ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの性格をご紹介します

■スポンサーリンク

元はジャーマンシェパードですから、基本的な性格は悪いはずはありません。

ジャーマンシェパードの場合、体型だけでなく性格も含めて作られてきたショータイプではなく、犬としての性能と従順性だけを求めて作られてきた訓練タイプのジャーマンシェパードもいます。

元々軍用犬として作られ、警察犬としても使われてきたジャーマンシェパードですから、なかには攻撃的な性格要素を持つ個体も、特に訓練タイプのジャーマンシェパードにはいるかもしれません。

しかし、身体的な欠点だけでなく、性格的にもより穏やかにしようと改良されて固定されてきたのが、アメリカン・カナディアン・ホワイト・シェパードであり、さらにそれをより白く、身体的欠点と性格的な穏やかさをより強化して作られたのがホワイト・スイス・シェパード・ドッグです。

それだけを考えれば、ショータイプのジャーマンシェパードよりもさらに扱いやすい犬である、ということになります。

ただ、もちろんそれぞれの個体には個性があり、いろいろな性格のホワイトシェパードがいるのはもちろんです。

そして、元もとの性格、このサイトでは先天的な性格といっていますが、この先天的な性格に問題がなくても、その後の飼い方・しつけかたによって作られる後天的性格に問題が出ることもあります。

特に、ホワイトシェパードは大型犬で、ジャーマンシェパードの足腰の欠点を改良したため、より、高く、がっしりとした体型となっています。

ホワイトシェパードに悪気はなくても、動いただけで、相手を傷つけることにもなりかねません。

どんなに性格が良くても、実際に飼うに際しては、基本的なしつけだけは、しっかりと確実に行うのが必須となります。

もし、ホワイトシェパードを飼ってみたいという方は、それだけは覚えて置いてくださいね。

でも、飼い易い、そしてしつけの入りやすい犬種ということは間違いないでしょう。

▼ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ メニュー

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼▼▼▼▼

☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」