家以外の場所での寝泊りにも慣れておく

災害時の避難所生活などでは、普段の慣れた家とは違ったところで犬も生活せざるを得ない場合も多いでしょう。

また、普段世話をしている家族以外の人が、世話をせざるを得ない場合もあるでしょう。

■スポンサーリンク

そういったことにも対応できるように、犬を育てることも特に災害時には有効でしょう。

具体的には、単純なことで、旅行などに行く場合は、犬をペットホテルに預けるということです。

ペットホテルに預けることによって、家族以外の人に世話をしてもらうこと、そして家とは違った環境で寝泊りすることになります。

普段の生活の中で、ペットホテルに預けるという状況は年に何回もないかもしれません。

でも、機会があれば、また機会を作って、犬をペットホテルに預けて、家以外の環境や人での寝泊りに慣れておくと、万が一の災害時でも、犬がストレスを感じにくくなると思います。

■スポンサーリンク

これは、災害時ではなくても、例えば、病気やケガで動物病院に入院する、というような時にも、犬のストレスを軽減することになるでしょう。

ペットホテルではなくても、普段の家とは違う環境や家族以外の人に世話をしてもらうことへの抵抗感をなくすような機会があれば、積極的に利用されると良いのではないでしょうか。

また、こういった場合、ほとんどの場合、犬はケージの中での寝泊りになるでしょう。

従って、普段からハウスでの寝泊りが犬のとっての当たり前となるような飼い方・しつけ方がやはり重要になるのです。

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セットはこちらからどうぞ

★森田式犬のしつけ方法とは?

■スポンサーリンク

▼災害と犬 メニュー

  1. 災害時に愛犬をどうする?
  2. 災害時は人命最優先、それを踏まえて
  3. 災害時に確実に犬を助けられる方法はありません
  4. 攻撃性のない犬に育てる
  5. 基本的なしつけが確実に出来るように育てる
  6. 家以外の場所での寝泊りにも慣れておく
  7. 確実に犬を助ける方法はないけれど

▼飼い主さんへのお役立ち情報 メニューページへ


▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info