シーズー、顔がライオンに似ているところから
獅子狗(シー・ズー・クウ)と呼ばれました。

シーズーは、中国宮廷で愛されたペキニーズとラサ・アプソとの交配によって誕生したと
言われています。

チベットの寺院から皇帝へ送られたことで、有名になったとのことで、顔がライオンににていることから、獅子狗、チベット語でシー・ズー・クウと呼ばれ、神の使者として神聖なものとされていたようです。

シーズーは、かわいい愛玩犬で、間違いはないと思いますが、意外に骨太で筋肉質のしっかりした体つきです。

丸顔に、くりくりしたかわいい瞳で、とても表情が豊かなワンちゃんです。

一緒にいると犬というより、人間と一緒にいるような錯覚をおこさせてくれるほど。

一人暮らしのお年寄りが、シーズーを話し相手にしていることもあるそうです。

シーズー自体は、それほど賢いワンちゃんとは言われていないようですが、その顔の反応と表情は、いかにも人間の言葉をよく理解しているかのような反応を示してくれます。

実際に、シーズーは人間の言葉をよく理解しているのかもしれませんね。

■スポンサーリンク

シーズー、性格は見かけによらず、繊細、かつ頑固です

シーズーは、基本的には、陽気で活発なワンちゃんです。

感情表現も豊かで、飼い主さんには、とても忠誠心も強いワンちゃんです。

しかし、飼い主さん以外には、なかなか気を許さなかったり、また、自尊心が強くて、一度自尊心を傷つけると、なかなかやっかいなところもあるようです。

従って、お客さんなどが着てときに、激しく吠え立てることもあるようなので、ハウスなど、しっかりとした躾をしておくことも重要です。

そういった面もよく理解して、うまくコントロールしてあげれば、シーズーは、とても表情豊かな、よき話相手として最高のワンちゃんです。

■スポンサーリンク

シーズー、毎日のブラッシングは忘れずに!

美しい被毛には、毎日にブラッシングは基本です。

毛玉を防ぎ、皮膚に適度な刺激も与えてくれます。

また、長いタレ耳なので、耳掃除もこまめにしてあげましょうね。

そして、ペチャ鼻の犬種共通の、高温多湿には、充分注意が必要です。

激しい運動は必要ありませんが、お散歩や遊びで、適度な運動は必要です。

最初にも書いた通り、もともとシーズーは由緒ある、神聖なワンちゃんです。

シーズーの性格をよく知った上で、しっかりと育てれば、毎日の話し相手として、きっと心も癒してくれるワンちゃんになってくれるでしょう。

▼シーズー メニュー

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■スポンサーリンク

ad_b


☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」