■スポンサーリンク

マルチーズの性格については、マルチーズのページでも書いていますが、そこではとりあえず一般的に言われるマルチーズの性格の特徴を書いています。

もちろん実際のマルチーズも基本的には、その通りなのですが、やはりマルチーズにも、いろいろな性格の犬がいます。

マルチーズはもともと愛玩犬としての歴史が長く、抱き犬としても、有名でした。

そのせいか、基本的には明るくて温厚なのですが、どちらかというと飼い主さんにべったりという傾向があります。

つまり、飼い主さん以外の人間には、あまり馴れ馴れしくすることはなく、玉に吠えたりすることも多いということになります。

また、よくマルチーズの性格は落ち着いていると書いてあるのを見ますが、実際にはけっこう活動的で、家の中でもせわしなく動き回っているマルチーズも多いようです。

抱き犬と言われるようにとてもかわいくて、小さいので、どうしてもしつけトレーニングも甘くなりがちな傾向にあり、それが特にマルチーズの後天的な性格に影響を及ぼしているケースも見られます。

ただでさえ、飼い主さんべったりのマルチーズですが、家庭の中でマルチーズが主従関係の主となった場合、犬としての本能が加わり、吠え癖がつきやすくなってしまいます。マルチーズの場合、家の中で放し飼いというケースが多く、家の中を自由に動けるので、家族を守ろうという本能が働くことにより、家に近づく人や気配に敏感になり、すぐに吠えるようになってしまう、というものです。

持って生まれた先天的な性格の影響によっては、噛みつくなど攻撃的な性格になってしまうこともあります。

家族の中の人間だけが接するのであれば、良いのですが、お客さんが来るなど、家族以外の人がよく来るご家庭の場合は、やはり、しっかりとした飼育環境としつけトレーニングを行うことを強く推奨します。

逆に言えば、それによって、末チーズの性格も、本来の温厚で穏やかという良い性格面を引き出すことができるのです。

小さくて、かわいくて、甘えん坊だけに、マルチーズのしつけはおろそかになりがちですが、誰からも愛されるマルチーズにするためにも、マルチーズの性格の良い面を引き出し、悪い面は出てこないように、育ててあげたいですね。

マルチーズの本来の愛すべき性格を引き出せるかどうかは、全て飼い主さん次第なのです。

▼マルチーズメニュー

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼▼▼▼▼

☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」