犬の賛否両論-オスとメスどちらが飼いやすい?

犬を飼おうとするときに、性別をどちらにするか迷う方も多いのではないでしょうか?飼いやすさ、という点では、一般的にメスの方が飼いやすい、という意見が多いように思います。もちろん、オスの方が飼いやすい、という意見も少なくないのですが。

■スポンサーリンク

😛 賛成意見の主張

子犬から飼い始めた場合、メスの方が落ち着くのが早く、オスのようにやんちゃではない、だから、オスに比べて、メスの方が飼いやすいのです。

また、おしっこも、オスのように足をあげることがないので、室内にトイレを設置しやすく、万が一、トイレ以外のところでしても、掃除しやすいです。

お散歩でも、メスの方が断然楽です。

オスは、そこらじゅうにマーキングをして、他のオスに吠えたりします。

発情しているメスがいれば、くんくん匂いを嗅ぎまわって困るでしょう。

体の大きさも、どちらかと言えば、メスの方が小柄で扱いやすいと思います。

・・・・・というようなことが、犬はメスの方が飼いやすい、という賛成意見として多く聞かれます。

🙁 反対意見の主張

犬は、オスの方が飼いやすく、何といってもオスの方が愛嬌があって、可愛いです。

メスは、成長すると落ち着いてしまって、一緒に遊ぶには面白くありません。オスの場合は成長してもやんちゃで活動的で、一緒に遊ぶには断然オスの方がいいです。

オスはよく吠えると言いますが、メスも吠える犬はよく吠えます。そして、オスの場合は、吠える相手もほとんどオスですが、メスの場合はオス、メス関係なく吠えます。

また、メスはマーキングしないという方がいますが、メスもマーキングします。マウンティングするメスもいます。

おしっこするときに足を上げるので、室内でトイレをさせにくい、という人もいますが、ちょっと工夫してあげて、しっかりとしつけをすれば、オスでも室内のトイレでまったく問題ありません。

それよりも、メスは、発情すると出血はあるし、散歩にも連れていけません。オスには、まったくその点での心配はありません。

体の大きさも、小型犬であれば、メスとかわりません。そして、大型犬の場合は、オスの方が大きくなることが多いのですが、むしろ大きいほうが大型犬らしく、堂々と見えるので、オスの方がかっこよく見えます。

犬を飼うなら、絶対にオスですね。

というのが、反対意見の主張です。

🙄 あなたの意見はどうですか?

■スポンサーリンク

犬はオスとメスとどちらが飼いやすいか?という、このテーマに関しては、正解はない、というのが私たちの意見です。

上で書いている、賛成意見、反対意見、それぞれ一般論としては間違っていないと思います。でも、犬種による違いと同じで、オスとメス、というよりも、やはり個体差の方が大きいと思います。

もちろん、オスは、足をあげておしっこする(オスでも足を上げない子もいます)ことや、メスの発情などは性別の差としてはっきりしているのですが、これもしつけや飼育管理、また去勢、避妊手術で対処することもできます。

また、オスで問題とされる、マーキングやマウンティング、これは、メスでもあることです。

そして、これらの点は、性別に関係なくしつけトレーニングで簡単にやめさせることができます。

オスかメスか、は好みの問題であり、どちらでもそれほど違いはないと思います。

ただ、オスの方がやんちゃな時期が長い、ということは感じることもあり、また特に大型犬では、オスの方が大きくなりやすい、ということは確かにあると思います。

でも、メスでもおてんばな子もいますし、吠える子もいます。

オスでもメスでも、しっかりとした飼い方、しつけ方を飼い主さんがするかどうか、ということがその犬の飼いやすさを決めると言ってよいでしょう。

要するに、犬の飼いやすさは、オスかメスかで決まるのではなく、飼い主さんの飼い方、しつけ方次第、ということです。

▼犬の賛否両論

★☆★ ペット・トライアングルの一押ししつけDVD
ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■スポンサーリンク

▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info