ご存知の通り、チワワは世界で一番小さなワンちゃんです。

チワワはメキシコのチワワ市が原産地といわれていますが、実はアメリカで改良されて現在の チワワが誕生したのです。

チワワは活発な性格で動きも機敏です。

しかし、恐がりで用心深い繊細な面も併せ持っていて、チワワは非常にデリケートな犬でもあります。


ペット・トライアングルの一押ししつけDVD
▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
★森田式犬のしつけ方法とは?

また、見た目のチワワの通り、甘えん坊な面もありますが、マイペースでもあり、甘えるときはべたべた甘えますが、静かにしたいときは、触らないで、という感じなのもチワワです。

身体は小さいチワワだけど、とても強がりな面もあり、不審な侵入者に対しては、容赦なく攻撃もしかけます。

小さなチワワの外見通りのかわいらしさと、チワワの外見とは相反した性格も持ち合わせていますが、そこがまたチワワの魅力でもあるかもしれませんね。

でもチワワは物覚えはあまりいいほうとは言えないようで、しつけはじっくりと、根気よくする必要があります。

あまり厳しくしつけると、チワワの場合、いじめられていると勘違いして、逆に反抗的になってしまうこともあるので、充分気をつけなくてはいけません。

でも、甘えん坊なわりには、ほおって置いてもだいじょうぶなところもチワワにはあり、ひとりでお留守番も問題ありません。

また、運動も部屋の中で充分なので、散歩は気分転換程度でも問題ありません。

体が小さいチワワは、声もそれほど大きくないので、集合住宅などでもあまり鳴き声を気にする必要はありません。

だから、接し方さえ少し注意すれば、チワワはそれなりに飼い易い犬種でもあります。

ただし、チワワは体が小さいことから、健康面には充分注意を払う必要があります。

特に、チワワの子犬はちょっとしたことが命取りになりかねないので、ある程度成長するまでは、細心の注意を持って見守りましょう。

チワワの場合、頭部の頭蓋骨が完全に閉じていない場合が少なくなく、注意が必要です。

頭部へのちょっとしたダメージが脳障害や発作の原因になってしまいます。

しかし、こういったちょっとしたことさえ気をつければ、チワワは文句なく、名実共に、とっても小さくてかわいい愛玩犬であることは間違いありません。

特に、ブリーダー直譲でお引き渡しすれば、チワワのことを一般の獣医さんとは比べ物にならないほど知り尽くしているブリーダーさんから、何かあればすぐに適切なアドバイスを差し上げることが可能です。

逆にいえば、いかに獣医さんとはいえ、チワワのことをあまりしらないで、一般的な犬の対応で扱われると、チワワの場合、命取りになるケースもあるのです。

この点は、あらかじめ獣医さんによく確認しましょう。

現在のチワワは、スムースコートと言われるショートヘアード・チワワと、ロングコートと言われるロングヘアード・チワワと大きくは2種類があり、また、毛色も豊富です。

また、小さいチワワの中でも、極小チワワと言えるようなより小さいチワワもいます。

発育不全で小さいチワワは非常に問題ですが、極小チワワを専門にブリードしているブリーダーさんからであれば、成長すれば、普通のチワワとほとんど同様に扱えます。

ただし、極小チワワの場合、特に生後6ヶ月ぐらいまでは、充分以上の注意が必要です。

子犬につきっきりで面倒を見る覚悟が必要です。

だから、ブリーダーさんも6ヶ月まではお引き渡ししないこともあるのです。

確かに、その分、かわいさは別格かもしれません。でも、繰り返しますが、極小チワワはその命を守るためにも安易に飼えない、特別な覚悟が必要なのです。

チワワの性格

チワワの性格として一般的に言われているのは、活発な性格で動きも機敏、でも、恐がりで用心深い繊細なデリケートな面も併せ持っている。

そして見た目の通り、甘えん坊な面もありけど、マイペースで静かにしたいときは、触らないで、という態度もとる、というような性格です。

ペット・トライアングルの実店舗であるラブドッグ店に来るチワワを見ていると、確かにその通りかもしれません。チワワという犬種は、他の犬種に比べて、比較的、この犬種の特徴が個々のチワワの個体からも、感じられやすい犬種と思います。

トイプーやダックスは、犬種としての特徴というより、個体による性格の差が大きく感じられますが、チワワの場合は、比較的、チワワの犬種としての性格というのをそれぞれの個体から感じやすいように、思います。

しかし、ではチワワの性格はみんな同じような性格なのか、というと、もちろんそうではありません。いろいろな性格のチワワがいますが大きく分けると3つタイプでしょうか。

一つ目は、他の大きな犬にも吠えていく強気な性格のチワワ、このタイプはけっこう多いです。そして、このタイプのチワワには、言い方は悪いですが、いかにも「悪ガキ」という雰囲気を持ったチワワが多く感じます。「悪ガキ」というと、失礼になってしまいますが、ここでは、とても可愛いいたずら小僧的な、ちょい悪だけどとても可愛いという意味で使っているので、誤解しないでください。

また逆に、とても怖がり屋でお店の中でも隅のほうで固まっているチワワもいます。このタイプの場合、さらに2つに分かれます。ひとつは、トリミング台に乗せるために抱っこしようとしても、固まったままの子、そしてもうひとつは抱っこしようとすると、噛もうとして触らせないようにする子です。後者は、シャイな犬に犬種を問わず、必ずいるタイプです。と言っても、必ずしも本気噛みするわけではありません。このタイプのチワワは、いかにもおとなしいという顔をしていることが多いようです。

そして、上の2つには属さない性格のチワワもいます。このタイプは、特に攻撃的ではなく、またシャイでもありませんが、ひょうひょうとした軽い動きで動きますが、他の犬にはあまり接触しようとせず、また喜んで人に近寄ってくるということもない、ある意味、クールな性格のチワワです。

お店に来るチワワの性格というと、だいたいこの3つに分けられるように思います。

ただ、これらのタイプの違うチワワの性格でも、共通して感じることがあります。それは、飼い主さんには、べったりだけど、飼い主以外に人には常に警戒心を持ってせいっしている、ということです。

もちろん、誰にでも人懐っこいチワワもいるでしょう。でも、どちらかというと、飼い主さんにはとても甘えん坊だけど、そのほかの人には少し要人深く接するという、まるで日本犬のような性格ともいえるのが、チワワの性格として特徴的だと言えるでしょう。

だから、飼い主さんにとっては、小さくて可愛い容姿とその性格がたまらなく可愛さを感じるのがチワワなのでしょう。

でも、チワワの場合、性格的に攻撃的な面を持っている場合も少なくないので、小さくても、しっかりとしつけを行う必要があると思います。小さな犬だからと言って、小さい子供と遊ばせるなどは、気を付ける必要がある場合もあると思います。

チワワの性格を良い方向に導けくのは飼い主さんの責任です。小さくてかわいいチワワですから、問題犬にしないよう、育てたいですね。

▼犬種の特徴-紹介犬種一覧のページへ

★☆★ ペット・トライアングルの一押ししつけDVD
ペット・トライアングルが唯一参考にしたフードを一切使用しない森田さんのしつけ法、犬のしつけに真剣に取り組みたい方に一押しのDVDです!

▼「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セットはこちらからどうぞ

★森田式犬のしつけ方法とは?

▼サイトコンテンツ

dogfood-info11ペット・トライアングルのドッグフードカテゴリーを「ドッグフード・インフォ」という新しいサイトに独立させました。現実的なドッグフードの選択のお役に立つサイトにしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。

▼ドッグフード専門の情報サイトドッグフード・インフォ Dogfood-Info

■愛犬の健康のために、まずはお試し価格でどうぞ!

■ペットの臭いが気になる方も、まずはお試し価格で!