アメリカンスタッフォードシャーテリア 闘犬から家庭犬へ

アメリカンスタッフォードシャーテリア もとはイギリスの闘犬

アメリカンスタッフォードシャーテリアアメリカンスタッフォードシャーテリア、通称アメスタ、アメスタフィー、アメスタッフなどと呼ばれている犬種です。

元となった犬は、イギリスのスタッフォードシャーブルテリアという当時は闘犬として作られた犬種で、このスタッフォードシャーブルテリアが闘犬として持ち込まれたものを、アメリカンサイズ、つまり大型化されたのがアメリカンスタッフォードシャーテリアです。

▼グーグル画像検索でスタッフォードシャーブルテリアの画像を見る


◆ペット・トライアングルお勧め!
▼フードを一切使わない最強しつけ法⇒「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
▼最初だけはフードを使っても、という方には⇒「イヌバーシティ」
▼噛み癖でお困りの方には⇒「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」
amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

闘犬から家庭犬へ改良されたのがアメリカンスタッフォードシャーテリア

ただし、イギリスでもアメリカでも、闘犬というもの自体が動物愛護の観点から禁止されるという時代の流れがあり、イギリスのスタッフォードシャーブルテリアも、そしてアメリカのアメリカンスタッフォードシャーテリアも、早い段階から闘犬としての気質を取り除く改良が行われてきた犬種です。

もともとの闘犬としての段階では、アメリカの代表的な犬種団体であるAKCから公認されませんでした。

しかし前述にとおり、闘犬としての攻撃的な気質を取り除き、ショードッグや家庭犬にすることを目的とした性格面での改良の結果、1936年にはアメリカでもスタッフォードシャーブルテリアとしてAKCにも公認されました。

しかし、アメリカのスタッフォードシャーブルテリアは闘犬時代に、イギリスから持ち込まれた犬をより大きくする同一犬種の中で体の大きさでの選択改良がなされ、もともとのイギリスのタイプよりも大きくなっています。

結果としてアメリカでスタッフォードシャーブルテリアとして公認されたこの犬は、1972年にはアメリカの特有の犬種であることをはっきりさせるために、アメリカンスタッフォードシャーテリアと改名されました。

しかし、アメリカンスタッフォードシャーテリアを語る時には、もうひとつの犬種を外すことはできません。

アメリカン・ピット・ブル・テリアとは基本的には同じ犬種

その犬種とは、アメリカン・ピット・ブル・テリアです。

スタッフォードシャーブルテリアから闘犬の気質を取り除くことを目的に作られたアメリカンスタッフォードシャーテリアに対して、闘犬の気質を残そうとされてきたのが、アメリカン・ピット・ブル・テリアです。

このサイトではアメリカンピットブルテリアのページで、そのあたりのことも詳しく書いていますので、併せてご覧ください。

▼アメリカン・ピット・ブル・テリア&アメリカンスタッフォードシャーテリア メニュー

▼犬種の特徴-紹介犬種一覧のページへ

★☆★ ペット・トライアングルお勧めしつけDVD
ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セットはこちらからどうぞ

★森田式犬のしつけ方法とは?
▼最初だけはフードを使っても、という方には⇒「イヌバーシティ」
▼噛み癖でお困りの方には⇒「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」


amazonの売れ筋ランキング
犬用品ドッグフードトイレシートお出かけ用品

▼サイトコンテンツ

■■■■■

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info

■愛犬の健康のために、まずはお試し価格でどうぞ!

■ペットの臭いが気になる方も、まずはお試し価格で!