亡くなった愛犬が
飼い主さんを待っているという虹の橋

「虹の橋」、世界中に広まっている作者不詳の散文詩です。「犬の十戒」が犬を今飼っている人に向けているのに対して、「虹の橋」はペットを失った人を力づけてくれる散文詩です。知っている方も多いと思いますが、下にご紹介したいと思います。

ネットで「虹の橋」というキーワードで検索すれば、たくさんのサイトで紹介されているのがわかると思います。元々は英語の詩とのことで、日本語への訳し方もいろいろとあるようですが、当然のことながら、内容は同じです。

ここでも、一応日本語に訳したらこんな感じかな、という少し意訳的な部分もある日本語訳を下にご紹介し、そのあとに英語の原文をご紹介します。

■スポンサーリンク

虹の橋

ここは虹の橋と呼ばれる橋のたもと、橋の向こう側はもう天国です。
とても大事な人と一緒にいた動物、つまりペットとして飼い主さんに愛されて暮らしていた動物は、永遠の眠りについたあとに、この虹の橋に来るのです。そこには、ここに来た全ての動物たちのために、広々とした草原と丘があり、みんなで走り回ったり、遊んだりできるのです。食べ物や水も豊富にあり、太陽の日差しがたくさん降り注ぐ、みんなが心地よく、快適に過ごすことができる場所なのです。

病気のために、また年老いて亡くなった動物たちも、そして体が傷ついたり、不自由だったりした動物たちも、みんな、私たちが夢で見るような、かつての元気いっぱいの姿に戻っています。動物たちは、ここで過ごすことがとても楽しく、そして満足しています。でも、そんな動物たちにも、ひとつだけ心に引っ掛かることがあるのです。それは、動物たちそれぞれが残してきた、動物たちひとりひとりにとって、とっても特別で大事な人と会えないことです。

動物たちみんなが、走り回ったり、遊んだりしている、そんな中、その日はやってきます。ひとりの動物が、突然立ち止まり、遠くを見つめています。彼の輝く目はその1点を見つめ、喜びで身震いしています。と、突然彼は走り始め、みんなから離れていきます。緑の草原の中を飛ぶように走り、どんどんそのスピードを上げていきます。あなたに向かって。

あなたは立ち止まっていました。最愛の友とついにまた会えたのです。勢いよく走ってきたあなたの最愛のペットと、しがみつくように抱き合い、歓喜に満ちた再開を果たすのです。もう2度と離れることはありません。キスの雨があなたの顔に降り注ぎ、あなたはその愛しい頭をしっかりと撫でてあげます。そして、長く逢えずにいた、でも決して忘れることのなかったあなたのペットの信頼に満ちた目を、あなたはもう一度見つめるのです。

そして、一緒に虹の橋を渡っていくのです・・・。

作者不詳

Rainbow Bridge

Just this side of heaven is a place called Rainbow Bridge.
When an animal dies that has been especially close to someone here, that pet goes to Rainbow Bridge. There are meadows and hills for all of our special friends so they can run and play together. There is plenty of food, water and sunshine, and our friends are warm and comfortable.

All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor. Those who were hurt or maimed are made whole and strong again, just as we remember them in our dreams of days and times gone by. The animals are happy and content, except for one small thing; they each miss someone very special to them, who had to be left behind.

They all run and play together, but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance. His bright eyes are intent. His eager body quivers. Suddenly he begins to run from the group, flying over the green grass, his legs carrying him faster and faster.

You have been spotted, and when you and your special friend finally meet, you cling together in joyous reunion, never to be parted again. The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head, and you look once more into the trusting eyes of your pet, so long gone from your life but never absent from your heart.

Then you cross Rainbow Bridge together….

Author unknown…

■スポンサーリンク

「虹の橋」とは、飼い主さんに愛されて暮らしていた動物、犬だけでなく、猫やうさぎなど、ペットとして飼われていたすべての動物が、亡くなった後に、天国へ行く前に、後から必ず来る飼い主さんを待っているところなのですね。

すぐに天国には行かずに、飼い主さんも亡くなり、ここへ来るのを待って、飼い主さんと一緒に天国に行く、ということです。

犬の平均寿命は15年弱と言われています。もちろん、もっと早く亡くなってしまう犬もいるし、20年以上生きる犬もいます。

でも、人間の寿命に比べれば圧倒的に短く、ほとんどの場合、ペットとしての犬は飼い主さんよりも早く亡くなってしまいます。

しかし、飼い主さんにも、その命を終える時が必ずやってきます。

だから、先に逝った犬は、虹の橋で待っていれば、必ず、飼い主さんと再会することが出来るのです。

そして、飼い主となった人は、必ず亡くなった愛犬にまた会うことが出来る、ということになるのです。

この詩は誰によって書かれたかはわからず、アメリカンインディアンの伝承に基づいているとも言われているようですが、誰が書いたにせよ、この詩を書いた人は愛するペットを失い、悲しくて悲しくて、でもまた絶対に会いたい、必ず会えると信じて、書いたのでしょう。

そんなことはあり得ない、と言ってしまえばそれまでですが、どう考えるかは、この詩を読んだ人によって違い、それでよいと思います。

ただ、この散文詩が全世界に広まっていることを考えると、やはり、この詩を信じたい、このの詩で救われた、という人がたくさんいらっしゃるのでしょう。

私もある意味では、この散文詩を信じます。

「虹の橋」というところがあるかどうかは、わかりませんが、人間も動物も、全ての生あるものは、体を失っても、その魂というか、心というか、その体に宿していた意識のようなものは、必ず残っていると思っています。

あまりこの話を突っ込んで書くと、頭がどうかしているのでは、と思われてしまうかもしれないので、ここではあまり書きません。

が、簡単に言うと、物理的な肉体が住むこの次元とは違う、意識だけで存在できる次元があり、体を失っても、心はそこに移るだけである、とおもっています。

そして、天国と言われるところはその次元のどこかにあるのだろうと。あるいは、天国はまたそこから次の次元に移るのかもしれません。

そして、そこへは必ずしも、死ななくても行けるのではないかとも思っています。

夢の中、もっと言えば、明晰夢を探索していけば、必ずそこに行けると信じています。

そこに行けば、先に行った愛犬たちに必ず会える、愛犬だけでなく、亡くなった人たちにも、と。

と話がそれてしまうので、この辺りでやめておきましょう。

もし、少しでもこの話にご興味がある方は、「愛犬との再会を実現する方法」もご覧になってみてください。

ただ、必ず先に行った(逝った)愛犬たちに会いたいと思い頑張っています。

さて、話を「虹の橋」に戻したいと思います。

上に紹介した「虹の橋」は、第一部だそうで、第二部があるのです。

  1. 虹の橋 Rainbow Bridge
  2. 虹の橋で At the Rainbow Bridge
  3. 虹の橋「雨降り地区」

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■スポンサーリンク

▼飼い主さんへのお役立ち情報 メニューページへ


▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info