犬の賛否両論-対面販売

子犬の対面販売の義務化とはどういうことでしょうか?

これは、子犬の販売者となる者は、実際に購入するお客様と直接顔を合わせて、犬に関する説明をしなければ、販売してはいけない、というものです。つまり、電話やEメールでの説明、またスカイプなどのテレビ電話的なものも含めて、実際に直接お客様と会う以外の手段での説明だけでは、子犬を販売してはいけない、ということです。では、それぞれ賛否の主張はどうでしょうか。

■スポンサーリンク

生きている子犬であり、安い買い物ではないのだから、実際に直接売る人と、買う人が顔を合わせて話をするのが当然でしょう。

実際に売る人の顔を見ないと、どんな人かわからないし、本当に存在する人なのかどうかもわからなくて、心配でしょう。

それにもともとペットショップでは対面販売が当たり前です。

生きている子犬をインターネットで、メールや電話だけで子犬を売ったり、買ったりすること自体が問題なのです。

・・・賛成意見の主張は、こういったことでしょうか。

🙁 反対意見の主張

確かに、実際に会ってお話するのがベストであると思います。でも、must ではないのではないでしょうか。

犬に関する説明に関して言えば、ホームページも利用した、Eメールによる説明の方が、わかりやすく、また詳細に説明することが出来ます。

また、そういったEメールも利用した上で、電話で不明点やご質問に対応すれば、お客様が必要となる、あるいは知りたい情報は、全て問題なくお伝えすることができます。

また、Eメールを利用することにより、言った言わないの問題もなくなり、またお客様はEメールによって、疑問を持ったときに、夜中でもいつでも、質問が出来たり、回答内容を確認することができます。

また、子犬は生きています。だから、普通の商品のように子犬をお客様のお引き渡ししたら、それで終わり、というものではありません。

飼い方、しつけ方などいろいろなアフターフォローが必要になります。

それに関しても、いつでもメールや電話でお客様と対応できる、またそういう環境があるということは、お客様にとっても、販売者にとっても、メリットになると思います。

もちろん、お店で販売しても同じことは可能でしょう。しかし、実際にそのような対応ができるお店がどのくらいあるでしょうか。ほとんどの場合、お客様がお店まで、相談に足を運ぶ、ということになるのではないでしょうか。

対面して販売したから、問題がないか、というとそういうことでもありません。

実際に対面して購入された子犬のトラブル事例はたくさなります。対面販売をしていないネット販売だから問題が起きるのではありません。

現物確認と同様、要は、販売者のモラルの問題です。

インターネット、またパソコンだけでなく、タブレット、スマホなどの端末が普及し、便利に使いやすくなり、今後、通信環境およびそれを利用する端末機器がどんどん便利に、誰でも使えるようになっていく中、まさに、時代に逆行していると思います。

また、対面販売の義務化は他にも問題があります。

それはどこにで売っている人気犬種ではなく、いわゆる希少犬や、また大型犬を迎えたい、という場合です。

希少犬種の場合、ブリーダーさんも全国各地にいらっしゃるということはほとんどなく、限られた数のブリーダーさんしかいらっしゃいません。

そういった犬種の購入希望の方と、ブリーダーが離れている場合、必ずしも購入希望者の近くにその犬を販売できるお店があるとは限りません。

今までは、ネットでのブリーダー直販ショップが、お客様のご希望の犬種のブリーダーを探し、確認して、実際にお客様と対面することなく、電話やEメールを利用して、お引き渡しすることが可能でした。

もちろん、お客様のご希望により写真や動画などの情報も提供し、例えば、北海道の子犬を東京のネットペットショップが仲介して、九州のお客様に空輸でお引き渡しすることも、可能でした。

また人気犬種でも、お客様のお住まいの地域に希望されるような子犬がいない、ということも多く、ネットで探して遠方のブリーダーのところで生まれている子犬を購入する、ということがやりやすかったのですが、対面販売の義務化により、そういった購入も制限されることになりました。

対面販売は悪いことではないと思います。しかし、それが義務化となると、ブリーダー、お客様双方に、デメリットが多くなった、と感じます。

通信環境や端末機器がどんどん便利になっていくことを利用して、子犬の販売方法も、よりお客様はもちろん、地方のブリーダーさんにとっても、便利で問題のない方法を開発していくべきではないでしょうか。

🙄 あなたの意見はどうですか?

■スポンサーリンク

私たちも対面販売ができるのであれば、するべきだと思います。しかし、mustではないと考えます。薬でさえ、ネットでの販売が緩和方向に進む中、ペット業界は完全に、時代に逆行しています。既存ペットショップ業界のネット販売への圧力の結果としか思えません。と考えていますが、みんさんのご意見はどうでしょうか?

▼犬の賛否両論

★☆★ ペット・トライアングルの一押ししつけDVD
ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■スポンサーリンク

▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info