虹の橋、という
世界中に広まっている散文詩をご存知でしょうか。

ペットロスで苦しむ人の心を癒してくれる散文詩、それが「虹の橋」です。

ペットロスを癒してくれる散文詩をご存知でしょうか。

作者不詳、アメリカンインディアンからの伝承とも言われていますが、もともとは英語で書かれ、それが今や世界中に広がり、日本でも有名な「虹の橋」です。

このサイトでも、この「虹の橋」を紹介していますので、この散文詩をご存じない方は、ご覧になってみてください。

▼「虹の橋」亡くなった愛犬は待っている

■スポンサーリンク

虹の橋とは、天国へ渡る橋のことです。誰かに愛されていた動物は、死んだ後にまず虹の橋の手前の草原や丘のあるとても快適に過ごせる場所にやってきます。食べ物や水も豊富にあり、集まってきた動物たちが仲良く一緒に過ごしています。その場所には飼い主だった人間も死んだ後に訪れることになります。飼い主さんも亡くなって、ここにやってきた時にもう一度、ペットであった動物と飼い主さんがここで再会して、一緒に虹の橋を渡って、天国に行き、2度と離れることはない、という内容です。

この詩がペットを亡くした人間の、こうあってほしいという気持ちから創造されたものであろう、ということは多くの人が感じるところだと思います。

それでも、虹の橋を信じて、この散文詩に救われる、ペットロスで苦しんでいる人は多いのかもしれません。また、この詩によってペットロス症候群にならずにすんだ、という人もいるかもしれません。だから、今や世界中に広がっているのでしょう。

でも、本当に虹の橋があると信じる人はそう多くはないかもしれません。

確かに天国につながる虹の橋があるとは、信じにくいと思います。

■スポンサーリンク

ただ、私は虹の橋に近いような場所はあると信じています。

人間も動物も、この世に生を与えられたものがこの世で死ぬということは、その体を失うだけで、心は存在すると信じています。

愛犬はその体は失っても、心は存在する、この私たちが生きている肉体の世界ではなく、生きている私たちには見えにくい、この三次元とは違う次元の中で。

そして、生きている人間は死ななくても、ある方法を使って、そこに行くことは不可能ではない、とも思っています。

こんなことを書いていると、なんかおかしい、怪しい人だと思われそうですが、本当に信じています。

では、その方法は、というと、明晰夢です。

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■スポンサーリンク

▼ペットロス メニュー

  1. ペットロスとペットロス症候群
  2. 愛犬が老衰で亡くなった場合
  3. 愛犬が病気で亡くなった場合
  4. 愛犬が事故で亡くなった場合
  5. ペットロス症候群にならないために
  6. 愛犬と再び会える虹の橋
  7. 愛犬との再会を実現する方法

▼飼い主さんへのお役立ち情報 メニューページへ


▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info