シェットランドシープドッグ(シェルティー)ってどんな犬?

シェットランドシープドッグ、通称シェルティーと呼ばれている人気犬種です。

外観は、かの名犬ラッシー(かなり古い?)で有名なコリーを小さくしたような、とてもきれいな犬です。

このページでは、シェットランドシープドッグ(シェルティー)の写真は掲載していませんが、下のリンクから、グーグルの画像検索でシェットランドシープドッグでの検索結果がご覧いただけます。

▼シェットランドシープドッグの写真(グーグルの画像検索結果)

シェットランドシープドッグ(シェルティー)は常に一定の人気を保っていて、2015年のJKCの登録数順位は24位で、登録数は1986頭です。参考までに23位はイタリアングレーハウンド、25位はボストンテリアです。

ただし、下のグラフを見てもらうとわかるように、2000年以降、シェットランドシープドッグ(シェルティー)の登録頭数は、次第に減ってきて、登録数順位もじわりじわりと下がってきています。それでもまだまだ根強い人気を持っているのがシェットランドシープドッグ(シェルティー)なのです。(※下のグラフのブルーのJKC総登録数は、表示の都合上実際の数字の1/50となっています。)

▼シェットランドシープドッグ登録数順位 登録数 JKC総登録数

  • 2015年 24位 1986頭 JKC総登録数:301605頭
  • 2010年 22位 2642頭 JKC総登録数:392958頭
  • 2005年 21位 4852頭 JKC総登録数:554151頭
  • 2000年 16位 9375頭 JKC総登録数:447978頭

data-shelty

*データはJKCの公開データからの引用です。

上のデータにはありませんが、1999年は、10247頭で1万頭を超えるJKCの登録がありました。そういう意味では、2015年の1986頭というのは、その当時の1/5ということで、かなり減っているともいえます。

現在のシェットランドシープドッグ(シェルティー)の人気も決して低いとは言えません。

しかし、上の表からその流れを見ると、現在のシェットランドシープドッグ(シェルティー)は、本当にシェットランドシープドッグ(シェルティー)が好きなブリーダーが繁殖して、本当にシェットランドシープドッグ(シェルティー)が好きな人が、シェットランドシープドッグ(シェルティー)を飼っている、と言えるのかもしれません。

人気犬種は、その人気ゆえにその犬種のにわかブリーダーが増え、乱繁殖が問題になります。その意味からは、現在のシェットランドシープドッグ(シェルティー)の状況は、犬にとっても、ブリーダーにとっても、そしてシェットランドシープドッグ(シェルティー)を飼いたい人にとっても良い状況になってきている、とも言えそうです。

さて、そのシェットランドシープドッグ、通称シェルティーと呼ばれるこの犬種はどんな犬なのか、以下に簡単にご紹介していきたいと思います。

■スポンサーリンク

シェットランドシープドッグ(シェルティー)の大きさ

JKCでは、シェットランドシープドッグの理想体高が、牡:37cm 牝:35.5cmとし梅されています。そして、33cm未満、上限40.5cmを超えるものは極めて好ましくない。とも書かれています。成犬の体重はだいたい10㎏弱ぐらいが平均的なところでしょうか。一般的なサイズで言えば、中型犬となります。

しかし、最近はミニチュアシェルティーと呼ばれている、小型犬サイズのシェルティーの人気があるとも言われています。

このページの最初にも書いたように、外観は、コリー、性格にはラフコリーにそっくりです。

しかし、シェットランドシープドッグ(シェルティー)はラフコリーを小型化した犬種ではないよです。

■スポンサーリンク

シェットランドシープドッグ(シェルティー)の名前の由来

シェットランド・シープドッグ=シェットランド諸島の牧羊犬という意味となります。

シェットランド・シープドッグ、通称シェルティの見た目は、コリー、正確にはラフ・コリーを小さくした、コリーのミニチュア版、と言ってもよいでしょう。おそらく、誰が見てもそう見えると思います。

しかし、シェットランドシープドッグ(シェルティー)の場合は、他の犬種、例えばトイプードルやミニチュアダックスフンドといった犬種のように、コリーを小型化した犬種ではないのです。

シェットランドシープドッグ(シェルティー)は確かにコリーにそっくりで、祖先を同じくすることに異論を唱える人はいないようですが、その名前が示す通り、限られた地域で育ってきた犬種なのです。

シェットランド・シープドッグという犬種名は、シェットランドという地域の牧羊犬ということに由来しています。

シェットランド、と言っても、すぐにどこにある地域なのかを思い浮かべられる方は少ないかもしれませんね。

シェットランドとは、スコットランド本土、つまりイギリスの北部から海を挟んで北へ170㎞ほどのところにあるシェットランド諸島のことです。

地図で見るとよくわかりますが、シェットランド諸島は、スカンジナビア半島とスコットランド本土との中ほどのところにあり、もともとはスカンジナビア半島の影響を強く受けていました。そして8世紀終わりごろから9世紀にかけては、かのヴァイキングに占領されていたようです。

その後、ノルウェイ王国の一部となり、いろいろな経緯を経て、現在はスコットランドの一部となっているのがシェットランド諸島です。

このいろいろな経緯は、犬とは関係ありませんので省略しますが、調べてみるとかなりいろいろです

このような歴史の中で、シェットランド諸島で暮らす人々と常に生活を共にしてきたのが、シェルティの元となった、牧羊犬なのです。

では、その後、どのように現在のシェルティーとなったのでしょうか?

このシェットランドシープドッグの歴史については、少し長くなるので、「シェットランド・シープドッグ、シェルティの歴史」のページでご紹介します。

また、シェットランドシープドッグの一般的に言われる性格、そして実際に私が家庭犬トレーニングなどで接してきたシェットランドシープドッグの性格について、「シェットランド・シープドッグ、シェルティの性格」のページでご紹介しています。

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■スポンサーリンク

ad_b

▼シェットランドシープドッグ メニュー

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」