犬が人間を癒すのはオキシトシンによるものだった

先日、「犬との触れ合いは勉強、仕事の効率を上げてくれる」という記事を書きました。

犬が人間のストレスを解消してくれる、というのがそのもととなっていますが、それを科学的に検証しようとした論文もあるようです。

そして、そのストレス解消をさせてくれるのが、「オキシトシン」、というホルモンです。

詳細は、下記の記事をご覧ください。(麻布大学獣医学部 動物応用科学科伴侶動物学研究室のサイトへのリンクです)

オキシトシンは、「幸せホルモン」、「愛情ホルモン」とも呼ばれホルモンで、人間同士のふれあい、スキンシップや見つめあったり、また楽しく会話をしたり、などによって分泌が促進っされ、ストレスを解消したり、不安や恐怖などが軽減され、他者への信頼感が増す、など人間に幸せな気分をもたらすホルモンと言われています。

そして、このオキシトシンは人間同士のふれあいだけでなく、犬との触れ合いによっても、分泌が促進されるということなのです。

しかもそれは、人間だけでなく、犬のオキシトシンの分泌も促進する、ということなのです。

つまり、人間が犬に癒されるだけでなく、犬も人間との触れ合いによって、オキシトシンの分泌が促進される、つまり犬も飼い主との触れ合いで幸せを感じている、ということだ推測できるのです。

飼っている犬に限らず、人間は犬との触れ合いでストレスを軽減することができ、それを利用したのが「犬との触れ合いは勉強、仕事の効率を上げてくれる」で書かれているような、大学にセラピー犬を導入する大学がアメリカでは増えているということにつながっています。

ましてや、家で一緒に過ごしている愛犬との触れ合いは、もっと強力な効果があるはずではないでしょうか。

愛犬と一緒に暮らしていることで、飼い主は日常的にオキシトシンの分泌を促進される、つまり犬を飼うことは、まさに幸せ感を感じさせてくれる生活を送ることだ、ということです。


amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

オキシトシンはセロトニンの分泌も増加させる

オキシトシンと同様に、ストレスを軽減すると言われているのがセロトニンです。

このセロトニンは、オキシトシン増えると、セロトニンの分泌も促進されるということです。(下記Medical Noteさんのサイトの記事を参考にさせていただきました。)

セロトニンは、不足するとネガティブな気持ちになりやすくなるということで、ストレスに対しても過剰な反応をしましやすくなるようです。

つまり、セロトニンの分泌が促進されるということは、ストレスの軽減につながる、ということです。

このセロトニンも、犬との触れ合いで、分泌が促進されるという研究結果もあるようです。(下記、Pet health on NBCNEWS.com のサイトの記事を参考にさせていただきました。)

これは、前述のオキシトシンの分泌が促進されることによって、セロトニンの分泌も増加される、ということと矛盾しませんね。

つまり、犬との触れ合いによって、オキシトシン、セロトニンというストレスを解消する成分が分泌されることによって、人間は犬から癒されている、ということなのです。


amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

飼い主となる人間も愛犬を癒している

ここで大事なのは、人間が一方的に犬から癒されている、というだけでなく、犬も飼い主となる人間との触れ合いによって、オキシトシンが増加する、つまり飼い主との触れ合いは愛犬の心も癒している、ということです。

このサイトでは、しばしば犬とのコミュニケーションという言葉を使っていますが、犬とのコミュニケーションとは、まさに犬との触れ合いなのです。

犬の散歩もただ犬が勝手に歩いているだけでは、犬と飼い主との触れ合いとは言えません。

犬がリードの持ち手となる飼い主をしっかりと意識してアイコンタクトを取り、飼い主も犬にやさしく声をかけ、犬のアイコンタクトに応える、そして指示にきちんと従ったときは、しっかりと体を撫でるというスキンシップを取る、これがコミュニケーションとしての、つまり犬と飼いぬ其触れ合いの時間としての、犬の散歩ではないでしょうか。

また、しつけトレーニングでのストレス解消方法も、犬にやさしく声をかけながら犬をしっかりと撫でるという声と手によるスキンシップです。

犬との触れ合いにおけるオキシトシンとセロトニンに関する情報は、このしつけ方法も間違っていないということに、確信を持たせてくれる情報になってくれる、と思います。

犬に対するご褒美を、フードとか、おもちゃとかのものではなく、飼い主との触れ合い、とすることが間違っていない、という考え方の後押しをしてくれると感じます。

犬にフードをご褒美として与えれば、犬の食欲を満たすことになるかもしれませんが、犬を飼い主の愛情で癒すことにはなりません。

フードを使わない、しっかりとしたしつけトレーニングを行うことは、単にしつけを教える、ということだけでなく、それ自体が犬との濃密なコミュニケーション=犬との触れ合い、であり、犬はしつけられるだけでなく飼い主に対する愛情、信頼を醸成することにもなり、同時に飼い主も犬から癒される時間でもある、ということですね。

今まであまり考えたことはなかったのですが、今やっているしつけトレーニング方法は改めて、奥が深い、犬との結びつきを強くしてくれるものなのだ、と感じさせてくれるように思います。


amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

★☆★ ペット・トライアングルの一押ししつけDVD

ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セットはこちらからどうぞ

★森田式犬のしつけ方法とは?

▼サイトコンテンツ

■■■■■

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info

■愛犬の健康のために、まずはお試し価格でどうぞ!

■ペットの臭いが気になる方も、まずはお試し価格で!