全ての犬はミックス犬、つまり雑種、なのです。

ミックス犬、つまりいわゆる雑種の犬、ということになりますが、現在子犬の販売では、このミックス犬が大人気です。

■スポンサーリンク

以前は単なる雑種で価格がつかなかったような犬でも、今はデザイン犬などとも呼ばれて、純血種よりも高く売られているケースも少なくありません。

昔からの純血種のブリーダーには、なんで雑種に値段を付けてうるんだ、という意見もありますが、それが現実です。

確かに、ミックス犬は、ある意味個性的で、とてもかわいい容姿の子犬も多いようです。

しかし、単にミックス犬と言っても、現在は、それをひとくくりにはできません。

一昔前までのいわゆる雑種の犬は、偶発的に犬同士が交配して生まれた犬のことが対象になっていることがほとんどだったと思います。

そういった犬も現在もいるかもしれません。

しかし、今人気になっているミックス犬は、ブリーダー(?)の意志によって、決められた異なる純血種同士を交配させて、作られるミックス犬が主流を占めています。

元々、現在血統書を持つ純血種も、全ての犬種が雑種からスタートしています。

例えば、人気のダックスフンド、元々ドイツの狩猟犬からいろいろな犬との交配によって作られた犬種ですが、現在スムースコート、ロングコート、ワイヤーコートという3種類の毛質がいます。

そしてそれぞれは、元のダックスフンドに、スムースはミニピン、ロングはパピヨン、ワイヤーはシュナウザーとの交配により、作り出されたものです。

このように、現在いるすべての犬種は、人間の意志とある目的によって、人間がその形を作ってきたのです。

そして、姿かたちのバラツキがなくなってくると、畜犬団体が公認して、純血種となってきたのです。

■スポンサーリンク

そういう意味では、犬は動物とはいえ、他の動物とは全く違い、人間が進化(?)させたという極めて特殊な動物なのです。

と、あまり難しく考えることでもありませんね。

素直に現在の純血種、それ以外と考えていきましょう。

さて、このミックス犬には、固有のミックス犬名を持つものが多数存在します。

この中のいくつかは、何年か後には、公認された純血種となり、ミックス犬ではなくなっているかもしれませんね。

▼ミックス犬メニュー

▼犬種の特徴-紹介犬種一覧のページへ

★☆★ ペット・トライアングルの一押ししつけDVD
ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■スポンサーリンク

▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info