サモエドってどんな犬?

サモエド、それほどポピュラーな犬種ではなかったと思いますが、最近は、テレビを見て知っている、という方もけっこう多いのかもしれません。

テレビで有名になったサモエドは、残念ながら亡くなってしまった、”ZIPPEI”ですよね。

ZIPPEI君を見て、あの真っ白な体毛と、人懐っこい性格、そしてサモエドスマイルと言われる、独特の表情など、思わず、サモエドを飼ってみたい、と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このページでは、サモエドの写真は掲載していませんが、サモエドの写真を見たい方は、下のリンクからグーグルのサモエドの画像検索画面で見てください。

▼サモエドの画像検索結果 by google

■スポンサーリンク

サモエド登録数順位と登録数

最近は日本での認知度も上がってきたサモエドですが、まだまだ希少犬種といってもいいようです。参考までにJKCでの登録数は下記の通りとなっています。

下のグラフをご覧ください。オレンジの棒がサモエドの毎年の年間登録数、ブルーの棒がJKCのすべての犬種の総登録数、グレーの折れ線がサモエドの順位です。(※ブルーの総登録数は、表示の都合上実際の数字の1/1000となっています。)

▼サモエド登録数順位 登録数 JKC棟登録数

  • 2015年 47位 194頭 JKC総登録数:301605頭
  • 2010年 58位 129頭 JKC総登録数:392958頭
  • 2005年 63位 217頭 JKC総登録数:554151頭
  • 2000年 57位 251頭 JKC総登録数:447978頭

samoedo

2004年以降、それまでより若干登録数が減少していますが、ここ2~3年は、やはりテレビの影響でしょうか、少しずつですが、増加傾向にあるようです。

それでも年間での登録数は、まだ2015年時点で、200頭に満たないので、どちらかと言えば、希少犬種と言っても良いかもしれません。

見た目の可愛さと、活発で明るい性格ですから、もっと人気があってもいい犬種ですね。

ただし、決して飼いにくい犬種ではありませんが、このサモエド、飼うにはそれなりの心構えと覚悟が必要だということをまずはお断りしておきます。

と言って、攻撃的であったり、扱いにくい犬、というわけではありません。

何に覚悟が必要かというと、まずはその圧倒的なパワフルさです。後で説明するように北極で自分の倍以上の荷物を“そり”を引いていける強い脚力、散歩でサモエドが思いっきり引っ張ったら、半端ではありません。

そしてもうひとつは、被毛の手入れです。

極寒の北極圏でも耐えられるサモエドの被毛は、ペットとして飼おうとする場合には、ブラッシングやシャンプーなどのお手入れも、普通の愛玩犬以上に大変な作業です。

主にこの2点が、サモエドを飼うときに覚悟する点です。

サモエドは、決して飼いにくい犬種ではないと思います。サモエドの歴史的な背景からも、性格は人に対してとても友好的であり、攻撃的な性格要素はかなり少ない犬種と言われています。

ただし、サモエドの歴史を知ればわかる通り、超強靭な足腰と極寒の地でも耐えられる被毛は、並ではないのです。

■スポンサーリンク

また、暑さには注意が必要で、”ZIPPEI”君たちも、亡くなった原因は熱中症です。

ただし、それらを覚悟の上で、それなりの心構えを持ってサモエドをしっかりと飼えるのであれば、サモエドは、他の犬種では味わえないような一緒にいる楽しさを飼い主さんに与えてくれるでしょう。

先ほども少し書きましたが、サモエドを知るには、そのサモエドの辿ってきた歴史を知ることが、とても役に立つと思います。

その歴史から、サモエドの性格も成り立ってきたのでしょう。

サモエドの歴史と性格についても、別のページでまとめてみましたので、ご覧になってみてください。

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■スポンサーリンク

ad_b

▼サモエドメニュー

▼▼▼▼▼

☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」