小鉄ちゃんも、少しづつこちらの環境や人に慣れてきたようなので、今日からトレーニングを始めることにしました。

こちらへ来てから3日ほどは、ハウスでもトイレのサークルの中でも、じっと固まったままで、吠えることもありませんでした。

フードはちゃんと食べてくれましたが、おしっこは2日目になってトイレの中でしてくれました。うんちは3日目でした。

ただ、その後もすんなりとトイレではしてくれませんが…。トイレはもう少し時間が必要です。

昨日あたりから、少し動きが出始めて、吠えるようにもなってきました。

今日はハウスの中でも、トイレのサークルの中でもけっこう吠えたりしていたので、少しづつ慣れてきたようです。

私たちに対しても、最初は少し、小さな声で唸っているようなところもありましたが、今はもうそういったことはありません。

そこで、今まで全くしていなかった外での散歩を、まだトレーニングはしていないので、普通にしてみました。

やはり、途中でおしっことうんちはしてしまいました。これは仕方ないですね。

普通に散歩してみると、やはり、かなりの力でぐいぐいと引っ張っていきます。

室内での様子や、私たちへの態度、また散歩での様子などからもうトレーニングを始めても大丈夫だと判断してトレーニングを始めました。

その前に行った普通の散歩とは少し違う気配を感じたのか、小鉄ちゃんはさっきのように私を無視してすぐに動こうとはしませんでした。

そこで安心させるために、声をかけながら体をさすってあげると小鉄ちゃんは少し動き始めて、地面の匂いを嗅ごうとする動作をしました。

そのタイミングでリードでのショック、森田式では権威をかけました。(動画の30秒ぐらいのところ)

小鉄ちゃんはきゃいんと声をあげて匂いを嗅ぐのを止めたので、すぐに声をかけながら体を撫でて、リードでのショックで受けたストレスを解消してあげます。森田式では受け止めと呼んでいるかと思います。

ここでは、「権威=リードでのショック」、「受け止め=フォロー」という言い方をしていきます。

森田式では「よしよし」と声をかけていますが、声のかけ方は決まった言葉であれば何でもよく、私の場合は「Good,good」を使っています。おうてでは、人も変わるので、掛け声に使う言葉を変えても問題ないでしょう。要するに、同じ言葉を優しくかけ続けることによって、犬の注意を常に引くとともに、体を撫でることとのセットでの繰り返しによって、今後、体を撫でなくても、この言葉で犬に安心感、褒められ感を感じさせるのも目的です。したがって、決まった言葉をかけるようにします。

リードでのショックの後の体を撫でるフォローは、特に最初はしっかりと時間をかけます。具体的には3分~5分以上続けます。これも意外に大変で、すぐに「もういいか」となってしまいがちなので、必ず時計を見ながら最低でも3分以上、犬の様子によってはそれ以上かけてフォローします。

最初のショックの後、しっかりしたフォローでストレスを解消してあげると、ほとんどの犬はまた私を無視して動こうとするのですが、小鉄ちゃんは、この1階のリードのショックの後は、勝手に動かなくなりました。したがって、今日のトレーニングの中でリードでのショックを使ったのはこの最初の1回だけでした。

ただし、それが良いか悪いかは別の話で、小鉄ちゃんは私から離れなくはなったものの、動いてもそこから動こうとしないタイプのようです。やはり少しシャイな性格のようで、動いたら付いてくるようにするのに、少し時間のかかるタイプであるようです。

と言っても、後は時間の問題でここまで出来ていれば後は、あせらずに繰り返し繰り返し行って、動いたら付いてくるようにさせていくだけです。

リードでのショックで、犬に嫌われるのではないかと心配される方もいらっしゃいますが、まったく逆で、今日の動画をご覧になってもらえばわかりますが、小鉄ちゃんの場合も、ひとたび私に近づくと、べったりと体を密着させてきます。

従って、このトレーニングを繰り返し行う中で、犬が人間に従うようになるとともに、人間を信頼し、かつ一緒にいれば安心できる存在だということを認識させる、つまり犬との主従関係と信頼関係を同時に作り、育てていくことになります。

ということで、あとは時間の問題ですが、1回のトレーニングはだいたい20分ぐらいとしています。それ以上おこなっていると、犬の集中力がなくなってくるからです。

トレーニングは基本は1日1回ですが、小鉄ちゃんの場合は、もう少し硬さというかシャイなところををほぐしてもらうことが必要かと思うので、最初にトレーニングの後に、少し休んでから、もう一度トレーニングを行っています。

2回目も、リードでのショックをかけるような場面はなく、小鉄ちゃんは私から勝手に離れることはありません。同時に、動いてもすぐについてきてはくれませんが、最初の時より少しだけ、自分から近づいてくることが多くなってきました。

2回目のトレーニングの途中で雨が降ってきたので、トレーニングは15分ほどで終了としました。

明日も天気が心配ですが、雨の場合は室内で行います。

とりあえす小鉄ちゃんは離れなくはなったので、今度は私が動いたらそれについて動くようにしていくことが次のステップとなります。また、室内でのトイレもまだ少し我慢比べ的なところがありますが、引き続き行っていきます。

では、本日のトレーニングの様子をご覧ください。

▼1回目のトレーニング

▼2回目のトレーニング


小鉄ちゃんしつけトレーニング動画

  1. 小鉄ちゃんしつけトレーニング 1日目
  2. 小鉄ちゃんしつけトレーニング 2日目
  3. 小鉄ちゃんしつけトレーニング 3日目
  4. 小鉄ちゃんしつけトレーニング 4日目
  5. 小鉄ちゃんしつけトレーニング 5日目
  6. 小鉄ちゃんしつけトレーニング 6日目
  7. 小鉄ちゃんしつけトレーニング 7日目
  8. 小鉄ちゃんしつけトレーニング 8日目
  9. 小鉄ちゃんしつけトレーニング 9日目
  10. 小鉄ちゃんしつけトレーニング 10日目
  11. 小鉄ちゃんしつけトレーニング 11日目
  12. 小鉄ちゃんしつけトレーニング 12日目
  13. 小鉄ちゃんしつけトレーニング 13日目
  14. 小鉄ちゃんしつけトレーニング 10日目
  15. 小鉄ちゃんしつけトレーニング 11日目
  16. 小鉄ちゃんしつけトレーニング 12日目
  17. 小鉄ちゃんしつけトレーニング 13日目

家庭犬しつけトレーニングの心構えとポイント

  1. 家庭犬トレーニング 教える人間の心構え
  2. リードでのショックとフォローのポイント
  3. 基本トレーニングと問題行動の対処方法要約

【PR】


ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」