ホワイト・スイス・シェパード・ドッグとはどんな犬なのでしょうか?

■スポンサーリンク

一般にホワイトシェパードと言われる中で、現在血統書が取れるホワイトシェパードがホワイト・スイス・シェパード・ドッグです。名前の通り、スイスで作られた、体全体が真っ白なジャーマンシェパードから派生した犬種です。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの大元はジャーマンシェパードですが、その間にアメリカン・カナディアン・ホワイト・シェパードというホワイトシェパードいます。

現在日本には、「一般社団法人 日本ホワイトシェパード犬協会」という団体があり、ここでは、ホワイト・スイス・シェパード・ドッグとアメリカン・カナディアン・ホワイト・シェパードの2つのタイプを総称してホワイトシェパードとしているようです。

大元となるのは、警察犬として有名なジャーマンシェパードですが、ジャーマンシェパードという犬種も、実はここ100年ちょっとのあいだに作られた比較的新しい犬種なのです。

犬種として確立したジャーマンシェパードを繁殖する中で、たまに白い被毛の犬が生まれてきました。

しかし、当時、いや今でもジャーマンシェパードの白は認められていません。(*一部の国では認められているようです)

したがって、たとえ両親とも立派な血統を持つジャーマンシェパードでも、生まれてきた中に白い子犬がいた場合、その白い子犬だけは、ジャーマンシェパードとしては認められず、処分されていたのです。

しかし、毛色以外に他のジャーマンシェパードとなんら変わりのない子犬が処分されることに疑問を持った、アメリカ、カナダのブリーダーがジャーマンシェパードから生まれた白い犬を集めて、毛色を白く固定して作られたのが、アメリカン・カナディアン・ホワイト・シェパードであり、それがスイスに持ち込まれ、より白く、かつ性格もより穏やかに改良されたのがホワイト・スイス・シェパード・ドッグなのです。

ジャーマンシェパードからホワイトシェパードに作っていく過程で、ジャーマンシェパードの体型に起因する、股関節や膝の問題の改善にも取り組み、また性格もより攻撃性のないものにしてきたと言われています。

現在のホワイトシェパードとジャーマンシェパードは、色だけでなく、体型や顔が微妙に違うのも、そういったことによるものでしょう。

さて、ホワイトシェパードには、ホワイト・スイス・シェパード・ドッグとアメリカン・カナディアン・ホワイト・シェパードの2種類がいる、と最初に書きましたが、現在日本ではホワイト・スイス・シェパード・ドッグのみが公認されています。

アメリカン・カナディアン・ホワイト・シェパードは公認されていないので、例えばペット保険などでは、雑種に分類されます。ただし、純血種のホワイト・スイス・シェパード・ドッグに比べて、雑種に分類されるアメリカン・カナディアン・ホワイト・シェパードは保険料が安い、という情報もあります。

ということで、このページのタイトルであるホワイト・スイス・シェパード・ドッグは、血統書が付けられる白いジャーマンシェパードと言うこともでき、しかも、ジャーマンシェパードの身体的な欠点要因も取り除いた犬種、ということが言えるのかもしれません。

ホワイトシェパードはなぜ白いのか? またホワイト・スイス・シェパード・ドッグの歴史や性格などについても書いていますので、併せてご覧ください。

▼ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ メニュー

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼▼▼▼▼

☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」