ホワイトシェパードはなぜ白いのでしょうか?

■スポンサーリンク

一般的に、有色の動物に、まれに白い個体が生まれた場合、一般的には2つのケースが考えられます。

ひとつは、アルビノと呼ばれるケースです。

これは先天的にメラニンが欠乏している遺伝子疾患であり、特に視覚などに問題があることが多いと言われています。これは、動物だけでなく、人間にも現れるケースがあります。

例えば、日本のシロヘビはアオダイショウのアルビノ、また一時人気のあったウーパールーパーは人為的に作成されたアルビノだということです。

白い個体が生まれるもうひとつのケースは、白変種と呼ばれるものです。

白変種は、色素自体が先天的に少なく、被毛や皮膚等が白くなったケースです。白変種の場合は、身体的な欠陥は全くないので、通常の色の個体と色以外の身体的、健康上の差はない、とされています。

この白変種は色が白いというだけで、まったく問題はないのですが、よくアルビノと混同されていたようです。しかし、目、つまり瞳の色を見れば、ほとんどの場合、アルビノと白変種は見分けられるのです。

例えば、動物園で人気のホワイトライオンやホワイトタイガーは白変種だそうで、脊椎動物全般にみられるようです。

ということで、有色のジャーマンシェパードから生まれた白い子犬はどちらなのか?

これは言うまでもなく、白変種です。もちろん、中にはアルビノの子も中にはいたかもしれません。しかし、ホワイトシェパードの場合、ほとんどが白変種です。

ジャーマンシェパード自体、ドイツにもともといた牧羊犬をもとに作られた犬種です。そして、その中には白い毛色の因子を持つ牧羊犬がいたと言われています。

そういったことからも、ジャーマンシェパード自体がもともと白い毛色の個体を生む要素を持っていたことにもなります。

ただし、現在のジャーマンシェパードはかなり交配による選別も経てきたので、白い子犬が生まれることはめったにないようです。

ホワイトシェパードに対しては、アルビノのイメージを持つ方もいらっしゃるようですが、それは全くの間違いです。

ジャーマンシェパードの訓練性の良さを持ち、かつ股関節や膝関節に関する心配の少ない、真っ白な大型犬が、ホワイト・スイス・シェパード・ドッグなのです。

▼ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ メニュー

★ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼▼▼▼▼

☆ペット・トライアングルのコンテンツメニュー☆

▼犬と飼い主さんのためのコンテンツ

▼犬のしつけは誰でもできる!

▼市販の犬のしつけ教材

▼犬を勉強しよう!

▼良い物を安く便利に!

▼子犬のブリーダー直譲販売


【PR】
ペット保険・動物保険はアイペット手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」