犬の感覚器の中でも、最も鋭敏なのが、鼻、すなわち嗅覚です。空港などで、検疫に活躍しているのも、この犬の極めて優れた能力を利用したものです。スーツケースなどの中にある麻薬などの臭いを嗅ぎわけるなんて、人間にはとてもできる芸当ではありませんが、訓練したワンちゃんは見事にそれを嗅ぎわけ、知らせてくれるのですね。

そういえば、人気歌手を娘に持つ、某往年の有名歌手さんが、多額の現金をこの検疫のワンちゃんに嗅ぎつけられてしまいましたね。

また、昔から警察犬としてシェパードなどが活躍していますが、これも、臭いで犯人を追跡したり、その痕跡を探すために活躍しているのは、ご存知の通りです。

そのくらい、犬の嗅覚というのは優れているのです。

これは、訓練された犬だから優れているのではなく、基本的に犬自体の持つ大きな特徴です。その能力を人間社会で生かすために、訓練されたのが、空港や警察などで活躍するワンちゃんなんです。

では、どうして犬の嗅覚はそんなに優れているのでしょうか?

■スポンサーリンク

生まれたばかりの目もまだ開かず、耳も閉じている子犬でさえ、嗅覚だけはすでに発達しています。そんな犬の嗅覚の感度は、人間と比べると、100万倍といわれています。

100倍ではありません。100万倍です。すごいですよね。この臭いを嗅ぎ分ける器官が、鋤鼻器(じょびき)という嗅覚器官です。ヤコブソン器官ともいわれ、空気に含まれる特定の分子を嗅ぎ分けるための嗅覚器官です。

一般的な犬は鼻筋が長いですよね。だから、鼻腔も広くて、嗅粘膜の上皮膚(嗅上皮)に、たくさんんお嗅覚細胞が分布しているのです。嗅覚細胞の数は、人間では、およそ500万個なのに対して、犬は2億個いわれています。

さらに、鼻腔内の中鼻甲介が複雑になっていて、嗅粘膜を平らに広げて伸ばすと、その面積は人間の場合、約4c㎡ですが、犬の場合は、その広さは18~1500c㎡にもなるとのことです。

この人間に比べるととても膨大な数の嗅覚細胞で、極めて優れた嗅覚を得ているのです。ただし、前記の説明でも想像がつくかと思いますが、パグやフレンチブルドッグ、またシーズーなどいわゆるペチャ鼻系、短頭系のワンちゃんたちは、鼻腔が短いため嗅覚細胞の数も他の犬種に比べれば少なく、嗅覚もやや劣っているようです。それでも、人間に比べれば優れているのは間違いありませんが。

このように犬の嗅覚は非常にすぐれていて、人間社会でも役立っているのですが、実は犬社会自体も、この優れた嗅覚で成り立っている、といっても過言ではないようです。

例えば犬は、おしっこのフェロモンで相手の年齢や性別を判別できると言われています。お散歩で知らないワンちゃんに対面したときに、よくお互いにお尻の臭いを嗅ぎあっているのは、相手がどんなワンちゃんなのか、お互いに知ろうという行為なのですね。

また、雄犬は、マーキングという 尿で自分の存在を周囲の雄犬に知らせるという行為もよく知られています。もっともこの行為は雌犬でもすることがあるようですが。

■スポンサーリンク

このように犬の優れた嗅覚は、犬社会だけでなく、人間社会にも大変有益な能力として役立っているのですが、現在、さらにその能力を人間社会に生かそうという研究も進んでいるようです。

例えば、犬は飼い主さんの健康状態を、飼い主さんの臭いの変化で知ることができたり、さらには、その臭いの変化で、飼い主さんの病気、発作を予知できる可能性があるのではないか、という研究がされているそうです。

実際に、犬が人間の悪性皮膚腫瘍の転移先を嗅覚で捜し当てたり、糖尿病の血糖値の変化に反応したりするなどの報告もあるとのことです。

このように犬の嗅覚を利用して、物や人を探すだけでなく、今後は医療の場でも、嗅覚という犬の優れた能力が発揮される日も、遠くはないかもしれません。ますますワンちゃんたちは、人間にとって欠くことのできないパートナーになっていきますね。

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■スポンサーリンク

▼犬に関するお役立ち情報 メニュー

  1. 犬の禁止食!
  2. 犬用ガムにご注意!
  3. 犬はキシリトールNG!
  4. フランスパンにご注意!
  5. 誤飲、誤食にご注意!
  6. サラの避妊手術
  7. 犬も病は気から
  8. 治療ミスで130万円
  9. 8種ワクチンは安心?
  10. 犬の混合ワクチン
  11. ドッグフードの表示について
  12. 動物由来感染症
  13. 個”犬”情報保護
  14. 犬とお出かけ
  15. 雨の日はご注意
  16. 生後6か月でもなつく?
  17. 名前で性格が変わる
  18. 犬の起源
  19. 犬の鼻、臭覚は
  20. 犬の耳、聴覚は
  21. 犬の眼、視覚は
  22. 犬のマズル、歯は
  23. 犬の年齢

▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info