誠さんのDVDはよりわかりやすいと思います。犬のしつけに真剣に取り組みたい方には、とても役立つDVDです。ペット・トライアングルのサイトと併せてご覧になると、とても効果的ですので、下記のリンクからご覧になってみてください。

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セットはこちらからどうぞ

★森田式犬のしつけ方法とは?

▼子犬の迎え方メニュー

  1. 子犬を迎える前に
  2. 子犬を迎える準備
  3. 子犬を迎えて1週間まで
  4. 子犬を迎えて1週間から
  5. 子犬を人間社会に慣れさせる
  6. 子犬が生後3ヶ月を過ぎたら
  7. 子犬のトイレトレーニング
犬の飼い方・しつけ方 メニューページへ

■スポンサーリンク

■愛犬の健康のために、まずはお試し価格でどうぞ!

■ペットの臭いが気になる方も、まずはお試し価格で!

▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info