犬の賛否両論-犬に洋服はあり?なし?

犬用の洋服、今は、ペットショップなどに行くといろいろな種類の犬のための洋服が売っています。小型犬用だけでなく、大型犬用の洋服、雨の日用のレインコートも売っていますようね。でも、犬に洋服なんて、と思っている方も少なからずいるようですが…。

■スポンサーリンク

犬に洋服を着せるなんておかしいでしょう。

犬は人間と違って、毛で覆われているのだから、洋服を着る必要は全くないと思います。

犬を人間の子供のように扱って、洋服で着飾るなんて、どうかしているでしょう。

ペットショップの誘いに乗せられるものですか。

犬は、洋服なんか着せないで、その犬の特徴である自然の姿がもっともきれいで、かっこいいのです。

変な洋服を着せたら、犬がかっこ悪くなってしまうでしょう。

だから、犬に洋風なんて、絶対に着せません。

・・・・・というようなことが、犬に洋服はない、というのが賛成意見でしょうか。

🙁 反対意見の主張

犬と言っても家族の一員、洋服を着せてあげるのは全然問題ありません。

似合う洋服は、その犬を可愛くしてくれます。

そして、単に見た目の問題だけではありません。寒い冬に外へ連れていくときには、犬だって、洋服を着た方が寒さを防げるでしょう。

逆に夏は風通しの良い洋服であれば、直射日光を防ぐことができます。

また、雨の日の散歩では、レインコートを着せなければ、犬がずぶぬれになってしまいます。

また普段から洋服を着せることに抵抗がないようにしておけば、万が一怪我をして、包帯なんかをしなければいけなくなった時に、包帯を付けるのに、抵抗感を減らすことができます。

そういう意味でも、犬には洋服を着せるようにさせる方がよいと思います。

というのが、犬に洋服の肯定派の意見となるでしょうか。

🙄 あなたの意見はどうですか?

■スポンサーリンク

私たちの意見は、犬には洋服を着せる週刊を付けさせるべき、ということで反対意見を支持します。

ただし、確かに本来は犬に洋服なんか着せる必要はなく、そのままの姿が犬の良さを一番感じさせてくれると思っています。

また、被毛はもともと体を程するためにあるので、洋服を着る必要はない、というのも間違っていないと思います。

しかし、現在の犬はほとんどの場合、ペットとして飼われていて、小型犬はもちろん、大型犬でも室内で飼われることが多く、私たちも、そうするべきだと考えています。

外で生活していれば、季節によって犬の被毛の状態も、季節に合わせて変わっていきます。しかし、室内で生活している犬は、つねに空調でよい環境が保たれている室内で生活しているため、必ずしも季節に合った被毛の状態になるとは限らず、また体自体が暑さや寒さにさらされる生活をしていません。

したがって、やはり、特に小型の犬は寒い冬に外に出るときは、洋服を着せて寒さを防いであげることは有効です。

また、犬に洋服を着せて、飼い主さんが可愛く感じれば、犬もその気持ちを感じて喜んでくれるでしょう。

そして、私たちが犬に洋服を着せる習慣をつけさせることによるもっとも大きなメリットは、犬が年老いた時のためです。

老犬になったときに、犬もおむつが必要になる場合もあります。その時、普段から洋服を着る週刊のある犬であれば、比較的抵抗なく、おむつを付けることができます。また、寝たきりになり、床ずれができて包帯などをしなければなくなったとき、それを付けても、犬は不快に感じずに済むかもしれません。

また、老犬ではなくても、怪我や病気で、動物病院に行き、包帯などなにかしら体に身につけなくてはいけなくなる時もあります。その時も、普段から洋服を着る習慣があれば、抵抗なくそれらに対応できるでしょう。

そういったことから、できれば、犬も普段から洋服を着ることに抵抗がないようにしておく方が、何かの時に犬のためにもなり、飼い主さんのためでもあると思います。

▼犬の賛否両論

★☆★ ペット・トライアングルの一押ししつけDVD
ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■スポンサーリンク

▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info