犬は室内で飼うべき、でしょうか?

犬を飼う時に、外で飼うか、室内で飼うか迷う方もいらっしゃるでしょうか?

以前は犬を飼うのは外、というのが常識だったかもしれません。でも、最近は外で飼われる犬はかなり減ってきて、室内で飼われる犬が多くなってきました。犬を飼う時は、外か、室内かどちらで飼うべきでしょうか。このページでは室内でかうべきが賛成意見としています。

■スポンサーリンク

😛 賛成意見の主張

犬も生きている動物です。しかも、野生の動物と違い、人間の生活に密着した、人間と一緒に生活する動物です。

そして、動物とはいえ、犬は家族の一員です。

外で飼うべきではありません。

昔は犬と言えば、番犬という意識が強かったのかもしれませんが、現在の考え方は全く違います。

番犬にすれば、犬は常に家を守るためにストレスがかかった状態で、夏や冬は暑さ、寒さにさらされ、心身ともに常に強いストレスを受けていることになります。

最近は犬の寿命が一昔前に比べてかなり伸びてきました。

その要因のひとつが、犬を室内で飼うようになったことと言われています。

犬は、大事な家族の一員です。

室内で人間と同じ環境で、飼ってあげるべきです。

・・・・・というのが賛成意見です。

🙁 反対意見の主張

昔から犬は外で飼うのが常識です。

犬は外で飼われることによって、自然に対する抵抗力を付けて、暑さや様憂さにも強くなります。

ペットとはいえ、犬も動物ですから自然に近い環境で飼うのが一番です。

それに、犬を家の中で飼ったら、毛が抜けたり、おしっこやうんちをしてして家が汚れたり、臭くなってしまいます。

また犬には番犬の役目もあるのだから、外で飼わないと意味がありません。

犬を室内で飼うなんて、とんでもないです。

犬は外で飼うべきです。

・・・・・これが反対意見でしょうか。

■スポンサーリンク

🙄 あなたの意見はどうですか?

ペット・トライアングルとしては、強く室内飼いに賛成です。

たとえ、ジャーマンシェパードのような大型犬でも、ペットとして家族として迎えるのであれば、室内で飼ってあげるべきだと考えます。

番犬にする場合はどうするんだ、という意見もあるかもしれません。

しかし、犬を番犬にすること自体が反対です。

番犬にすれば、上記賛成意見のとおり、犬には常に心身ともに強いストレスがかかることになり、結果的にその犬の寿命を短くしてしまうでしょう。

このテーマに関しては、ペット・トライアングルの意見は明確です。

少なくとも家庭で犬を飼う場合は、犬は番犬にするべきではなく、家族の一員として迎え、人間と一緒に室内で生活させてあげるべきと考えます。

あなたはどう思われますが?

▼犬の賛否両論

★☆★ ペット・トライアングルの一押ししつけDVD
ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■スポンサーリンク

▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info