■スポンサーリンク

シェットランドシープドッグ、通称シェルティも、しつけトレーニングで格段に飼いやすくなります。

ではどのようなしつけトレーニングが必要でしょうか。

これは決して難しいことではありません。

以下の5つがしっかりとできれば、日常生活でまず困ることはありません。

  • リーダーウォーク
  • スワレ
  • マテ
  • オイデ
  • ハウス

この5つがしっかりと出来ていれば、シェットランドシープドッグ、シェルティとの主従関係はできている、
ということになります。

これが出来ていれば、例えばシェルティがやってほしくないことをやっていたら、
即座にスワレ、と指示して座らせて、その行為を一時的に止めさせることができます。

また、室内であれば、即座にハウスさせることができます。

そして、別途、そのやめさせたい行動に特化したトレーニングで、永久的に止めさせることできます。

したがって、まずは上の5つがしっかりと出来れば、シェルティは素晴らしい家庭犬として一緒に暮らすことができるのです。

あえてひとつ加えれば、トレーニングのバリエーションとしてフセを加えてもよいでしょう。

実際に、家庭犬としてのしつけトレーニングでどう変わるかをいくつか動画でご紹介します。

でも、トレーニング後の動画を見ても、「なんだ、こんなもんか…。」と思うかもしれません。

そうなんです。こんなもんでよいのです。決して、難しいことではないのです。

でも、これがしっかりといつでもどこでもできれば、ボーダーコリーとの生活がとても楽しく、快適になるのです。

▼シェルティのトレーニング例

▼シェルティメニュー

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼▼▼▼▼

☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」